読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロレスリング・ソーシャリティ【社会・ニュース・歴史編】

社会、ニュース、歴史、その他について日々思うことを書いていきます。【プロレス・格闘技編】はリンクからどうぞ。

“狂犬大統領”トランプはバカなのか? その1 ニュース化社会に適応した大統領

 アメリカのトランプ大統領が、飛ばしに飛ばしまくっている。

 就任1ヶ月も経たないのに、派手な大統領令やツイッターなどを次々出しているのは周知のとおり――

 その数々はみなさんご存じに違いないので、いちいち書くまい。

 ここで書くのは端的に、「トランプはバカなのか? 狂っているのか?」ということである。


 まず、もともと反トランプの人が「トランプはやっぱりバカである、狂ってさえいる」と言ったり思ったりするのは当然である。

 自分と反対の意見・政策を持つ人に対しては、そういう反応をするのが(いわばまっとうな、ごく普通の)人間というものだ。

 しかし冷静に考えて、トランプが本物のバカで狂人であるというのはほぼ信じられない。

 バカな狂人が世界的「不動産王」になれる、というのは、非常に説得力のない話である。

 ドナルド・トランプとは、「世界人口の半分に等しい富を持つ8人衆」とまではいかないが、大成功したビジネスマンであり事業家である。

tairanaritoshi-2.hatenablog.com


 
 そんな人間がモノホンのバカであるなんて、信じる方がバカなのではあるまいか。

 しかしそういうバカなことに、普通の人間は簡単に陥ってしまうものなのもよく知られている。

 「敵を甘く見る」というのは、戦いにおいて最もやってはいけないこと――そんなことをする将軍は負けて当然と思われている。

 そんな話を本で読んだりドキュメンタリーで見たりすれば、百人中百人が「全くだ、そもそも何で敵を甘く見るなんてことができるのか」と感じるものだ。

 しかしいざ、自分自身のこととなると――

 自分と反対の意見を持つ人間に対しては、簡単に「こいつらはバカ」「わかってない」と感じないではいられないのだ。

 おそらくこれは人間の本性であって、ただ超人的な精神力を持つ人だけが、この誘惑を(何とか)免れるのだろう。

 だからこそ「敵を舐めて敗北する将軍」は歴史上腐るほどいたのだろうし、これからも何度でも同じことが繰り返されるに違いない。


 それはともかく思うのは――

 トランプとは、現代という「ニュース化社会」に(意図的かどうかはわからないが)極めてよく適応した大統領だということである。

 ニュース化社会においては、常に最新ニュースだけが重要性を持つ。

 いくら大事な事象だろうと、何日か何週間か経てばもう時代遅れの代物と化す。

 もちろんそれは、マスコミにとってだけではない。我々民衆自身がそう感じるのである。

(だからこそマスコミは、生き残るために最新ニュースを伝えるのに鎬を削るのだ。)

 
 ここ3週間のトランプは、まさに世界の耳目を集めまくっている。世界中にニュースのネタを提供している。

 このニュース攻勢の前には、イスラム国などどこへ行ってしまったのかと感じるほどだ。

 さすが世界的スーパービジネスマンのやり方だ、と感心すべきだろうか?

 少なくともトランプは、「やることが遅い」とか「有言不実行」とか、「ブレている」などという非難だけは受けなくて済みそうである。

 そしてまた――

 最初に超スピードでガツンとやっておく、というのは、ビジネスマン時代からの彼の流儀なのかもしれない。

 確かに、「こいつはマジでやると言ったらやる男だ」と強烈に印象づけておくのは、(ビジネスに限らず)世の中で舐められないための有効な手段ではある。(この点トランプは、意識的にやっていると思う。)

 さらに言えば、これはトランプの年齢にも関係するのかもしれない。

(私は、その人物の行動について、その人物の年齢はかなり大きなファクターだと思っている。)

 トランプは今、70歳。もし大統領を2期やるつもりなら78歳で退任となる。

 その間に自然死するのは、おおいにあり得ることである。

 しかも“暗殺されるかも”という恐れを、結構現実的に感じていることもまたおおいにあり得る。

 自分が死ぬ前に、自分が思っていることを少しでも実行してやろう――

 トランプがそういう焦りに駆られていても、まったく不自然なことではない。