プロレスリング・ソーシャリティ【社会・ニュース・歴史編】

社会、ニュース、歴史、その他について日々思うことを書いていきます。【プロレス・格闘技編】はリンクからどうぞ。

積水ハウス、引渡し直前マンションを解体-マンション鬼門の国立市?

 東京都国立市において積水ハウスが建築した10階建てマンション、それが入居者への引き渡し直前になって急転直下「解体処分」決定となったことは、世間を驚かせた。

 なんでもこのマンションの建築については「富士山が見えなくなる」など周辺住民の反対運動があり、それでも法令違反はないため積水ハウスは引き渡し直前までこぎつけたのだが――

 テレビ朝日の取材によると、それは積水ハウスの幹部が現地で眺望を確認してみて、

●やっぱりマンション近辺では日当たりの問題が起きている

●やっぱり富士山の眺望に大きな影響が出る

 ということがわかったからだという。

 はてさて、あなたはこれを美談だと思うだろうか、ズンドコ話だと思うだろうか――

 その見極めは非常に難しいと思うのだが、それについてもどう思われるだろうか。

 一面ではこれは、美談であり英断である。

 「エラい人が自分で状況を確かめ、自らの過ちを認め、改める」というのは、日本人の(日本人だけではないかもしれないが)大好きな美談の黄金パターンと言えるだろう。

 しかしまた一面では、

 「そんなことずっと前からわかったことだろ、ものすごいカネと労力を費やしたあげくに今更なのか」

 というズンドコ話とも言えるのだ。

 もっとも、ズンドコ話と言われるのがわかっててそれでも解体することにする――

 という国家意志ならぬ会社意志の決断ができるというのは、やはり英断と言うべきなのかもしれない。

 この積水ハウスの決断が企業イメージを高めるのか、それとも(大なる見込み違い・ミステークをしたとして)低めるのか、非常に興味深いところだ。


 ところでこのニュースを聞いたとき、こう思った人は多いはずである。

 「また国立市なのか、またマンション事件なのか」と……

 それというのも「国立市マンション訴訟」というのは、行政法の世界では全ての教科書に載っていると言っても過言ではない、超重要な超有名事件なのだ。

 そしてまた今回も、超異例なマンション事件が国立市で起こった。

 マンションが次々と建つ街なんて日本に百指に余るというのに、またよりによって国立市

 いったい国立市というのは、マンション業界にとって異様な鬼門なのだろうか。その種の地霊でも宿っているのか……
 
 そう思わざるを得ないほど、これはスゴい確率である。

 少なくとも法学部卒の社会人には――マンション・不動産業界にはそんな人が多そうだ――、国立市の名は再度深く脳裏に刻み込まれただろう。

 いよいよ都市開発業界やマンション業界の人たちは、国立市と聞けば身構えるという習性が板についてきそうである――

 

 

日本出生率最低更新1.20-「家に帰ってまた家の仕事をする」への拒否は当然では

 6月5日、厚生労働省は昨年2023年の合計特殊出生率が過去最低を更新し1.20だったことを公表した。

 また婚姻数も47万4,717組で、戦後初めて50万組を割り込む結果となった。

 もちろんこれは、驚くような話ではない。

 出生率も婚姻数も減少していくのはとっくに予想済みであり常識でもあり、これからもまた毎年のように最低記録を更新するのは既にわかっていることである。

(⇒ 朝日新聞 2024年6月5日記事:出生数最低、背景に未婚化 専門家「思い切った対策をしない限り…」)

(⇒ 産経新聞 2024年6月5日記事:出生率過去最低の背景に経済不安 仕事と家庭の両立に課題 新たな少子化対策の効果に疑問)

 そしてこのブログでは、何度も書いてきたことだが――

 少子化の進行も未婚率の上昇も、決まって要因は「経済的苦境」「将来不安」とかが真っ先に採り上げられるのだが、私は本当に真っ先に採り上げるべき要因は別のものだと思っている。

 それに基づいて言うと、むしろ結婚して子どもを持つこと・持ちたいと願うことの方が異常――と言って悪ければ、変わり者――ということになる。

(⇒ 2024年2月27日記事:出生数8年連続減少-「恋愛・結婚・子育てする人は変わり者」の時代)


 だいたい「結婚し、家庭と子どもを持つ」とはどういうことだろうか?

