プロレスリング・ソーシャリティ【社会・ニュース・歴史編】

社会、ニュース、歴史、その他について日々思うことを書いていきます。【プロレス・格闘技編】はリンクからどうぞ。

阿武町誤振込事件への苦情電話のキモさと「電話応対賤業論」

 山口県阿武町のコロナ対応低所得者向け給付金4630万円「誤振込」事件について、同町への移住者である24歳の男が逮捕された。

 なんでも誤振込当日からオンラインカジノにカネを使いまくって、今はほぼ全く残金がないらしい。

 そして当然のごとく同町には「苦情電話が殺到」し、業務に支障が出ているとのこと。

(⇒ 読売新聞 2022年5月21日記事:誤給付の町に朝から晩まで苦情殺到、代表電話つながりにくく…町長「耐えなくては」)

 今の日本では何か不祥事が起こりさえすれば、苦情電話や誹謗中傷の書き込みが「殺到」するのが常識である。

 しかしこの常識が世界でも常識であるのか、当然のことであるのか、私は知らない。

 

 それにしてもつくづく思うのは、この苦情電話してくる人たちのキモさである。

 そう、一言で言ってキモいのだ。

 いったいあなたは、こういう事件があったからと言って、その原因となった役所だの企業だのに苦情電話をかけようと思うだろうか。

 まともな人間なら、そんなこと思いもしないと思わないか。

 自分と全然関係ないことについて赤の他人に持論を語り、説明や謝罪を求める――

 これがキモメンのやることでなくて何なのか、アタマのおかしい精神異常者ではないか……

 そう思っている人は、この苦情電話をかけてくる人たちの何百倍もいるはずである。

 
 しかしこの日本には、この手のキモい人間がウヨウヨいるのは間違いない。

 それはまるで、社会に埋め込まれた地雷である。

 あなたは「こんなことがあったら苦情電話が殺到するのは当たり前、仕方ない」と思っているかもしれないが、

 もしあなたの職場でこんなことがあり、それが報道されたとしたら、もちろんこのキモメンたちはあなたの職場に電話をかけてくる。

 そしてたぶん、あなたもその電話をとる羽目になるのである。

 
 さらにまた言えるのは、もう現代では「電話応対」しなければならない職場というのは、賤業とみなされざるを得ないということだろう。

 現代の若者がはなはだしく「電話嫌い」になっているというのは、よくネット記事になっている。

 そりゃそうである。

 こんなキモメンや精神異常者(と、それらの類似者)の電話をとるかもしれないと思えば、誰がそんな危険に身を晒そうと思うだろうか。

 周知のとおり、現代の勝ち組たる世界的・ローカル的巨大IT企業の面々は、すでに「お問い合わせ」に電話を使わずメールのみで応対している。

 これはコスト削減のみならず、何よりも社員・従業員のメンタルヘルスに莫大な貢献をしているはずである。

 しかしむろん、そんな「贅沢」が許される企業・団体はまだまだ少ない。

 特に市町村役場なんて、世の中で最後まで電話応対をなくせない業種に属している。はてなブログに投稿しました 

 そう――

 電話応対しなければならない業種や企業は、今後急速に人々の意識の中で賤業化していくだろう。

 むしろそんなことしないといけない事務職・サービス業なんかより、肉体労働を志向する人が増える未来というのは、おおいにありそうなことである。

キラキラネーム公認へ-日本人の名前、何度目かの大転換期

 5月17日、政府法制審議会(戸籍法部会)は、戸籍に読み仮名を記載する法改正の中間試案をまとめた。

 そしていわゆる(漢字と読み方が普通は一致しない)「キラキラネーム」をどの範囲で認めるか、3つの案を併記した。

 しかしおそらく、「光宙」と書いて「ぴかちゅう」と読むことも、「海」と書いて「まりん」と読むことも公認されそうな雰囲気である。

(⇒ 時事ドットコム 2022年5月17日記事:キラキラネーム許容で3案 読み仮名の戸籍記載―法制審)

 これについて私は、「それでいいんじゃないの」と思う方だ。

 根本的に、他人の親が子どもに名前をどう付けようと、他人の知ったことではないのではなかろうか。

 それで子どもが困るとかいうのは、それこそ世にいう自己責任の範疇ではなかろうか。

 またこれには確かに、「ヘンな奴」シグナルとして役に立つという側面もある。

 もちろん子ども自身がヘンな奴だという意味ではなく、その親がヘンな奴ではないかという警報として役に立ちそうだ……

 というのは、誰でも思うことではないか?

