プロレスリング・ソーシャリティ【社会・ニュース・歴史編】

社会、ニュース、歴史、その他について日々思うことを書いていきます。【プロレス・格闘技編】はリンクからどうぞ。

五輪選手へのSNS中傷コメントについて-水があればボウフラが湧く

 開催中の東京オリンピックでメダルを取った選手らについて、(特に中国から?)SNSによる誹謗中傷コメントが殺到しているそうである。

(⇒ デイリースポーツ 2021年7月29日記事:橋本大輝の採点「公正かつ正確」国際連盟が異例の解説付け声明 中国からのSNS中傷で)

(⇒ スポニチアネックス 2021年7月29日記事:村上茉愛もSNS中傷経験 「すごく残念、悲しかった」 取材エリアで大粒の涙)


 私がこういう中傷コメントをネットに書き込む人について、まず反射的に思うのは、

「なんでアンタらそんなに真剣なんですか」

 ということである。

 自国の選手がメダルを獲ろうが逃そうが、それはほぼ全ての人にとって自分には何の関係もない話である。

 それが大いに関係のあるように感じているとしたら、「精神を病んでいる」と言って差し支えないのではなかろうか。

 そもそもこの人たち、普段から体操競技とかに関心を持っていることさえも怪しい。

 日本人だってそうだろうが、その競技の以前からのファンでもない「にわかファン」が――それも、じゃあ今後はその競技のファンになるかと言ったらそうなるわけでもない人が――

 ただ単にオリンピックだから、自国の選手が勝ったから負けたからと言って誹謗中傷コメントを書き込むというのは、実に気色の悪い光景である。

 
 しかし、それはそれとして……

 いくらアスリートたちがこういう誹謗中傷コメントに悲しみを表明したりしたところで、それがなくなることは一向にないのはわかりきっている。

 中国や日本だけでなく、いるのである。こういう気色の悪い、軽く(重く?)精神を病んだ人というのは。

 たぶん我々が知らないだけで、イスラエルの選手にはアラブ諸国から(たいていはアラビア文字だから、その選手には何を書いているかわからないにしても……)大量の誹謗中傷コメントが届いていると思われる。

 戦争でなく、たかがスポーツで勝った負けたのことであるのに、そんなので誹謗中傷する気色悪いのが世界にはウヨウヨいるのは誰でも予測できることだろう。


 さて、こういう誹謗中傷コメントの根絶が見込めないのであれば、アスリートたちはどうやってメンタルを守ればよいだろう。

 それは、こういうことはただの自然現象だと思うことである。

 いや、正確に言えば、自然現象だと「認識する」ことである。

 実際これは、自然現象ではないだろうか。

 水があれば、ボウフラが湧く。

 同じくネットがあれば、SNSがあれば、そこには必ずボウフラが湧く。

 これは純然たる自然現象に等しい、と言っていいのではないか。

 我々は、水にボウフラが湧くのを迷惑だと思いはしても憤ったりはしない。

 SNSでの誹謗中傷も、それと同じことである。

 そうでなくても、非常に近いとは言える。


 どうせ橋本大輝に大量のコメントを寄せた中国人たちも、その99%くらいは別に体操ファンじゃないのである。

 普段から体操に興味を持って追っかけているわけでなく、今後もそうなりはしないのである。

 それは単に、オリンピックという大きな水溜まりが生じたから発生するボウフラに似ている。

 そういう自然現象が起こるからと言って、人は迷惑に思っても心が傷つくことはないものだ。

 私などがアスリートのメンタルヘルスを云々することはできないが――

 しかし、自然現象にいちいち心を動かされることはない、というのは、当然の真理と言っていいのではないかと思う。

 

東京五輪開会式の感想…ドローン、寸劇、長嶋茂雄

 ついに東京地獄五輪、いや東京オリンピックが始まった。

 記念すべき7月23日夜の開会式は、「日本の誇る」ゲーム音楽が流される中で行われた。

(アニメソングではなかった。管野よう子の「信長の野望」からもチョイスされなかった。これはやや残念である。)


 これはたぶん(日本における)サブカルチャーの勝利、世界に通じる日本文化とは即ちサブカルチャーであることの象徴のようなものだろう。

 そして選手入場式については、たとえどんなに東京五輪に反対の人だろうと、やっぱり楽しく見れたのではなかろうか。

 全くの蛇足ではあるが、私としては「なぜこんなに外国の女性オリンピアンはほとんど美人なのだろうか」という思いを抱かざるを得なかった。

 (例の「カザフスタンの美人旗手」36歳だけでなく、ホントにほとんど美人である。)