 それは、「仕事して家に帰ったら、今度は家の仕事をする」ということである。

 子どもの世話は言うまでもなく仕事、それも日々我々が目にするネット記事などでは「大変な仕事」なのであり、

 配偶者と共に暮らすのは詰まるところ「配偶者と合わせる・調整する」ということに他ならず、これもまた仕事と呼ぶに不足するところはない。

 いやはや、仕事で疲れて家に帰ったら、今度は家の仕事がある――

 そんな生活をするのは真っ平御免、そんな生活に自ら進んで入っていくなんて考えられもしない、と思うことのどこに不思議があるだろう。


 思えば人間、仕事して家に帰ったら「寝ること」だけでも結構な時間を食うものだ。

 その睡眠時間を除けば、「自分のしたいこと」に使える時間はわずかなものである。

 その時間さえも家での仕事に奪われて、いったい何の人生か……

 と思うのは、それこそまともな人間の感性というものではあるまいか。

 そして実際、結婚適齢期や適齢期前の男女の過半数くらいは、そう感じているように思う。

 おそらく、もし「子どもを企業に注文して作ってもらう」式の人工出生を採用せず、あくまで従来どおりの天然出生に固執するとするならば――

 この少子化と未婚化の進行を逆転させる(少しでも現実的な)方策としては、「労働時間を劇的に削減する」ことしかないように思う。

 たとえば、1日の勤務時間を4時間にする――ドバイの公務員とかはそうらしいと評判だが――などして国民を「時間を持て余してヒマでヒマでしょうがない」状態にすれば、これは婚姻数も出生数も増加すると思うのだ。

 しかし当然、今後10年くらいでそんな社会改革が実現するなどということはない。

 私の予想では、日本の出生率は現在の韓国の(世界最低)0.7ポイント台にまでは落ち込むはずである。

 いや、それが0.5を切ったって別に驚きはしない。

 仕事して家に帰ってまた今度は家の仕事をするなんてことをやりたがる人は、10人に2~3人くらいの変わり者の少数派だとしか思えないからである。

 

 

ススキノ首切断殺人事件初公判-子ガチャ大失敗の戦慄と少子化の必然

 昨年7月、札幌市ススキノで62歳の男性が殺害のうえ首を切断されたという猟奇事件は、実行犯の娘の父親が精神科医だったということで、特に大きな世間の注目を集めた。

 この娘が被害者の首を自宅に持ち帰り、その父と母が娘の犯罪を「隠した」「助けた」ということになったのだが――

 家族3人のうち、まず母親が6月4日に札幌地裁で初公判を迎えることとなった。

 そこで明かされたこの家族の内情は、「出るわ出るわ」と思わないのがおかしいほど、異常のオンパレードだったようだ。

(⇒ NEWSポストセブン 2024年6月4日記事:《ススキノ・ホテル殺人》初公判で判明した「瑠奈ファースト」な一家の歪み「母親が書いた奴隷誓約書」「父親はドライバーさん」)

(⇒ NEWSポストセブン 2024年6月4日記事:【絶望の浴室】瑠奈被告(30)が「おじさんの頭持って帰ってきた」…頭部を見た母は「この世の地獄がここにある」 ススキノ事件初公判)


 その異常さは、上記の引用記事を読めば嫌になるほど書いてあるが……

 ここで同じく嫌になるほど思うのは、「親ガチャあれば子ガチャあり」という言葉である。

 親ガチャ失敗があるのなら、もちろん子ガチャ失敗があるということである。

 そしてこの「子ガチャ失敗」という恐れは、現実に日本の少子化にある程度――あるいは、かなりの程度かもしれない――の影響を及ぼしているというのは、そんなに間違っているとは思わない。

 いったい自分が子どもを儲けたらどんな子どもになるだろう、ということについて、今の日本人は期待やワクワク感より不安感の方が強いのが普通ではあるまいか。

 いや、その方がマトモと言えるのではないか。

 なにせ日々のニュースでは、「子ガチャ失敗例」が盛りだくさんである。

 今回の事件ほどヒドいのも珍しいのは珍しいが、極論すれば現代ニュースの9割は、子ガチャ失敗例で構成されていると言っても決して過言ではないだろう。

 自分の子どもがどんな子どもになるか、どんな異常性質を持った子どもとして生まれてくるかは、それこそ親ガチャと全く同様、自分の力ではどうにもできない事柄である。
 
 そう思えば、結婚して子どもを持つなどとても楽しみとは思えない、と考えるのがむしろまっとうな人間というものではないか。

 自分の子どもが子ガチャ失敗例になるかもしれない、

 自分の人生にこんなのが湧いて出るかもしれない、

 それは自分の力ではどうにもならず、運に任せるしかない……

 などと恐れを抱くのは、現代人として当然の心持ちだろう。

 逆に子どもを持つのに期待や楽しみを予感するなんて、ノーテンキだと指弾されてもおかしくはないくらいだ。

 この子ガチャ失敗への恐怖感は、親ガチャ失敗の絶望失望感よりも、現実に社会にずっと大きな影響を(あえて言えば少子化という「実害」を)及ぼしていると思う。

 たとえわずかの確率であろうとも、こんなハズレくじの子を引き当てるような危険極まる賭けにあえて手を出そうとしない人々が増えるのは、むしろ健全な社会ではないか……

 と思える時代は、もうすでに来ているのだ。