プロレスリング・ソーシャリティ【社会・ニュース・歴史編】

社会、ニュース、歴史、その他について日々思うことを書いていきます。【プロレス・格闘技編】はリンクからどうぞ。

三島由紀夫没50周年-いま見れば「アブナい人」もまた1970年代の子

 2020年11月25日は、あの「三島由紀夫事件」すなわち三島由紀夫の死から50周年の日となる。

 もちろん今でも、三島由紀夫の名を知らない人はいない。

 どんなアッパラパーの女子校生でも、少なくとも名前くらいは聞き覚えがある人である。

 しかし今、三島由紀夫の読者というのはどれくらいいるものだろう。

 おそらくは川端康成大江健三郎のように――

 その名前や作品名だけは知っているが、しかしその著書を読んだことはないし、正直読もうと思わないという、いわば「教科書上の人物」の一人になっているのではなかろうか。

川端康成なら、むろん「伊豆の踊子」である。

 それ以外の作品名を一冊でも挙げられる人は、ごくごく少数だろう。)


 それにしても三島由紀夫の死は、ほとんど「戦後日本を代表する、象徴する」と言ってもおかしくないほどの大事件だったものである。

 なんたって、自衛隊の駐屯地に自分の軍団と一緒に乗り込んで「決起を促す演説」をバルコニーでやった上、なんとその直後に割腹(ハラキリ)自殺である。

 こんなこと、2020年の現代だって起きはしない。

 いや、1970年というあの時代だったからこそ起きた、ものすごく特異な事件だったと言うべきか。

 また、今から振り返って見れば――

 なんだかまるで、「逆・日本赤軍」みたいな行動でもある。

 言い方を変えると、何とも言えず「1970年代的(それも70年代前半的)」な事件に見えるのである。

 
 そして今の若い人、三島のことを少しでも知った若い人から見れば――

 三島由紀夫というのは日本赤軍の面々と同様、「アブナい人」の一人としか思えないのではなかろうか。 

  
 「盾の会」という国粋主義者の軍団を作り、そろいの軍服をあつらえる。

 ボディビルに打ち込み、ムキムキの体を作る。

 挙げ句の果てに、なんとまあ「自衛隊の基地に乗り込み、自衛隊員に決起を促す」なんてことを本当にしてしまう。

 そして最後は、割腹自殺。

 これだけみれば、「私設狂信右翼団体の指導者」イコール危なすぎる人、と言われても仕方ない。

 ありていに言えば、日本赤軍とか民青とかいう、狂気的な内ゲバをやってた人たちの同類――

 と感じるのが、最も素直な感じ方ではあるまいか。

 
 別に、何でもひとまとめにして「いいこと言った」と得心するつもりもないが……

 三島由紀夫も盾の会も、日本赤軍も民青も、やっぱりみんな「1960年代~70年代の子」だった、という印象は拭えない。

 この日本には半世紀前、そういう時代があったのである。

 今から見れば異世界に見えるような時代が、

 ああいう個人や集団や出来事が、「バ~カ」「頭おかしい」という反応でなく、真面目に衝撃的に受け止められた時代があったのである。

 ああ、昭和は遠くなりにけり。

 追憶の昭和……

 