 これはたぶん、私の女性の好みが外国美人であることに起因するのだろう……


 閑話休題

 しかしプロレス観戦者としては、「入場が一番盛り上がる」試合・大会というのが多々あることを知っている。


 さすがにオリンピックでは17日間も毎日何かの試合があるのだから、そうはなりはしないだろうが……

 このコロナ禍の中でやるからには、ぜひ大盛り上がりになっては欲しいものである。


 ところで皆さんは、今回の入場式で何が最も印象に残っただろうか。

 それはもしかしたら、長嶋茂雄氏の(目を背けたくなるような)衰えぶりではなかったろうか。

 もちろん、長嶋茂雄の体調が良くないことはわかっていたが――

 その隣で元気そうな王貞治と対比するとき、何とも言えず胸を突かれた人はとても多かったはずである。

 大変不謹慎ながら、「もう長くないな」と感じなかった人は本当にいるのだろうか?

 あれは正直、見たくなかった光景である……


 気を取り直して言うと、私が良かったと思ったのは「ドローンの群れ(1824機)による空中地球儀」だった。

 あれは皆さん、そう言われるまでは空中に(何とかして)光を投影しているのだと思いませんでしたか?

 それがドローンによるものだとは、非常にビックリである。

 と言うかあれだけが、「日本は技術先進国」という(もう昔のことかもしれない)イメージをアピールできていたのかもしれない。


 そして最後に、思うことがある。

 それは、どうしてこんなに日本という国は、こんなビッグイベントにおいても「寸劇」が好きなのだろうか、ということである。

 いや、なだき武をはじめとする、あの「テレビスタッフ演劇団」の皆さんを悪く言おうというのではない。

 劇団ひとりのコントロールスタッフ役を悪く言おうというのではない。

 それはただ、与えられた仕事をやっただけである。

 しかしそれらが開会パフォーマンスで何かプラスになっていたか、何か脈絡になっていたかというと、そんなことはなかったと言うしかないのではないか。


 それにしても、本当に不思議なのだ。

 なにゆえ日本人は、これほどのビッグイベントのパフォーマンスにまで「寸劇」を入れずにいられないのだろう。

 それは幼き日の学芸会の記憶がそうさせるのか、強迫観念でもあるのか、それともこれもまた日本文化なのか……

 案の定というか、今回の開会式には「ショボい」「史上最低」などという声も高いようである。


 もっとも、この大批判の中の開会式であるから、これでもかとド派手なことをやったらそれはそれで反発される。

 また、開会直前になってバタバタと(それこそサブカル系の)演出担当者がいなくなったことも考えなくてはならない。

 それにもしかしたら今回の開会式のコンセプトは、「倹約」ということであったのかもしれない。

(それはそれで、どれだけの経費がかかったか教えてほしいところではあるが……)


 しかしそれでも、思うのである。

 寸劇をやるならやるで、もうちょっとパフォーマンスの流れに絡んでくるような使い方はできないのか、と。

 全体的に今回の開会式、一言で言って「ブツ切り」でまとめられるような出来だったと思う。

 それぞれのパフォーマンスは単発ブツ切りで、ストーリーというものはなかったと思う。


 しかしあの「ピクトグラム」を体で表現したパフォーマーの皆さんには、素直に敬意を表したい。

 あれをやり通す緊張は(顔は見えないとは言え)、いったいどれほどのものだったろう。

 ある意味あれは、五輪選手のパフォーマンスを凌ぐくらいの素晴らしいものであったと思う。


 そしてもう一つ、天皇が開会宣言を述べているときに席を立たなかった(途中で気づいて立ったが)菅首相については、またまたヘマをしでかしたなぁと思ったものである……

 

「東京地獄五輪」カウントダウン-見どころは競技にあらず

 史上最も歓迎されざるオリンピック、東京五輪2020(2021年だが)の開幕まであとわずかである。

 そしてこのオリンピック、ナチスドイツで行われた1936年ベルリンオリンピックを凌ぐ、「呪われた五輪」になりそうな予感がプンプンしている。

 とにもかくにも、あの滝川クリステルの「お・も・て・な・し」から開幕直前の今日まで、不祥事とスキャンダルで埋め尽くされていると言っても過言ではない。

 もちろん、新型コロナのパンデミックは天災であり不運としか言いようがないにしても――

 それ以外のほぼ全ては人災であって、開閉幕式の音楽を担当する小山田圭吾の学生時代の障害者壮絶イジメの発覚(再発見と言った方がいいか)と辞任劇は、その最新最悪のものである。

