プロレスリング・ソーシャリティ【社会・ニュース・歴史編】

社会、ニュース、歴史、その他について日々思うことを書いていきます。【プロレス・格闘技編】はリンクからどうぞ。

学者連合vs菅政権は、菅政権の圧勝に終わるだろう

 日本学術会議の推薦する者6名を、政府が任命しなかった「事件」について――

 日弁連も学者たちも、ほとんどこぞって「任命しないのは違憲・違法」と大反発している。

(⇒ THE PAGE 2020年10月23日記事:「速やかに違憲・違法状態解消を」 学術会議、任命拒否の早大教授が菅首相に要望)

(⇒ THE PAGE 2020年10月23日記事:学術会議の任命拒否問題で学者が会見(全文1)任命拒否は明らかな違法行為)

 私は、思わずにいられないのだが――

 この学者連合(with日弁連の弁護士たち)と菅政権の争いは、国民世論的に菅政権の圧勝となるだろう。

 一般国民の目には、この学者連合というのは、

「特権階級が既得権益を守ろうとしている」

既得権益を脅かされて、逆上してわめいている」

 としか見えていないだろうからだ。

(ついでに言えば、日弁連が絡んできているのもマイナス材料である。

 個々の弁護士はともかくとして、「日弁連左巻き」というのは、もはや国民の共通認識のようなものだ。

 つまり日弁連が味方した側は、自動的に左翼のレッテルを貼られる。)

tairanaritoshi-2.hatenablog.com

 

tairanaritoshi-2.hatenablog.com


 政府からの独立性をウンヌンするなら、初めから政府の(機関の)中に入らなけりゃいいだろう、というのが一般国民の常識というか良識である。

 「我々が推薦した者は無条件で任命すべきだ、そうじゃなきゃ違法だ違憲だ」

 というのは、鼻持ちならない特権階級・圧力団体の言い草だ――

 というのが、一般国民の普通の感覚である。

 そしてまさに、そういう普通の感覚の方が、世論では多数を占めているのではなかろうか。


 私は菅首相が、あるいは政府の中の誰かが、最初からこういう効果を狙って6名の任命を拒否したのだとは思わない。
 
 おそらく本当のところ、こんな大騒ぎになるとはあんまり思っていなかったのではなかろうか。

 しかしもし、これが最初からこういう効果を狙って意図的にやったものだとしたら――

 それは、諸葛亮孔明ばりの恐ろしい慧眼ではないだろうか。

 これで菅政権は、学者連中を「特権階級の既得権益擁護者」と印象づけることができた。

 引いては、政権・世論に対する学者の影響力を弱めることができた。

(もっとも、それが弱めるに値するほど強かったのか、という疑問はあるが……)


 あるいは、もし報道されるように菅首相が「叩き上げの政治家」であるならば、

 文系の(そう、理系は除く)「学者茶坊主」連中ごとき、手もなく政治的にひねってしまえるのだ、ということだろうか。

 もしそうだとしたら、菅首相の権謀能力というのは、安倍前首相のそれより数段は上――

 という片鱗を、我々は見せられたのかもしれない。

「ヘタ過ぎるナスカの地上絵」ショック-これはロマンか村おこし看板か?

 10月16日、ペルーの文化省は、幅37メートルに及ぶ新たな「ナスカの地上絵」を発見した、と発表した。

 それは丘の急斜面に描かれた、ネコ科の動物(ピューマ?)だという。

 このニュースをネットで文字タイトルで見たとき、ワクワクしてクリックした人がどれほど多くいただろう。

 そして、いざクリックして画像を見たとき、「何じゃこりゃあ」と思わなかった人がどれだけいただろう。

(⇒ テレ朝News 2020年10月17日記事:ナスカの地上絵に新たなものを発見 丘の斜面にネコ科の動物か)

 そう、これはネット上で話題になるのも当然である。

 思わずズッコケというかドッチラケというか、目を疑うというか……

 この「ネコ科動物」の絵なるもの、とにかくものすごくヘタクソなのである。

 それはまるで、古代人というより現代の幼児が描いたネコの絵のようだ。

 私も絵がヘタなことでは人後に落ちないので、あまり罵るのも気が進まないが――

 古代遺跡にロマンをはせるタイプの人なら、「こんなのナスカの地上絵じゃないやい」と憤激してもおかしくないレベルとは言っていいだろう。

 なるほど報道によると今回見つかった絵は、我々がイメージとして知っている「すごく幾何学的・直線的なハチドリの絵」や「尻尾が多重円にグルグル巻きになったサルの絵」より、時代が古いものらしい。