主催者発表「選択制夫婦別姓に賛成が7割超」-雰囲気戦術の効果やいかに

 全国アンケート調査により、選択制夫婦別姓に賛成する人の割合が7割を超えたことが報じられた。

www.huffingtonpost.jp


chinjyo-action.com


 しかし流し読みしてもわかるように、このアンケートを行ったのは、

家族法が専門の早稲田大学法学部・棚村政行教授の研究室

●市民団体「選択的夫婦別姓・全国陳情アクション」

 であり、方法はインターネットモニター調査である。

 これは、デモや集会などで言う、いわゆる「主催者発表」人数に当たる。

 初めからもう、選択制夫婦別姓を推進したい団体がやっている「モニター」調査である。

 これと同じやり方なら、

「韓国との断交に賛成する人が7割超」

 という調査結果を出すことだって、とても簡単にできると思う。


 だが、そんなことはこの調査実施者たちもわかっていよう。

 そんなことは二の次で、とにかく「夫婦別姓賛成派が多数なのだ、世の中の流れなのだ」という、「雰囲気」を作る一助になればよい。

 雰囲気を制する者は世の中を制す。

 雰囲気戦術こそベトコン流ゲリラ戦術を越える、21世紀の最強戦術なのだ。

 
 さて、それはそれとして、私は選択制夫婦別姓の導入に賛成である。

 一つは、何度かこのブログで書いているように、希少姓の絶滅を防ぐためだ。

tairanaritoshi-2.hatenablog.com


 実際今回の調査でも、賛成割合が最も多かった沖縄県では、「先祖代々の姓を守りたいという声も」と紹介されている。

 やはりというか、人間の考えることは同じである。

 日本は「世界で最も姓の種類が多い」ことで知られている?が……

 夫婦別姓を認めないままならば、22世紀になる頃にはその種類は激減していることだろう。

 これは日本にとってマイナスだと思うのだが、そのへん夫婦別姓に反対の人はどうお考えだろうか。


 そしてもう一つは、では実際に選択制夫婦別姓を導入したら、どのくらいのカップルがそれを選択するだろうか、という興味である。

 これ、皆さんも興味ないだろうか。

 同じように、同性婚を認めたら同性愛者が増える」のは本当かどうか、本当だとしたらどれくらい増えるのか、皆さんは興味ないだろうか。

 
 不謹慎かもしれないが、こういうのは――

 我々が実行できる、数少ない「社会実験」の好機だと思うのである。

 今回の調査結果が正しいものならば、これから結婚するカップルの少なくとも過半数は、別姓を選択せねばウソである。

 全カップルの10%程度が選択するくらいでは、全然足りないのである。


 今の日本の民法にだって、(70年以上前から)「夫婦による財産契約」という定めはある。

 しかしこれは、ほとんど全く使われていないと言われる。

 選択制夫婦別姓がそれと同じ道をたどるのか否か、ぜひ実験してほしいと思うのである。

 

コロナ第三波とGoToトラベル-「国がOKと言ってるから」の感染力

 新型コロナウイルスの第三波が、日本列島を襲っている。

 11月18日には国内感染者が1日で約2200人となり、これまでの最多記録を更新した。

 その他、北海道をはじめ全国の至る地域で「過去最高の感染者数」を記録し、クラスターも次々発生している。

 さて、この原因(元凶)が、例の「GoToトラベル」政策にある――

 とは、たぶん衆目の一致するところだろう。

 私には、このGoToトラベルで実際どれだけの旅行移動があったものか、全然データを持っていない。

 「GoToトラベルがあったから旅行に出かけた人たち」の数は、おそらく政府も把握していない。

 だから、必ずしも「GoToトラベルが感染を広めた」とは、断言する気にならない。

 しかし一つ、断言する気になることがある。

 それは、

「GoToトラベルは、国民に『解禁モード』『解禁気分』を広めた」

 ということである。


 日本人は確かに、政府の言うことをよく聞く人種なのかもしれない。

 お上の言うことによく従い――

 いや、正確に言うと、

「お上を免罪符にして」

「お上をアリバイにして」

「お上をお墨付きにして」

「お上を後ろ盾にして」

 行動するのが、頭と身に染みついているのかもしれない。


 お上がGoToトラベルだ!と言ったから、旅行に出かける……

 そういう人はさほどいなかったかもしれないが、

 お上がGoToトラベルを呼びかけるんだから、

 もう外出してもいいだろう、

 もう出張してもいいだろう、

 もう多少の飲み会はいいだろう、

 もうサークル活動してもいいだろう

 もう三密はあまり気にしなくていいだろう……

 と、「お上のお墨付き」を得た心理状態になった人は、膨大な数に上るのではなかろうか。

 まさに、新型コロナ以上の感染力である。


 これはどうも、河野太郎大臣が「ハンコ廃止」を言い出したらアッという間に世の中が「ハンコは悪」の錦の御旗を掲げだしたという現象に、一脈通じるところがありそうである。

 今までもハンコは不合理だとみんな言いながら、それでもそれはグチみたいな扱いに過ぎなかったのに――

 お上の誰かがそれを大声で言い出した途端、まるでお上のお墨付きを得たかのように天下の公論となってしまう。

 どうも日本は(これも昔から言われていることだが)、やっぱり「下からの革命」には向いてないようである。

 あくまで上からの――「上」とされる誰かが言い出すことによる――革命しか、できないというかしたくないようである。

 たぶん日本は、世界の主要国のどこよりも(ヘタすると中国よりも)権威主義的国家だ、と言えるのではなかろうか。


 そしておそらく、ただ政府が「やっぱり家にいろ、外出するな」とソフトに言いさえすれば、この第三波は終息させることができると思われる。
 
 そうすれば大多数の権威主義的日本国民は、自発的に従ってくれるはずである。

 権威主義と言っても害ばかりではなく、使い方次第で世の中は簡単になる、という面も確かにあるのだ。

(それが「良い」ことなのかどうかは別として……)