プロレスリング・ソーシャリティ【社会・ニュース・歴史編】

社会、ニュース、歴史、その他について日々思うことを書いていきます。【プロレス・格闘技編】はリンクからどうぞ。

日本のジェンダーレスはなぜ「男が女になる」が盛行し、その逆は不振なのか

米ハスブロ社と言えば、有名な玩具メーカーである。 そのハスブロ社はこのたび、有名映画『トイ・ストーリー』にも登場した玩具ブランド「ミスター・ポテトヘッド」を、「ミスター」を取り除いた「ポテトヘッド」に改名すると発表した。 なぜなら、ハスブロ…

日本の未来はポルトガル-世界史の中の一発屋として

日本人はどんどん貧しくなり、日本は衰退の道を歩んでいる。 いまや東南アジア諸国の方が、日本よりよっぽど景気がいい…… というのは、ちょっと前から日本の常識になり始めている。 幸か不幸か私はそれほどそういう風には実感していないのだが、しかし海外へ…

「眞子さま結婚確定」で皇室が「上級国民」扱いされる日

『女性自身』の2月25日記事によると、眞子さまが小室圭 氏と結婚するのは既に確定、よって新居探しも始められているという。 (⇒ 女性自身 2021年2月25日記事:眞子さま始めた小室さんとの新居探し 都心タワマンが最有力に) 私としては基本的に、結婚するな…

感動の「バンゲリングベイ」攻略本アオリ文-現代格闘技にも影響した「名作」ゲーム

ハドソンが1985年に発売したファミコンシューティングゲーム『バンゲリングベイ』は、この21世紀になってもまだちょくちょくネット記事に採り上げられる「名作」である。 つい先日もそんなネット記事を見つけたので、この記事を書く気になった。 (⇒ ふたま…

約束手形は2026年に廃止-「日本(経済)の象徴」また一つ消える

2月17日、日本政府が「約束手形」を2026年までに廃止する方針を固めたことが判明した。 (⇒ 共同通信 2021年2月17日記事:約束手形利用26年までに廃止へ 下請けの資金繰りを改善) 言うまでもないが、これはなかなかのビッグニュースである。 手形―― それは…

韓国双子女子バレー選手、学生時代のイジメ加害で厳罰-スポーツは心を育てない

全く知らない人たちではあるが―― 韓国のプロ女子バレー選手で双子のイ・ジェヨン、イ・ダヨン両名について、過去の校内暴力の加害者であることが(被害者のネット告発で)明らかになった。 そして2月15日、所属の興国生命ピンクスパイダーズは両名に「無期限…

兵庫県庁水道代600万円損失、半額300万円を担当職員が負担-「信賞必罰」の「信賞」はあるのか?

一昨年2019年の10月から約1ヶ月、兵庫県庁の貯水槽の排水弁が閉め忘れられていた。 翌月、神戸市水道局から「水道使用量が異常に多い」と連絡があってわかったらしい。 それで生じた追加水道代は、約600万円(通常の約半年分)。 これは、点検業者が10月に定…

「森の失言」に抗議電話する人は、異常かつ労働者の敵ではないか?

2月3日、東京オリンピック・パラリンピック組織委員会(JOC)の会長を務める森喜朗 氏(元首相)が、JOC評議会の席で 「女性が多い会議は時間がかかる」 などと発言した。 これは女性蔑視だとして、(謝罪会見が「逆ギレ」だったとされたこともあって)世界…

愛知県大村知事リコール署名「8割以上が無効」の衝撃-甦る安国寺恵瓊の言葉

2020年11月、愛知県の大村知事のリコールを求めて愛知県内の各選挙管理委員会に提出された署名、約43万5000人分について―― 何とまあその8割以上、約36万2000人分の署名が無効だと判断されたことが報じられた。 (⇒ 中京テレビ 2021年1月30日記事:大村知事リ…

「反五輪デモ・暴動」は起こるか?-選手ワクチン優先接種と医療者1万人確保

IOC(世界オリンピック委員会)やフランスの委員会では、東京五輪に向けて「出場選手が優先的にワクチン接種する」ことが言われているそうである。 (しかしWHOは、これに否定的) そして日本では、やはり東京五輪に向けて「1万人程度の医療者にスタッフにな…