 つまり、ナスカの地上絵の歴史の中でも初期に属するもののようだが……

 しかし、それを考慮しても、このヘタ過ぎさは言語に絶する。

 別に古代人がチョチョッとラクガキした絵が見つかったのではなく、全長37メートルなのである。

 こんなヘタな絵を、古代人たちが労力を込めて丘の斜面に描いていたというのは――

 これはもう、ロマンではなくジョークかギャグの世界のように感じる。


 そして、もしこれが悪質なイタズラではなく、本当に「初期型ナスカの地上絵」だとしたら――

 我々がナスカの地上絵の描き方として「知っている」、

 「まず普通サイズの絵を描いておき、

  それをロープと杭を使って同じ比率で地面に拡大描写する。

 (そうすれば、宇宙人ならぬ古代人でも比較的簡単に地上絵は描ける)」

 というあの理屈は、これに適用できるのだろうか。

 
 私にはこのヘタクソな絵、

 丘の麓で監督が口で指図しながら、

 斜面にうろつく作業員たちが(あるいは作業員一人が)言われるままに線を描いていった、

 後からそれを「清書」した、

 という方がよほど現実的だと感じられる。

 こんなのだったら、ロープや杭もいらないと思う。


 今回のネコ科動物の絵は、ナスカの地上絵に対する神秘性・ロマン性をぶち壊すほどの破壊的威力がある。

 もしかして、ナスカの地上絵というのは本当にナスカ人にとって、そんなに神聖な意味はなかったのではないかとすら思わせる。

(現代で言う、「おらが村の自慢の看板」みたいなもの?)

tairanaritoshi-2.hatenablog.com


 ところで絵のヘタさに並んで今回の発見が衝撃的なのは、

 それが既存の道路の本当にすぐそば、手を伸ばせば届くような所にある、ということだろう。

 砂漠みたいな平地をまっすぐ延びる道路、

 それがくだんの丘で(急斜面を避けて)カクッと右に折れ、

 丘の側面のなだらかな斜面を横切るようにまっすぐ伸び、

 丘を越えてまた平地に伸びる。

 「急な斜面に描かれていたため、自然の浸食でほぼ見えない状態だった」

 とは報じられているが……

 もしこれが本当なら(つまり、イタズラでないのなら)、

 ナスカ地方の丘という丘の斜面を調べ尽くした方が良さそうである。

 そうすればたぶん、ナスカの地上絵というのは日本のお地蔵さんのように――

 まさにどこにでもある、ということがわかるのではなかろうか。

最高裁「非正規に一般手当と休暇は出すべき、退職金と賞与は出さなくていい」判決-これが日本の社会通念だろう

 10月13日と15日という非常に近接した日に、最高裁は――

 「正社員と非正規社員の差」という現代日本の大問題の一つに、立て続けに判決を出した。

 13日の判決では、大学の元アルバイト職員が、賞与(ボーナス)の支給を求めて敗訴。

 同日のもう一つの判決では、駅の売店の元契約社員が、退職金の支払いを求めて敗訴。

 しかし15日の判決では、日本郵便契約社員たちが求めた、

●扶養手当

●年末年始勤務手当

●祝日(割増)給

●夏期休暇(お盆)・冬期休暇(年末年始)

●病気休暇

 が全て認められるという、

 原告側が「完全勝利」「正直言って、認められるとは思ってなかった」と口走るほどの勝訴となった。


 さて私は恥ずかしながら、日本郵便(郵便局)の契約社員すなわち非正規社員に、

 年末年始勤務手当まで支給されていなかったとは、正直思ってもいなかった。

 病気休暇なんていうのも、「当然」認められているのかと思っていた。

 よって、これが最高裁へ持ち込まれるまで地裁と高裁で判断が二転三転したという経過も、ほとんど信じられないくらいである。

(あなたは、こんな手当や休暇が郵便局の非正規社員に与えられていなかったこと、知っていましたか? 意外に思いませんでしたか?)


 今回、日本郵便契約社員が「勝ち取った」手当や休暇というのは――

 いわば「一般手当」「一般休暇」と呼んでも差し支えないものだと思う。

 一般人から見て、「そりゃ、そんな手当や休暇はあるだろう。非正規社員にだってあるだろう」と思えるようなもの、という意味である。


 そして逆に、最高裁が「非正規には支給しないでいい」とした「退職金」と「ボーナス」は――

 おそらく一般市民の目から見て、「そりゃ、バイトにはそんなものないだろう。ないのが当たり前だろう」と思えるものなのではないか。

 そういう意味で、最高裁の判断は……

 それこそ法律や判決でよく目にする世の中の「社会通念」に従ったもの、と言っていい気がする。 


 そう、今の日本人の社会通念からすれば――

 「一般手当」「一般休暇」を非正規すなわちアルバイトに認めるのは、別によい。

 しかし「退職金」「ボーナス」まで認めてしまっては「正規」と「非正規」の区別がなくなっちゃうではないか、という「懸念」を反射的に抱いてしまうのである。

 これはたぶん、最高裁の裁判官もそう思っている。

 正規と非正規の待遇を全く同じにしてしまっては、企業活動・経済活動がおかしくなってしまう。 

 ハッキリ言えば成り立たなくなる。

 そういう懸念もまた、社会通念に沿ったものである。


 だからこれからも当分の間、非正規にボーナス支給と退職金が権利として認められる判決は出ないだろう。

(もちろん、個々の企業があえてそれらを与えるのは自由だが。)


 非正規に一般手当と一般休暇を与えるのはよい、それは比較的少額だから。

 しかし退職金とボーナスとなると、とてもそんな多額な出費をする余裕はない。

 これが日本企業の、いや日本人自体の、一般通念・社会通念だということに、ほぼ間違いはないからである。