プロレスリング・ソーシャリティ【社会・ニュース・歴史編】

社会、ニュース、歴史、その他について日々思うことを書いていきます。【プロレス・格闘技編】はリンクからどうぞ。

安倍晋三

安倍氏国葬-国葬はこれで最後の方がいい

9月28日、暗殺された安倍晋三・元首相の国葬が日本武道館で行われた。 そしてこの国葬で(与党側で)株を上げたのは、友人代表として「心に染みる」弔辞を読んだ菅義偉・前首相だけだったようだ。 私はと言えば黙祷もせず中継も見ず、思いを馳せることもなく…

カイゼンからナカヌキへ-竹中平蔵氏パソナ会長を退任

7月19日、経済学者で元総務大臣の「あの」竹中平蔵氏が、パソナ会長を退任することが発表された。 正式には8月の株主総会と取締役会で退任するという。 (⇒ 産経WEST 2022年7月19日記事:竹中平蔵氏、パソナ会長退任へ 「10年やり区切り」) さて、先日の記…

故安倍晋三ファンの心の整理-死因が「韓国の新興宗教」だったこと

7月8日の安倍晋三元首相の白昼暗殺事件は、本当に鮮烈な事件であった。 何が鮮烈かと言って、あの(旧)統一教会が、突如として事件の原因として急浮上したからである。 私の記憶では、1980年代から90年代にかけて、統一教会というのはワイドショーの大スタ…

安倍晋三暗殺犯の動機:個人的恨みか氷河期世代の復讐か

元総理大臣・安倍晋三 氏が撃たれて心肺停止―― この一報を聞いたとき、あなたは瞬間的に誰がやったと思っただろうか。 私が直感したのは、「氷河期世代の40代の男性」という犯人像であった。 こう直感した人は、他に何百万人もいるに違いない。 男性であるの…

安倍元首相の銃撃死-暗殺の技術的側面(下)

(5) では対策は? もちろん、街頭演説を止めることである。 街頭演説中の政治家を狙うことはたやすく、ほとんど誰でも(決意さえすれば)実行できる。 今回の自作銃は3~6ⅿ以内の至近距離からの銃撃であったが、近くのビルから猟銃を使うことももちろんでき…

安倍元首相の銃撃死-暗殺の技術的側面(中)

(2) 街頭演説中の政治家は、特に狙いやすいターゲットである たとえ鉄壁の警備に守られた現役の首相だろうと、非常に無防備になる時がある。 それが今回のような、街頭演説の最中である。 あなたもこれまで何度となく政治家の街頭演説を見たことがあるはずだ…

安倍元首相の銃撃死-暗殺の技術的側面(上)

7月8日の昼前、奈良市の大和西大寺駅前で参院選の応援演説をしていた安倍晋三・元首相(67歳)が、背後から自作銃で撃たれた。 そして午後5時ごろ、出血多量で死去。 現役の首相ではないとはいえ現役の国会議員、かつキングメーカーとも呼ばれる影響力を保持…

安倍政権「反社の定義は困難」閣議決定-甦るFBIフーバー長官「アメリカにマフィアなるものは存在しない」

12月10日、安倍政権は歴史的な閣議決定を行った。 ヤクザや暴力団を意味するはずの「反社会的勢力」の定義として、「その時々の社会情勢に応じて変化し得るものであり、限定的・統一的な定義は困難」とする答弁書を作成することを決めたのだ。 これは、もし…

「桜を見る会」は嘘つきの宴?-また出た「招待者名簿は廃棄したので調査できない」ウソ答弁

安倍晋三総理大臣が主催する「桜を見る会」が、公費を私物化しているとか、安倍晋三後援会の所属者比率が異常に多いのではないか、などと叩かれている。 無知ながら、私はこんな会があることを知らなかったのだが(しかし、いかにもありそうな会だとは思う)…

元首相・中曽根康弘の孫、中曽根康隆氏が衆院選出馬表明-日本人らアジア人は世襲を愛している/「土人指数」という尺度

今もなお99歳で生きている元首相・中曽根康弘氏の孫、そして元外相・中曽根弘文氏の子であり秘書を務める中曽根康隆氏(35歳)が、来たる衆院選で群馬一区から立候補することを表明した。 自民党の公認を目指して活動するつもりらしいが、すでに自民党は別の…

森友学園と街宣右翼、「真の逆賊は誰なのか?」

幼稚園児に運動会で「安保法制国会通過よかったです」と言わせる- 世紀末的な光景だが、今は21世紀初頭である。 森友学園は街宣右翼と同じく、またしても国民の「愛国とか声高に唱える奴は、やっぱりヤバい」という通念を強化させることになった。

国有地9割引売却問題と「安倍晋三記念小学校」その6

「森友学園との交渉・面会記録は、保存期間1年未満だからすでに廃棄した」というのは、到底信じがたいウソに違いない。 1年未満で文書を捨てるなどこの世のものとも思えない話であり、森友学園以外の案件でも同じようにしているなど全く信じられない。 やは…

国有地9割引売却問題と「安倍晋三記念小学校」その5

どうも国(財務局)は、森友学園の「要望」に振り回されてウンザリしながら一連の流れに付き合わされていたように見える…

国有地9割引売却問題と「安倍晋三記念小学校」その4

森友学園は「日本人のこころ」を大切にする教育方針のようだが、「安倍晋三記念小学校」という人名(しかもフルネーム)を学校名にしようとしていた、というのは、著しく日本人の感性に反していないか? それはむしろ、極めて欧米的な発想ではないのか?

国有地9割引売却問題と「安倍晋三記念小学校」その3

安倍首相や森友学園が「財務局に圧力をかけた」と見なされるのは当然である。 しかし仮にそれがなかったとしても、財務局が勝手に「配慮しなければならない」と感じさせられたことはあり得る。 「自分は断じて他人の便宜の犠牲にならない」-この意志ほど大…

国有地9割引売却問題と「安倍晋三記念小学校」その2

「ゴミの撤去費用を差し引く」というのは、土地の売買代金を安くしたいときの常套手段である。 もちろん、ただのゴミを撤去しなくても建物を建てるには支障ない。そして実際、ゴミの撤去はたいしてなされていない模様だ。 ただし、売買代金を10年分割払いす…

国有地9割引売却問題と「安倍晋三記念小学校」その1

国有地を9割引で払い下げることには、まっとうな理由がないわけではない。 土地の値段には、いかようにも理由を付けて変えられるいい加減な側面が確かにある。 よって何らかの圧力を受けてしまえば、比較的簡単に安くすることができる。