プロレスリング・ソーシャリティ【社会・ニュース・歴史編】

社会、ニュース、歴史、その他について日々思うことを書いていきます。【プロレス・格闘技編】はリンクからどうぞ。

眞子さま結婚会見の質疑応答取りやめ-回避された惨劇

 10月25日、翌日に迫った「眞子さま&小室圭さん」の結婚会見について――

 宮内庁は、両者と記者の質疑応答を取りやめることを発表した。

 まず両者が伝えたい事柄を述べた後、事前提出の質問5問への回答を文書で記者代表に渡して退席する、という形式になるそうである。

 その理由は、他ならぬ眞子さま

「事前に通知された質問の中に、誤った情報が事実であるかのような印象を与えかねないものが含まれていることに強い衝撃を受けた」

「そのような質問が、カメラありの大勢に取り囲まれた会場で読み上げられ、それに対して口頭で回答することを想像するだけで恐怖心が甦る、という強い不安を感じた」

 ことであるらしい。


 これはもちろん、結婚反対の国民の間に火に油を注ぐ方針であるが……

 しかし私は、こんなことになるのではないかと思っていた。

 もし事前の予定どおり質疑応答が行われていたら、それは皇族に対するスリリングどころかスプラッタに近い光景になっていたはずである。

 皇族たるものが「え、ええと、それは……」とうろたえたり言い淀んだり、

 最悪の場合は顔を覆って泣き出してしまう羽目になるかもしれなかった。

 だから、いかに(会見とは言えないような)一方的な「通告」と言われようと、宮内庁にはむしろ質疑応答なんかさせない義務があったと言ってもおかしくない。

 それにどうせ、皇族に対するインタビューとは(皇族側からの)一方的なものになるだろうし、

 キツい切り込むような反問がなされるわけはないし、

 それゆえに皇族の会見というものが「シャンシャン会見」になるだろうというのは、多くの国民が思っていたこと――

 いや、そうあるべきであり、そうでなければ尊厳を犯すものだとさえ思っていた(いる)のではないだろうか。

 だいたい、眞子さま複雑性PTSDだと公表されたときから、質疑応答になんて耐えられるはずがないとわかっていたようなものである。


 国民の反応がどうであれ、逃げと言われようと何と言われようと、とりあえず惨劇は回避された。

 もし質疑応答が行われていたら、皇室の尊厳はますます下落することになったに違いない。 

 そして眞子さまは、新郎とニューヨークに行く。

 PTSDなのに外国には行けるのかという批判はあるが、しかし転地療養というのはよく聞く話だ。

 実際、この日本を離れた転地療養により、PTSDはすっかり快方に向かうと思われる。

 これほどボロクソに日本国民に叩かれたこの結婚だが、しかし「全ての事件は忘れ去られる」というのは強い味方である。

 そう言えばついこの間の東京オリンピックも、あれだけ開催をボロクソに言っていた日本国民も、いざ始まってしまえば手のひら返しをしたではないか。(と、私は思う)

 今から10年後、いやたった数年後――

 日本国民が「小室夫妻」に手のひら返しをしている可能性は、50%より高いのではないかと私は思う。

 

「日本滅亡」を望む日本人は多いのではないか、説

 最近ネットで流行るもの――

 それは

「今の日本がいかに世界に負けているか、

 安い国であるか、

 衰退するばかりの国であるか」

 という日本ダメ論である。

(⇒ 幻冬舎ゴールドオンライン 2021年10月21日記事:日本の1人あたりGDPは「世界23位」…低賃金と非正規化の実態)

