プロレスリング・ソーシャリティ【社会・ニュース・歴史編】

社会、ニュース、歴史、その他について日々思うことを書いていきます。【プロレス・格闘技編】はリンクからどうぞ。

岸田首相「学び直し(リスキリング)に1兆円」と「勉強は恥」な日本道徳

 10月3日、岸田首相は所信表明演説において――

 「個人のリスキリング(学び直し)支援のため、今後5年間で1兆円を投入する」

 方針であることを表明した。

(⇒ NHK 2022年10月3日記事:岸田首相が所信表明 学び直し支援 5年間で1兆円投入)

 リスキリングとは、最近よく聞く言葉である。

 そしてそれよりもよく聞くのは、「日本人は社会人になって、世界で最も学ばない=勉強しない」国民である、という話だろう。

 これは「日本人は学ばない」と入力して検索すればいくらでも記事が出てくる話であるので、あえて関連記事を引用はしない。

 こういう調査がどこまで正確なのか私にはわからないが、しかし私は(そしてあなたも)「さもあらん」と思うのは思う。

 なぜなら日本人には、「勉強するのは恥」という道徳観があるのを知っているからである。
 
 この普遍的な道徳観に気づかない日本人がいるとは、あなたもとても思えないだろう。

 あなたはほぼ間違いなく、こんな道徳観・価値観に囲まれて生きてきたはずだからだ。


 勉強するのは、恥である。

 勉強していると人に知られるのは、恥辱である。

 この道徳観は、特に男性が強く持っていると思われる。

 自分が真面目に勉強しているなどと(何かに真面目に取り組んでいるなどと)身近な人に知られるのは、ほとんど男の沽券にかかわることと言っても大げさではない。

 こういう反知性的な道徳観がどのように日本に生まれ、定着してきたのかには、社会学者が束になって研究すべきほど複合的な要因があるのだろう。

 が、おそらくその根底には、「出る杭は打たれる」即ち「出る杭は打つのが正しい、和を乱すから、平等を乱すから」という、あまりにも有名な日本人の道徳観があるのだと思われる。

 「自分だけ」真面目に頑張って上に行こうとするのは、日本人にとって許されざる大罪――

 そんなのは罵倒して然るべきなのだ。

 よって今回の「学び直しに1兆円を投じる」というのも、どうも壮大な無駄遣いになりそうな予感プンプンである。

 それは岸田首相が的外れだとか、国の税金の使い方が下手だとか言うのではなく、受け取る日本人の方がそれに応えないからである。

 日本男子たるもの、勉強するなんて恥辱と反道徳を(そして楽しくもないメンドクサイことを)、どうしておめおめと国の口車に乗せられて犯せようか……

 というのが、大多数の日本人男性の無告の声ではなかろうか。

 

 

安倍氏国葬-国葬はこれで最後の方がいい

 9月28日、暗殺された安倍晋三・元首相の国葬日本武道館で行われた。

 そしてこの国葬で(与党側で)株を上げたのは、友人代表として「心に染みる」弔辞を読んだ菅義偉・前首相だけだったようだ。

 私はと言えば黙祷もせず中継も見ず、思いを馳せることもなく、ただいつもどおり仕事し生活していた。

 これは、圧倒的大多数の日本国民がそうだったはずである。

 ところでこの国葬には、例によって反対する人が多くいた。

 それも当然で、政治家にしろ誰にしろ、百パーセントの国民に支持され悼まれるなんてことはない。

 それなのに国民から集めた税金で葬儀をするとなったら、反対が出て当たり前だ。

 即ちこれは、もう政治家にせよノーベル賞受賞者にせよ、国葬するのはこれで最後にした方がいいということを意味していまいか。

 どうせ「全国民(全納税者)が挙って弔意を持っている」なんてことは、絶対にありえないからである。

 むろん「全員が同意していなければ実施してはならない」ということになれば、政府も会社も(あなたも)何もできはしない。

 しかし国葬というのは、やらなければやらなくていいことである。

 だったら国としてやらずに、有志一同で(自民党で)やればいいのではないか。

 それに、思うに、皇族が死去したからと言って今回のような国葬をやるわけではない。 

 なのに元総理大臣が凶弾に倒れたからやるというのは、いささか分際を超えたことだと(特に右派の人は)思わないだろうか。

 
 百パーセントの人に支持され、悼まれる人はいない。

 それは政治家も国民栄誉賞受賞者も、私もあなたもあなたの家族も同じである。

 圧倒的大多数の人は、そんなことには無関心なのだ。

 これを「悲しい分断」と言うならそうかもしれないが、しかし世の中の厳然たる真の姿ではある。

 さすがに天皇の葬儀となると話は別かもしれないが――

 それ以外の場合はもう、国費を使う国葬はこれで打ち止めにした方がいいのではないか。

 万人に(納税者全員に)悼まれる人間はいない、というのは、明白な真実なのだから……

 

過去最高「結婚するつもりなし」-面倒くささと現状変更したくない気分

 国立社会保障・人口問題研究所が行った最新の調査によると――

 「一生結婚するつもりはない」と回答した人(18歳から34歳の未婚男女)の割合は、男性17.3%・女性14.6%と、男女とも過去最高となったらしい。

 「一生結婚するつもりはない」とは、なかなか強い意思表示である。

 「決意」と言い換えた方がいいくらいで、もう「嫌婚派」と言ってもいいのではないだろうか。

 ただそうは言っても裏返せば、85%くらいの人は結婚したい・結婚するかもしれないとは思っているわけで、これは現代社会では妥当な割合とも思える。
 
(⇒ 2022年6月14日記事:20代独身男子の4割はデート未経験ー「告白は迷惑、ナンパは精神異常」の時代)


 さて、昨今の非婚化・少子化傾向の原因として最大のものと言われているのは、「経済的理由」である。

 収入が低くカネがない人が多いから、結婚・恋愛・子育てなんてカネのかかることをやってる余裕はない、という流れだ。

 そういう人が18歳から34歳までの15%くらいいるというのも、つまり15%くらいは恋愛を考えられないくらい貧困層であるというのも、あるいはそうかもしれないとは思わせる。

 だがやっぱり、そうではないのではないか。

 経済的理由よりは、何というか、心理的理由の方が大きいのではなかろうか。

 その心理的理由というのを端的に二つ言うと、

「面倒くささ」と「現状を変えたくない」

 というものではないか。

 
 結婚も恋愛も子育ても面倒くさい、というのは現代日本人の多くの共感を得る考えだと思う。

 その面倒くささをさらに遡れば、「今のこの生活を変えるのが億劫だ」ということになりそうだ。

 自分の今のこの生活は、味気なく惨めで希望のないものかもしれない。

 せめて恋愛にこそ踏み出せば、また別の人生が開けるのかもしれない。

 しかしその、踏み出すことが億劫なのである。

 まるで今のこの生活が愛しいかのように固着したく、離れがたく思うのである。

 これは倒錯した異常者の心理のようだが、しかしおそらく、大勢の人に当てはまっている。

 こういう心理・性格は「保守的」と分類されるのだろうが、なんだか「若い世代ほど保守政党を支持している」という現象に通じるところがありそうでもある。

 しかし考えてみれば、いつの時代でも人間のほとんどはこんな風に保守的だったようにも思える。

 それでも世の中は変わってきたのだから、いつの日かこの「嫌婚派」の増加も下げ止まる日が来る――

 のだろうか。