 ハッキリ言えば、その親は何かといえば怒鳴り込んでくる親ではないか、と身構えることができるだろう。

 これが「普通の名前」の子どもであれば、その親がヘンな奴かどうかは接してみないとわからないものだ。

 
 しかしそれより私が意義深いと思うのは、このキラキラネームが公認されようとしている現代は、日本が迎えた日本人の名前の大転換期に当たっている、ということである。

 日本人女性の名前で「とめ」だの「なべ」だの「いぬ」だのが普通だったのは、つまり何もおかしなことはなかったのは、そんなに昔のことではない。

 しかもそういう時代は、何百年も続いていた。

 今から見れば、それら女性名は全くトンデモネームとしか感じようがない。

 もっと遡れば、神武天皇の曽祖父の名は「アマツヒコ ヒコホノ ニニギノミコト」と言った。

 これら神代の異常な長さの名に比べれば、ピカチュウもマリンも可愛いものだと言わざるを得ない。

 いくら神代の時代を憧憬する現代日本人といえど、まさか自分の子どもの名前にこんな長い名を付けようとはしまい。

 それは現代ではトンデモネームと感じられるのであって、これが時代の移り変わりというものである。

 我々はすでにもう、フィギュアスケートの田中「刑事」や俳優の新田真剣佑(あらた まっけんゆう)なんて名を、トンデモネームとは思っていないではないか?

 ここから「光宙=ぴかちゅう」や「海=まりん」を容認するのは、ほんの一歩のところである。

 いや、「海=まりん」はもう容認されていると言っておかしくないのではないか?

 英語圏の名前をそのまま、あるいはちょっとアレンジして日本人女子に付けるというのは、もう普通のことではないか?

(まあ、ぴかちゅうはあと二・三歩くらい必要だろうが……)


 いずれにしても、日本人の名前が「今のまま」ずっと続くことはありえない。

 それはもう、歴史が文句なく証明している。

 今から二十年後の日本の女性首相の名前が「海=まりん」だとして、いったい何の不思議があるだろうか。

 私が望むのはただ一つ、「公文書を含め、全ての文書の個人名にはフリガナを付けよ」ということである。

 戦前の本なんか、本当に全ての漢字にルビを振っているのが珍しくなかったのだから……

 

史上最大翼竜は「飛べない翼竜」化していたか-いわゆる移行型の不思議

 史上最大の飛行生物として有名な「ケツァルコアトルス」は、男子のロマンを掻き立てる点においてティラノサウルスに匹敵する魅力がある。

 あれほど巨大な生物が空を飛ぶという勇姿は、間違いなく恐竜時代のハイライトの一つである。

 ところかそのケツァルコアトルスは、実は「少しばかりは飛べたが、しかしたいていは地上で暮らしていた」とする新説が発表された。

(⇒ 朝日新聞 2022年5月16日記事:ケツァルコアトルスは飛ぶのが苦手? 史上最大の翼竜に新説発表)

 しかしこれは、必ずしも新説とは言えない。

 なぜなら「(大型の)翼竜は、実は飛べなかった」のではないかという説は、ずっと昔から言われ続けてきたからである。

tairanaritoshi-2.hatenablog.com


 我々がケツァルコアトルスの大きさ(翼長10メートル、立った高さ6メートルでキリン大)、そして復元図を見るとき、誰でも思うことがある。

 こんなシルエットで本当に飛べるのか、特に頭はデカすぎるんじゃないか、首もアンバランスに長すぎないか、ということをである。

 別に航空力学を学んでいなくても、これは誰でも直感的にそう感じるだろう。

 だが一方で、こんなシルエットでありながら――つまり、立派な翼があるというのに――飛べないなんて、絶対的におかしいんじゃないかとも思うはずである。


 さてここで、それこそ絶対的に確かなことがある。

 翼竜は、約2億年前の三畳紀後期から7000万年前の白亜紀末期まで存続した。

 これほど長く存続していたなら、「飛べない翼竜」すなわち「以前は飛んでいたが、それを止めて地上性に移行した翼竜」というのは、必ず何種類もいたに違いないのだ。

 周知のとおり鳥類は、割と簡単に飛ぶのを止めて地上性に移行する。

 特に有名な巨鳥モアは、つい最近までニュージーランドに生き残っていた。

 そしてもし人類が絶滅すれば、また地球には飛べない巨鳥が発生・繁栄するのは疑いないと私は思う。

 だったら翼竜もまた、いくつもの「飛べない巨鳥」を生み出してきたはずである。

 にも関わらず、今までそういう飛べない翼竜の化石が発見されたとは聞かない。

 だがひょっとしたら、ケツァルコアトルスこそがその化石なのかもしれない。

 それはまさしく移行型であり、その翼は普段は畳まれて使われておらず――

 もしケツァルコアトルスがもっと長く存続していれば、翼は痕跡的となって(あるいは広げて性的アピールをする道具として残って)四本足で地上を闊歩する「地上性翼竜」に進化していたのかもしれない。

 つまりケツァルコアトルスの化石とは、「後ろ足を失う前のクジラの化石」が見つかったようなものなのだろうか。

 あるいはまた、逆方向ではあるが、「腕が翼になりかけのコウモリの化石」が見つかったようなものなのだろうか。

 だとするとそれは、ものすごく希少な例だと言わざるを得ない。

 「腕が翼になりかけのコウモリの化石」なんてのは、もしかしたら永久に見つからないほど希少かもしれないからである。

(実際、本当にそんなのが存在したのかすら想像しがたい。)


 こんなのが飛べるとは思えない、しかし飛べないとも思えない……

 二つの完全に相反する印象を持たせる巨大翼竜とは、いろんな意味でロマンを帯びた存在である。