読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロレスリング・ソーシャリティ【社会・ニュース・歴史編】

社会、ニュース、歴史、その他について日々思うことを書いていきます。【プロレス・格闘技編】はリンクからどうぞ。

山口組・第2次分裂 「マフィア組織が記者会見」の怪?

 4月30日、神戸山口組(本部は兵庫県淡路市)から離脱した各組組長らが、尼崎市の直系団体事務所で会合を開いた。
 その後幹部6人が雑誌・新聞の各社1人の記者を事務所に入れ、異例の“独立決意表明”を行ったという。
(テレビ局とカメラマンは入れず、質問もなし。われらがヤクザ情報のクオリティペーパー『週刊実話』はもちろん入っていただろう。

 日本最大の暴力団(マフィア)として有名な山口組が第1次分裂をしたのは、2015年の8月。
 約1万人の構成員を持つ山口組(組長・司 忍(つかさ しのぶ))から約2,600人の神戸山口組が抜け、今回の第2次分裂では神戸山口組から新団体「任侠団体山口組」が抜けることとなった。
 感想としてまず一つ、やはり何が何でも「山口組」というネームバリューは失いたくないのだろうなというのがある。
 “われこそは真の山口組”と主張したい気持ちもあるのだろうが、この名前を失えばヤクザ業界以外(いわゆるカタギの世界)には通用しなくなるという恐れもあるのだろうか?
 次に一つ。任侠団体山口組には「組長」は置かず「代表」を置き、その代表には神戸山口組の中核組織であった“山健組”の織田絆誠(おだ よしのり)氏が就くという。
 毎日新聞の記事によると、その織田絆誠氏の名前の後にはカッコ書きで「本名・金 禎紀=よしのり」とある。
 “日本の暴力団というのは、在日韓国・朝鮮人の団体である”というのはもはや日本のカタギ界で暗黙の常識ともなっているが、それがまたも上書き立証された形である。
 
 30日の会見では織田(金)代表は出席せず、“本部長”に就任した池田幸治(兵庫県尼崎市の真鍋組組長)氏が、神戸山口組離脱の理由と旧団体への批判を行った。
 離脱の理由は「金銭の吸い上げが酷い」「神戸山口組の井上邦雄組長が、出身母体を贔屓する」「井上組長が進言・諫言を一切聞かない」というのだから、暴力団といえどもプロレス団体の分裂理由とそうは変わらないものである。
 「山口組を真っ向から否定して立ち上がったのに、神戸山口組の現実はそれ以下の悪政だった」との批判に至っては、どこかの政党や革命軍、世直し団体の内紛と全く変わらなく見える。
 というより、人間の団体なんて全てこんなものなのだろう。
 なんだか「生ある者は必ず滅びる、長く続いた団体・組織は必ず分裂する」という理(ことわり)をまざまざと見る思いである。
 
 それにしても、マフィア団体が記者を招いて意見表明・決意表明を公然と行うというのは、日本以外の国で普通のことなのだろうか。
 以前、FBI女性捜査官が大阪府警に研修に来て、「ヤクザの事務所が町中に普通に建っていることに驚いた」という記事を読んだことがある。(2007年2月1日付け・産経新聞関西版)
 
 活字メディアだけとはいえ、マフィアがメディアを呼んで自らの「正義」を決然と訴えるというのは、日本ならではの奇景ということになるのだろうか?
 ともあれ、マフィア団体が分裂を繰り返していくというのは、カタギ界にとって基本的には喜ばしいことである。
 多少の抗争があったとしても、その死者とターゲットがマフィア構成員だけであれば、むしろ大いに抗争してほしいと思っている一般人も少なくないはずだ。
(そして『週刊実話』の売り上げも伸びるだろう。)
 
 私はそんなにヤクザ界に興味があるわけではないが、しかし今後の「旧山口組三国志の展開には興味をそそられるものがある。
 ごく適当な感想に過ぎないが、もう一度か二度は分裂が起こる気もしている。
 そしていずれは日本最大最強を誇った山口組も、名前だけはいくつもの小団体が継承するが、かつての勢力は雲散霧消する日が来るのだろう。
 この世に滅びない国はなく、いつか潰れない会社も団体もないのだから……