プロレスリング・ソーシャリティ【社会・ニュース・歴史編】

社会、ニュース、歴史、その他について日々思うことを書いていきます。【プロレス・格闘技編】はリンクからどうぞ。

古代史

「ヘタ過ぎるナスカの地上絵」ショック-これはロマンか村おこし看板か?

10月16日、ペルーの文化省は、幅37メートルに及ぶ新たな「ナスカの地上絵」を発見した、と発表した。 それは丘の急斜面に描かれた、ネコ科の動物(ピューマ?)だという。 このニュースをネットで文字タイトルで見たとき、ワクワクしてクリックした人がどれ…

中国陝西省シーマオ遺跡は4300年前?-南米遺跡との不気味な類似

中国は陝西省の「シーマオ」という遺跡は、長らく万里の長城の一部だと思われていた。 しかし最近の調査で、その一部は4300年前に遡ることが判明したらしい。 シーマオの繁栄期間は、紀元前2300年から紀元前1800年くらいの間で―― その後は、(古代遺跡につい…

「マヤ文明」またまた大発見-BC1000年・最大最古の祭祀構造物と仁徳天皇陵の対比

いったいマヤ文明は、どうなっているのだろう。 ここ数年、大発見のニュースがほとんど矢継ぎ早である。 tairanaritoshi-2.hatenablog.com tairanaritoshi-2.hatenablog.com 6月4日、イギリスの科学誌『ネイチャー』に載った記事によると―― 米アリゾナ大など…

また新たなナスカの地上絵発見-「ナスカの地上絵、お地蔵さん」説

快挙である。 11月15日、日本IBMと山形大学は、AIの活用でかの有名なペルーのナスカ台地を調査し、新たな地上絵を1点発見したと発表した。 また、AIを使わわない手段で、新たに142点の地上絵を発見したことも発表した。 www.itmedia.co.jp このうちAI活用し…

新説「ガリバー旅行記には御伽草子の影響がある」-伝播説の魅惑と眉唾

かの有名な『ガリバー旅行記』(イギリスで1726年刊)が、日本の御伽草子のうち『御曹司島渡』『蓬莱山』(室町時代に成立)の影響を受けているのではないか、との説が発表されるらしい。 (⇒ 中日新聞 2019年11月7日記事:ガリバーに御伽草子影響か 「小人…

「最初のアメリカ人」は日本・北海道から来た?-「扶桑説」は死なず、何度でも甦る

アメリカ大陸に最初に到達した人類は、日本(あるいは中国)から来た。 たとえ最初ではなくても、ヨーロッパ人(ヴァイキング)の到達以前に、日本人(あるいは中国人)が既にアメリカに到達したことがある―― これを「扶桑説」という。 古代中国の文献に、東…

淡路島で最古(紀元前)の埋納銅鐸発見-日本の起源は近畿なのか九州なのか?

淡路島は南あわじ市で2015年に見つかった松帆銅鐸は、紀元前4~2世紀頃に埋納されたらしいことが、科学分析でわかったらしい。 headlines.yahoo.co.jp 上記引用記事によると、銅鐸には、それが埋納されるという二度のブームがあったらしい。 一度目は、実際…

「モモの種」で邪馬台国の所在がわかるのか-ますます信憑性を失う近畿説?

かの邪馬台国の所在地として、九州説と近畿説が対立しているのは誰でも知っている。 特に近畿説の最有力候補は、奈良県桜井市にある纒向(まきむく)遺跡である。 その遺跡で2009年に出土したモモの種を(名古屋大学の研究グループが)今回調べたところ、西…

ペルー「チムー王国」遺跡で生け贄子ども109体発見-多文化共存主義は正しいのか?

6月14日、南米ペルー北西部のチムー王国(900年頃~1470年頃)の遺跡で、子どもの遺体109体が発見された。 雨乞いのためだか何だか知らないが、そのための儀式で生け贄に捧げられたようである。 headlines.yahoo.co.jp まったく酷い話であるが、昔は世界中ど…

福岡県赤村に卑弥呼の墓(前方後円墳)? 天皇陵発掘の「聖断」はいつ?

福岡県は赤村という村に、全長450メートルの巨大前方後円墳があるんじゃないかと話題だそうだ。 そしてもちろん、かの「卑弥呼の墓」に関連付けられている。 headlines.yahoo.co.jp これについて地元や周辺自治体の文化財担当者らは、この丘陵は自然地形だと…

古代イギリス人は「青い目の黒人」だった? たった1万年で進む肌の色の変異

これは、こういうことに興味のある人にとっては誠に興味深いニュースである。 約9000年前のイギリスで暮らしていた男性の頭蓋骨をDNA鑑定にかけたところ―― その肌は「濃い色から黒にかけての色」で、縮んだ黒髪を持ち、青い目をしていたことが判明したという…

「戦後幕府」の終わりと「2050年の神武天皇」

だいたい『古事記』『日本書紀』に記された日本神話は“天皇家の権威を高めるため作られた”と言われるものの、それを疑わせる記述もバンバン出てくる。 天皇家の最高神である天照大神(アマテラスオオミカミ)は、弟・スサノオの乱暴に怒り怖れ、天岩戸(あま…

三原じゅん子と“池上無双”―「神武天皇実在論」はトンデモ話なのか

7月10日の参院選では、大方の予想どおり与党(自民党)が大勝した。 そしてテレビ東京の選挙特番で、またも池上彰(65歳)による“池上無双”が展開されたとのこと。 神奈川選挙区で当選した“自民党の中でもガチガチの保守派”三原じゅん子(51歳)から、「神武…