プロレスリング・ソーシャリティ【社会・ニュース・歴史編】

社会、ニュース、歴史、その他について日々思うことを書いていきます。【プロレス・格闘技編】はリンクからどうぞ。

日本のジェンダーレスはなぜ「男が女になる」が盛行し、その逆は不振なのか

  米ハスブロ社と言えば、有名な玩具メーカーである。

 そのハスブロ社はこのたび、有名映画『トイ・ストーリー』にも登場した玩具ブランド「ミスター・ポテトヘッド」を、「ミスター」を取り除いた「ポテトヘッド」に改名すると発表した。

 なぜなら、ハスブロ社は性別をことさら区別しない「ジェンダーニュートラル」を目指すから、とのこと。

 これについてダウンタウン松本人志は2月28日、フジテレビの番組「ワイドナショー」の中で――

●マジか!

ジェンダー(レス)に対して反対勢力がいないから、こっちを立てておいたら、優等生的なポイントも上がるよねってなっているのが嫌なんですけどね

 と述べた。

(⇒ スポニチアネックス 2021年2月28日記事:松本人志「マジか!」 玩具ブランドのジェンダーレスの動きに驚き)


 おそらく日本人の大部分は、この松本人志の言葉に「共感」するのではないか。

 今の世の中のジェンダーレスへの適応は、「やり過ぎ」だと感じているのではないか。

 しかしもちろん、これだけ芸能人の言動に「共感広がる」という記事が氾濫するネット界でも、こういう松本人志の見解に「共感広がる」とは絶対書かない。

 そんなことしたら、世にも恐ろしい袋叩きに遭うのが目に見えているからである。


 さて、これについて私には、かねてから感じていることがある。

 それは、日本において採り上げられるジェンダーレスの話題や事例について――

 なぜ「男から女に変わった」人だけ採り上げられて、

 その逆の「女から男に変わった」人は滅多に、そして僅少にしか採り上げられないのか、ということである。


 また、なぜ「男から女に変わった」芸能人は盛りだくさんなほどいるのに、
 
 その逆の「女から男に変わった」芸能人は全然いないのか、ということである。


 あなたはこれを、不思議に思わないだろうか。

 いま日本で「ジェンダーレス」を冠されて紹介される人物は、ほぼ全て「男から女に変わった」人である。

 なぜ芸能界には・テレビにはそんな人が溢れているのに、その逆の人を見ることは絶無なのか。

 
 さらに思う――

 「ガチのゲイ」を標榜・公開する芸能人は多いのに、「ガチのレズ」を名乗る芸能人がこれまた皆無なのはなぜなのか。

 たとえばプロレス界には、「ガチのゲイ」レスラーが存在する。

 しかし、「ガチのレズ」レスラーは一人もいない。(はずである。私が知らないだけだったら、ご容赦を)

 またプロレス界には、「ジェンダーレス」レスラーが存在する。

 しかし彼女(彼?)もまた、「男から女に変わった」人である。

 「女から男に変わった」レスラーは、まだいないはずなのだ。

 
 「何でもあり」のプロレス界にして、これである。

 これはもう、「男から女に変わった人」の方が「女から男に変わった人」より絶対数が多いから、などという単純な推測では済まないだろう。

 (だいたい、それが本当のことなのかもわからないし……)


 要約すると、日本では「男から女に変わった人」は受け入れるしウケるのだが、

 その逆の「女から男に変わった人」は受け入れられない、ということではないか。

 前者は笑って受け止められるが、後者は笑い事ではない――

 と、そう感じるということではないか?


 なぜ日本人はそうなのか、ということになると、非常に深い話になりそうである。

 そこにはたぶん、かつて日本が世界に冠たる「男色王国」だった伝統、

 男性演歌歌手が女言葉で歌を歌うのが普通であるという慣習・環境というのがあるのだろう。


 しかし一つの仮説として、「日本人は、男の性より女の性を重視する」というのはどうだろう。

 これは一般の通念に反する(日本人は「男尊女卑」ではないか?)ことではあるが、しかし……

 「女性は生命を産み出すから偉い・尊い

 という言葉は、日本人の心に非常に強く根付いているのではなかろうか。

 私はこれ、子どもを産めない女性を傷つける不適切な言葉じゃないかとかねがね思う――

 それはみんな同じじゃないかと思うのだが、それでもこんなことを言う(思う)男性・女性は、ものすごくたくさんいるのは周知のとおり。

 つまり日本人は確かに男尊女卑かもしれないが、しかしその反面、

「女性の性は、男性の性より尊い

 と、ナチュラルに本気で思っているのではないか。

 だから「男から女に変わる」のはいいが、

 「女から男に変わる」のは聖なる性質を捨てること、冒?的なことだとまで感じるのではなかろうか。

 だからこそ、女から男に変わった芸人やガチレズ芸人はいない――

 いや、受け入れる余地がないのではないか。
 
 それを見て、笑うことができないのではないか。

 
 まあ、これは単なる一仮説に過ぎないのだが……

 しかし、では、他にどんな仮説があるのか今のところ考えつかないのである。

 