イオン完全禁煙と「タバコのない世界」の文化損失

ショッピングセンターの雄・イオンは、この3月までに国内115社の全事業所・グループ従業員約45万人を対象に「就業時間内禁煙」「敷地内禁煙」を開始すると発表した。 (⇒ Impress watch 2021年1月25日記事:イオン、就業時間内・敷地内禁煙。国内115社全事業…

井岡一翔のタトゥーは厳重注意処分…と、アイヌの入れ墨文化について

昨年大晦日のボクシングタイトル戦で、塗り隠していたタトゥーが試合中に剥げて露出してしまった、WBO世界スーパーフライ級王者の井岡一翔(31歳)。 1月22日に日本ボクシングコミッションが下した処分は、「厳重注意」であった。 ハッキリ言ってプロレスフ…

大統領就任式に詩人を招くアメリカと、詩人をバカにする日本

1月20日、ジョー・バイデンのアメリカ大統領就任式が行われた。 それにはレディー・ガガ、ジェニファー・ロペスという世界中の誰でも知ってるスーパーセレブ女性ミュージシャンの他、 (私は全然知らないが)カントリーミュージックの超大物とされるガース・…

「PPAP全面禁止」で「ピコ太郎」の「釣り記事タイトル」ほっこりニュース

1月21日、日立製作所は「PPAP」を全面禁止すると発表した。 そのネット記事のタイトル(短く切り詰められる)を見て、100%近い人がピコ太郎(古坂大魔王)の「ペンパイナッポーアッポーペン」(の略称PPAP)を想像したはずである。 そんな誤解はしていない…

また出た「史上最大の恐竜」-しかしこれをも超える「魚竜」がいるだろう

つい3年前、「パタゴティタン」と名付けられた竜脚類恐竜(要するにブロントサウルス型)が、史上最大の恐竜発見と報じられていた。 しかし、案の定である。 それを越えるかもしれない恐竜化石が、またもアルゼンチン北西部はパタゴニアで発見されたという。…

「経済大国最後の祭典」東京オリンピック中止は日本の希望かもしれない

1月18日、通常国会の開会に当たり、菅首相は施政方針演説を読み上げた。 そして案の定、今年の夏に(いまだ)延期開催予定である東京オリンピック・パラリンピックについて―― 「人類が新型コロナに打ち勝った証し」として、 「世界中に希望と勇気をお届けで…

コロナ猛威下で成人式挙行-「大事な伝統」はカンタンに生まれる

この、連日コロナ感染者の急拡大が報じられる中、それも緊急事態宣言が出た中―― 神奈川県横浜市では、36,000人の新成人を対象とした大規模成人式を、従来の予定どおり実施した。 もちろん感染対策は徹底してやったろうが、 それでも(いや、案の定)路上で酒…

2021年は「遅れてきた世紀末」か-コロナ制御不能・アメリカ分断・北朝鮮核増強

2021年は明けたばかりだが、世界はまるで世紀末である。 コロナ情勢の悪化は留まることなく、日本では連日「感染者が過去最高値」を更新し、ついに1都3県に緊急事態宣言が再発令された。(1月8日~2月7日) イギリスの首都ロンドンでは市長が「コロナの感染…

コロナ猛威と「国民に拒絶されるオリンピック」

年の瀬も迫った12月26日、東京都では新型コロナウイルスへの新規感染者が949人と過去最多に上った。 また同日には、主にイギリスで出現した「さらに感染力の強い」変異種への感染者が、初めて日本国内でも確認された。 冬になって空気が乾燥してくると、コロ…

「ゾディアック暗号解読」も内容はたいしたことなし-殺人鬼も宇宙人もガッカリさせる連中だろう

殺人鬼界そして未解決事件界でも、最も有名なもののひとつ―― あの「ゾディアック」事件の犯人が送ってきた51年前の暗号文の解読に、ついに民間人が成功したという。 gigazine.net (⇒ 共同通信 2020年12月14日記事:米連続殺人犯の暗号文解読 未解決事件、送…