 ちょっと前は「日本スゴイ」の論や番組が流行っていたのだが、それはどうやら廃れたようだ。

 さて、ここで近頃の私が感じるのは――

 日本人の中のかなり多くの人々は、

 こうした日々数々の日本ダメ論・日本衰退論を目にして、憤ったり矢も盾もいられなくなったり、まるで幕末の志士みたいな気持ちになるのではなくて、

 むしろ「日本の衰退・転落・果ては滅亡を、実は望んでいるのではないか」ということである。

 いや、もっと正確に言うと、日本衰退論を「心の支え」にしてるのではないか、ということである。


 これは、あまりに突飛な感覚だろうか。

 そんなわけないだろう、と一刀両断にすべきものだろうか。

 
 日本人は、真面目で勤勉だと言われる。

 それでいながら世界で屈指の「仕事をイヤイヤしている」国民だと言われる。

 また、市民革命や暴動を起こさないことでも有名である。

 そしてまた、40代や50代になっても低年収で不安定な人間が数多くいて、

 少なくとも男性は世界でも最も孤独な人間たちとされ、

 将来に希望も持てずに低賃金労働・非正規労働を繰り返している人間が(老いも若きも)ウヨウヨいる――

 というのも、たぶん事実なのだと思われる。

 
 さて、そういう人間が自殺に向かわないとすれば、

「いっそこんな世界は終わってしまえばいい」

「みんな(自分と一緒に)没落すればいい、没落すべきだ」

 という心境になると考えるのは、それほど的外れなことだろうか。

 それはむしろ、日本人的には自然な心の成り行きとは言えまいか。

 
 日本人の給料は30年以上も上がっていない、

 日本人の格差はどんどん広がる一方である、

 もちろん人口も減少する、

 全体として日本は世界の中で没落し、

 (嫌いなはずの)韓国にも抜かれ、

 もしかして未来は中国の属国・支配下になるかもしれない……

 そんなことが日本人の「心の支え」になるなどとは、ありえないことと思えるかもしれない。

 しかし、今のこの国において自分には将来に希望がない、明るい未来が見えない、というのなら――

 その果てにあるのが「自分と一緒にみんな没落すればいい。それこそが自分の希望」ということになるのは、ある意味非常に日本人らしい「まっとうな」心情であるように思える。

 そしてそういう日本人が本当に数多くいて、格差の拡大と共に増え続けていくのなら……

 日本の滅亡は、まことに日本人らしい日本独自の形でやってくることもあり得るだろう。

 

スーパーマン、公式に両性愛者になる-日系恋人ナカムラと日本の腐女子BL同人誌

 ついに、アメコミ界最大最高のヒーローで、世界に知らぬ者もない「スーパーマン」が、両性愛者であることをカミングアウトした。 

 DCコミックの最新刊では、スーパーマンは男性記者と恋に落ちるそうで、そのキスシーンや並んで座るシーンが先行発表されている。

 その恋人の名は、「ジェイ・ナカムラ」。

 ピンクのショートヘアでメガネをかけ、確かにやや女性的な(東洋的な?)男性ではある。

www.cnn.co.jp

 

 しかしこの先行公開画像、日本人なら誰でも思うと思うが、モロに日本の影響を受けまくりではあるまいか。

 日本の女子の間で隆盛を極めると言われる、男性同性愛を好む腐女子らの同人誌「薄い本」――

 これはそのうち1冊から抜粋したものです、と言われれば、何の疑念もなく信じてしまいそうではないか。

 そして、なぜスーパーマンの同性恋人にナカムラという日系人が設定されたかと言えば、

 それには婦女子の薄い本文化が、海を越えてアメコミ界にも影響したのではないかと考えるのは、はたして勘ぐりすぎであろうか。


 それはともかく、アメリカのこと……

 今回の日系人の「人選」に当たっては、マーケティングチームと法務・ジェンダーチームみたいなのが検討を重ねたはずである。

 腐女子的な言葉を使えば、スーパーマンはもちろん「タチ」(男性役)の方である。

 それに対する「ネコ」(女性役)の男性は、美しい白人男性を――

 としたいところかもしれないが、しかしそれでは「人種の多様性規範」に反してしまう。

 そこで肌の違う人種として、(ちょうど華奢な体格イメージで有名なことだし)東洋人をチョイスするものとする。

 しかし中国系にすると、ちょうどつい最近中国は「BL(ボーイズラブ)禁止令」「ナヨナヨ男性禁止令」を出したばかりなので都合が悪い。

 そこで、そういうことに目くじらを立てそうもない――腐女子文化の祖国でもあるし――日系人とする。

(たぶん以後、韓国系のネコ役男性キャラも増えてくるのではなかろうか。)


 なぜ黒人のネコ役にしないかと言えば、おそらくそういう組み合わせは「過度にエロ」な印象を白人・黒人に抱かせるからだろうと思われる。

 そしてもう一つ、まず間違いなく今後とも、「アラブ系(=イスラム系)」のネコ役キャラというのは、アメコミ界で起用されることはないだろう。  

 なぜかと言えば、アラブ世界から激怒的な反発を喰らうだろうからである。

 さすがにいくら多様性を示したいからと言って、そこには限度があるからである。


 それにしても世界は、

 ジェンダーレスとLGBTと性の多様性を「新たな道徳」とする欧米圏と、

 それらを拒否し、罰当たりな堕落したものとするイスラム圏&最近の中国、

 という二つの陣営に分裂しているかのようだ。

 世界的知名度を誇るスーパーヒーローたるスーパーマンが、ついに公式にバイセクシャルということになった。

 これによりイスラム圏の人々は、ますますアメリカを「大悪魔」「堕落した不信心者」だという確信・憎悪・反感を強めることになるだろう。

 20世紀の世界が、資本主義と共産主義の二つに分裂・対立していたとすれば――

 21世紀の世界は、ジェンダーレスと反ジェンダーレスの二大陣営に分裂・対立する構造になるのだろうか。

 こんなことを20世紀前半の各国首脳や国際政治学者たちに伝えたとしても、いったい誰がまともに受け取っただろうか……