日本の未来はポルトガル-世界史の中の一発屋として

 日本人はどんどん貧しくなり、日本は衰退の道を歩んでいる。

 いまや東南アジア諸国の方が、日本よりよっぽど景気がいい……

 というのは、ちょっと前から日本の常識になり始めている。

 幸か不幸か私はそれほどそういう風には実感していないのだが、しかし海外へ行く機会の多い人は、やはり実感しているようである。

president.jp




 なぜ日本はそんなに凋落したのか、なぜずっと停滞しているのか――

 というのは、確かにあまりに巨大で複雑すぎるテーマではある。

 しかし原因はわからなくとも、これから日本は没落していくのだろうというのは、今を生きる日本人のたぶん共通認識である。

 大半の日本人は、日本の将来が明るいものだとする材料を挙げることができないだろう。

 それに反して、日本の将来が暗いものだとする材料はたちどころにいくつか挙げることができるだろう。

 人口減少もそうであるし、

 今後30年以内に必ずや起きるはずの南海トラフ地震もある。

 第2次関東大震災だって、起きる可能性は非常に高い。

(それでも東京への一極集中傾向は止まないと言われているのだから、処置なしである。)


 以前の記事でも書いたが、もし昨年2020年に東京オリンピックが無事開催されていたとしたら、

 それは「経済大国最後の祭典」として後世に記憶される――

 そういう予感を持っていた人は、かなり多かったはずである。

tairanaritoshi-2.hatenablog.com




 ところで、そういう日本衰退の予感ですぐ思いつくのは、「ポルトガル」という国についてである。

 周知のとおりポルトガルは、大航海時代に一躍世界史の主役に躍り出た。

 現代のポルトガルからは信じられないことに、この国が世界の主役を張る超大国だった時代があるのだ。

 しかしこれも周知のとおり、現代のポルトガルはヨーロッパの中だけに限定しても大国とはとても呼べない。

 よその国にこんなことを言うのは悪いが、ポルトガルは世界史の中の「一発屋だった。

 
 そのポルトガルと日本は、実は似ているのではなかろうか。

 思えば日本は、明治維新以来いささか調子が良すぎた。

 清国に勝ち、ロシアにすら勝ち、信じられないことにアッという間に「五大国」の仲間入りをした。

 そして太平洋戦争中は、今のミャンマーすら征服してしまったのだ。

(こんなこと、今となってはこれまた信じられない気がする。)


