プロレスリング・ソーシャリティ【社会・ニュース・歴史編】

社会、ニュース、歴史、その他について日々思うことを書いていきます。【プロレス・格闘技編】はリンクからどうぞ。

道徳

Zoom会議の「上座」-どこを見ても何を見ても「上下」を見る日本人

コロナ禍を契機に、一気に普及?した観のあるテレビ会議。 しかしテレビ会議というもの、こんなにも「普及が遅れ」ることを、昔の誰が予想しただろう。 こんなもの、1960年代・70年代の「未来はこうなる」系の記事では、21世紀を迎える前にとっくに普及して…

ハンコ主義・紙決裁・対面主義は「道徳」の問題である

コロナ禍でテレワークがようやく広まりを見せたのと平行し、 日本の「ハンコ主義」「紙決裁」などが、もう何度目か厳しい批判に晒されている。 toyokeizai.net 今どき「ハンコで」「紙で」「出頭・対面して」仕事を進めるなんてこと―― 「もちろん」誰でも、…

グレタ・トゥーンベリやヴィーガンを笑う者は未来に負ける?-企業の「道徳リスク」

国連本部で地球環境に関する「炎の大演説」をやった環境少女グレタ・トゥーンベリ(16歳)が―― 飛行機に乗ることは信条が許さないから(地球環境を汚すから)、飛行機に乗れないで母国スウェーデンに帰る手立てがなく困っているそうである。 (行きは、ヨッ…

「何事も 斜めに見るのが 人の道」道徳が日本の転落を加速させる

フェミニストとして有名な上野千鶴子・東京大学名誉教授の東大入学式での祝辞が、反響を呼んでいる。 それを受けて“コミュニケーション・ストラテジスト”(ホントに、何でも肩書きになるものである。まるでプロレス技のようで面白い)岡本純子氏が、次のよう…

スプレーが可燃性だと知らない人がいる-札幌アパマン爆発事件の真の闇

先日記事を書いた札幌市での「スプレー120本を室内で噴射したあげく給湯器を点けて大爆発」事件だが―― なんで120本も一気にガス抜きをしたかと言えば、2日後の店舗改装を控えて(未使用の)在庫スプレーをカラにしておく必要があったからだという。 なんでそ…

「フィギュアスケートは金持ちボンボンのやること」批判がないのはなぜか?-「生まれつきの能力」に全面降伏する時代?

フィギュアスケートの新女王として、弱冠16歳の紀平梨花が絶賛を集めている。 そしてフィギュアスケートとは、今の日本で「最高峰のスポーツ」と庶民にまで思われている存在に成り上がったのかもしれない。 それはそれとして、今から述べるのは別に批判では…

PDCAは死のサイクル&「面前でご説明しないと無礼」の封建土人国が世界に遅れる

PDCAサイクルとは、日本で働く人の常識である。 いくらなんでも、そんなの聞いたこともないという人は「まともな」ビジネスパーソンにはいないだろう。 しかし、そのPDCAサイクルへのこだわりとやり過ぎこそが日本を世界に劣後させている―― との記事を、経済…

「雑炊の盛り付け・作り方で店主惨殺」事件-日本で極大化する「労働リスク」

年の終わりに、何とも陰惨な事件である。 滋賀県草津市のちゃんこ料理店「隠れダイニング蔵間草津店」のオーナー・糸岡真二さん(60歳)が、客2人に2時間半にもわたる暴行を受けて死亡した。 犯人は、不動産仲介業・H(46歳)と土木作業員・S(45歳)。 (彼らは…

日産と神戸製鋼所が不正隠蔽で大揺れ-「先端技術を持つ封建土人」なのは日本の伝統

世界に冠たる日本企業、日産と神戸製鋼所が大揺れである。 特に神戸製鋼所は揺れまくりで、報道を見ているとこのまま倒産してもおかしくないような按配だ。 つい最近には、これも世界に冠たる東芝が不正会計問題で破綻寸前にまで(自業自得ではあるが)追い…

「エクセレント・カンパニー」東芝の凋落(経営危機)と「目上を敬う」封建土人道徳

日本を代表する企業の一つ「東芝」は、見るも無惨な凋落を遂げた。 その株式銘柄は東証一部から二部に“転落”し、上場廃止さえもいまだ危ぶまれている。 その経過をいちいち書くことはやめておこう。 (あまりにも長すぎるし、第一それほどよくは知らない。)…

「AI人事」の時代・適材適所の完成とネオ身分社会の到来 その4

AI人事で「社会・会社の上に行く適正なし」と判定された大部分の人間は、いかに生くべきか? 「むかし家柄、いま能力」の貴族制の下で持つべき、平民の心構えとは?