日本皇室の「終わりの始まり」か「手のひら返し」か-秋篠宮さま、眞子さまの結婚を認める

11月30日、55歳の誕生日を迎えた皇嗣・秋篠宮さまはその会見の中で、 例の「眞子さま結婚問題」について、「結婚は(憲法に両性の合意のみで成立すると書いてあるので)認めると言うことです」と述べた。 しかし「結婚と婚約は違う」とも述べており―― これは…

「ワクチン同意7割」は本当か-映画と漫画に慣れたらワクチンは打てない?

新型コロナに対するワクチン開発が進んでいるが…… スイスの民間機関である世界経済フォーラム(WEF)の調査によると、調査対象国の人たちの4分の1は、接種を望んでいないそうである。 大雑把に、接種への同意率を見てみると…… インド・中国・韓国・ブラジル…

三島由紀夫没50周年-いま見れば「アブナい人」もまた1970年代の子

2020年11月25日は、あの「三島由紀夫事件」すなわち三島由紀夫の死から50周年の日となる。 もちろん今でも、三島由紀夫の名を知らない人はいない。 どんなアッパラパーの女子校生でも、少なくとも名前くらいは聞き覚えがある人である。 しかし今、三島由紀夫…

主催者発表「選択制夫婦別姓に賛成が7割超」-雰囲気戦術の効果やいかに

全国アンケート調査により、選択制夫婦別姓に賛成する人の割合が7割を超えたことが報じられた。 www.huffingtonpost.jp chinjyo-action.com しかし流し読みしてもわかるように、このアンケートを行ったのは、 ●家族法が専門の早稲田大学法学部・棚村政行教授…

コロナ第三波とGoToトラベル-「国がOKと言ってるから」の感染力

新型コロナウイルスの第三波が、日本列島を襲っている。 11月18日には国内感染者が1日で約2200人となり、これまでの最多記録を更新した。 その他、北海道をはじめ全国の至る地域で「過去最高の感染者数」を記録し、クラスターも次々発生している。 さて、こ…

令和の「ただの人間宣言」-眞子さま結婚再延期も結婚の意志変わらず

11月13日、秋篠宮家の長女・眞子さまは―― もう3年も引きずっている(例の)小室圭 氏との結婚問題について、再度延期する旨の文書をマスコミに発表した。 しかしその文書では、(自分と小室圭氏との)結婚は、自分たちの心を大切に守りながら生きていくため…

スペイン名物「絵画・彫像の修復失敗」-ここにビジネスチャンスあり?

「またしても」スペインで彫像の修復に失敗した、というニュースが入ってきた。 今度は1923年製の銀行建物の女性彫像の顔であり、一目見て凄まじいまでの失敗だとわかる。 bijutsutecho.com www.sponichi.co.jp この手のニュース、なぜかいつもいつもスペイ…

「次の大統領」はカマラ・ハリスである-トランプ敗北、バイデン勝利

2020年のアメリカ大統領選挙は、現職のトランプ大統領(共和党)が敗れ、オバマ政権での副大統領であったジョー・バイデンが勝利した。 tairanaritoshi-2.hatenablog.com tairanaritoshi-2.hatenablog.com しかし、本当に勝ったのは誰であろうか。 それはバ…

続・本城惣右衛門覚書の謎-「上様」が誰か知らないなんて

前回記事に続いて、「本能寺の変の明智方従軍者」本城惣右衛門の覚書についてである。 いよいよ彼が本能寺に突入したときの様子は、こうだ。 **************** (原文) 人じゅの中より、馬のり二人いで申候。 たれぞと存候へば、さいたうく…

「大阪都構想」否決-見物人から見た敗因

11月1日、大阪市を廃止して大阪府に「接収」、旧大阪市は4つの特別区に再編するという「大阪都構想」について、大阪市で住民投票が行われた。 結果は、都構想への反対が多数で否決。 しかし、前回5年前も反対70万5585票、賛成69万4844票という僅差であったが…