 しかも東京五輪最大最高ランクのスポンサーであるトヨタは、とうとう国内では五輪関連のCMを流さないことにした。

 一言で言えば、見切りを付けられたのだ、五輪は。

 五輪のスポンサードをアピールするのは、企業イメージを悪化させるとハッキリ判断されてしまった。


 そして最後に、この日本の酷暑である。

 日本の、この季節の夏――

 その暑さと湿度は殺人的である。

 熱中症警報は毎日のように出るだろうし、実際に毎日のように熱中症で死者が出るだろう。

 日本の夏の暑さの不快度は、東南アジア人やインド人でさえ苦痛の声を上げると言われているのは有名だ。


 私が選手だったら、こんな暑さの中で走らされるのはゴメンだと思う。

 熱中症警報が出ている中、地元の日本人でさえ耐えがたい暑苦しさの中、最高レベルのコンディションで走れる自信は、私にはない。

 というか日本に来た時点で、この不快な暑さに面食らってしまいそうだ。

 これはもはや、死のレースではないか……

 特に寒い国から来た選手なんて、競技中に死人が出ても特に不思議とは思えないのだが。 

 やはり選手としては(言ってもしょうがないことではあるが)、もうちょっと涼しい季節に涼しい国でやるべきじゃないかと、まともな精神を持っていれば思うはずである。


 もうこのオリンピックには、「東京地獄五輪」とでも名付けた方がいいかもしれない。

 男塾かプロレス技か――元オリンピアンであるプロレスラー本田多聞の得意技は「回転地獄五輪」である――、というようなネーミングだが、本当に選手らにとっては地獄のようなシチュエーションとコンディションではあるまいか。

(だいたい、ホスト国の国民の過半数が五輪開催自体を歓迎してない中で、競技すること自体が地獄めいている。)

 

 こうなるともう、東京五輪の見どころは、競技などではない。

 それは、次の三つになるだろう。

(1) 本当にデルタ株など、コロナ感染爆発のきっかけになるか

(2) 自民党政権にとって、吉と出るか凶と出るか

(3) 日本が金メダルを多く取れば、日本国民は手のひら返しするか


 まず(1)だが、これは確かに「終わってみなくちゃわからない」。

 しかし五輪終了後にちょっとでも感染が増加傾向になってしまえば、それが五輪のせいにされることは目に見えている。

 たとえ(2)で日本が金メダルラッシュだったとしても、そんなお祭り気分は急速にしぼむものである。

 だから五輪推進派の抱えるリスクは、誠に大きなものがあると言わねばならない。


 次に(2)。私はこれは、自民党にとって凶と出ると思う。

 まさに自民党にとって、東京地獄五輪になる可能性濃厚だと思う。

 どうせ次の衆院選(10月頃)まで、金メダル効果や池江璃花子効果はもたないと思う。

 それにしても、根本的に思うのだが――

 政権の命運がオリンピックという大運動会にかかっているなどという政権は、どんな小学校政権だろうと言ってしまうのは言い過ぎだろうか。

 国の政権がイベント頼みになるなんて、これこそ「日本の劣化」の最たるものではあるまいか。


 最後に(3)。私はこれは、手のひら返しする可能性は大ありだと思っている。

 終わってみれば「やっぱりやってよかった」と思う国民は、相当数いるものだと思う。

 ほんの数人くらいのアスリートの活躍で、今まで五輪反対だった考えがコロッと変わるというのは、あまりにも頭が軽いと言うべきだろうが……

 しかし世の中には、そういう事象が現実に溢れかえっているのを、皆さんはご承知のことだろう。

 そう、「自分の意見は他人に意見を聞いて決める。または他人の雰囲気を(コメント欄を)見て決める」人というのは、ネット時代になって却って増えているような気がする。


 さあ、この三つの見どころが、どんな結末を迎えるか…… 

 そういう意味では、今回の東京五輪とは、史上最も興味深く忘れがたい大会になりそうである。