 第2次世界大戦では敗北して占領されたものの、しかしまたアッという間に世界の経済大国として大成長した。

 1980年代から90年代初頭まで、「次の超大国は日本」「21世紀は日本の世紀」なんて話が、本当にリアルに語られていたものである。

 しかし現代から、いや後世から振り返って見れば、あれは大航海時代ポルトガルみたいなものだったのではなかろうか。

 即ち16世紀ポルトガルも20世紀日本も、共に世界史の中の一発屋として歴史に刻まれるのではないか。


 そしてある意味、東アジアは「正常化」に向かっていると言えないこともない。

 だいたい20世紀のように、「統一中国の経済力が日本をはるかに下回る」なんてこと、歴史的には超異常事態だったはずである。

 統一中国の経済力や国力は、日本のそれの何倍・何十倍にも及ぶ……

 それが今までの正常な状態だったのではないか。

 しかしやはり、そんな異常事態は長く続かないものである。

 日本は長らく、東アジアでナンバーツーの国力であり続けてきた(はずである)。

 統一中国を差し置いてナンバーワンになるなんて、あり得ないはずのことだった。

 それでもそれが現実であったのは、むしろ改革開放以前の中国がいかに不甲斐なかったかを示している。

 それが今、ようやく正常に戻ろうとしている。 


 別にこう言ったからって、私は媚中派でも何でもない。

 ただ、国には盛衰があるという当たり前のことを言っているだけである。

 永遠に繁栄する国はなく、今の中国もアメリカ合衆国も例外ではない。

 25世紀にどこが超大国になっているか、そんなことはわかったものではない。 

 そしてあなたは、この日本が世界第2・第3の経済大国だということを、不自然に思わないだろうか。

 それはあまりに「調子が良すぎた」とは感じないだろうか。

 
 そして別に、一発屋だからダメだとか卑下すべきだとかいうことにもならない。

 ポルトガルや日本が一発屋なら、モンゴルなんて史上最大の一発屋である。

 だからと言って私は、ポルトガル人やモンゴル人をバカにする気は毛頭ない。

 どうせ、国は盛衰するのである。

 国も民族も個人も、「一発当たる」時がある。

 そしていつか、一発当たった時より衰退する日が必ず来る。

 そんなのは当たり前のこと過ぎて、悲観するには及ばないのではなかろうか。

 
 それはともかく――

 これから日本では、ポルトガル(スペインでもいいが)の盛衰を採り上げた書籍や記事が多くなっていくのを予想しておいていいだろう。

 そして未来の地球では、日本が「東洋のポルトガル」としてイメージされていることも、予想しておいた方が無難かもしれない。

 

「眞子さま結婚確定」で皇室が「上級国民」扱いされる日

 『女性自身』の2月25日記事によると、眞子さまが小室圭 氏と結婚するのは既に確定、よって新居探しも始められているという。

(⇒ 女性自身 2021年2月25日記事:眞子さま始めた小室さんとの新居探し 都心タワマンが最有力に)

 私としては基本的に、結婚するなら(したいなら)すれば良いと思う。

 しょせん他人の家のことであるし、皇族といえどももちろんただの人間である。

(ただの人間でない人間、というのはこの世に一人もいない。)


 しかし皇室のイメージ、国民からの支持という観点から言えば、もちろんこれはダメージである。

 眞子さま夫妻が都心の高級タワーマンションの一室を買って住むとか言うのは、確かにセキュリティのことを考えれば妥当性がある。

 しかしその原資が、税金であるということはどう考えてもネックである。

 何でも現上皇の長女である黒田清子さん夫妻(夫は東京都庁職員)の場合は、1億円超のマンションを購入して住んでいるらしいが――

 清子さんには1億5,250万円の一時金が支給され、マンション購入費の3分の2は清子さんが現金払い、残りは夫がローンを組んだとのこと。

 そして、
 
眞子さまの場合は、一時金は約1億4千万円になるとみられます。

 小室さんも、ニューヨーク州の弁護士資格を取得して帰国すれば給与もアップするでしょう。

 ローンを組んで、マンション購入費の一部を小室さんが負担することは十分に可能ではないでしょうか」

 だそうである。

 
 私はこういう話を聞いて、「いいなあ、特権階級は」とほんの少しも感じない人というのは、そうとう感性がない人だと思う。

 もしくは、自分をも欺くウソツキだと思う。

 ただ、これは難しい面もあって――

 もし皇族女子が「高額新居も何もかも自力で払える大金持ち」と結婚したとすれば、それはそれでやっぱり「いいなあ、上流階級は」と思うに違いないのだ。

 その意味で皇族女子の結婚というのは、どうやっても特権階級扱いされるという「詰み」みたいな側面がある。

 ただ、それを考えてもなお、今回の眞子さま&小室さんの結婚というのは、太平洋戦争の敗北以来の皇室の危機を招く可能性マンマンではある。

tairanaritoshi-2.hatenablog.com


 一言で言って、今後の皇室は、国民から「上級国民」と見られるようになりかねない。

 もちろん「皇室は国民の中でも上級に決まってるだろう」というような、素朴な意味ではない。

 「上級国民」とは、「罪を犯しても処罰が軽く済む人」「何をやっても忖度でお目こぼしをもらう人」という悪い意味である。

 つまり、昔の「特権階級」の今風の言い方である。

 皇室は、そして皇室の女子と結婚する人は今まさに、多くの国民からそんな風に見られようとしている。


 いったい小室圭さんが「ニューヨーク州の弁護士資格を取得して帰国する」のが現実のものとなったとして……

 それを「ゲタを履かせてもらった」「忖度してもらった」「特別待遇してもらった」と思わない人が、この世にいるものだろうか。

 彼の同僚で、彼と接する人の中で、「こいつ、上手いことやりやがって」「配慮してもらいやがって」と思わない人がいるなんて、あなたには信じがたいことではなかろうか。

 
 正直、今回の結婚話で、日本皇室の寿命は20年くらい縮まったのではないかと思える。

 この一連の騒ぎの中で「反皇室」の心理になった国民は、何十万人もいるのではないか。

 だが、それでも二人の愛が強固なのなら、もはや何も言うべきことはない。

 というか、それでこそ真実の愛だと言うのにやぶさかではない。 

 「いかなる国も王家も、永遠ではない」という絶対法則に、日本皇室だけは当てはまらないというのはまずないことではあるし……