読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロレスリング・ソーシャリティ【社会・ニュース・歴史編】

社会、ニュース、歴史、その他について日々思うことを書いていきます。【プロレス・格闘技編】はリンクからどうぞ。

教育勅語が「イイ話」なのは当たり前-森友学園と保守主義のイメージ下落問題

国有地 国有地払い下げ 森友学園 安倍晋三記念小学校 籠池理事長 教育勅語 軍人勅諭 深イイ話 籠池理事長の妻

 森友学園については連日連夜新しいネタが出てきて、それらを読んでるだけで一日が終わってしまいそうである。

 本日(3月9日)にはいよいよ大阪府教育庁の職員が“瑞穂の國記念小學院”へ調査に入り、籠池泰典理事長も大勢のマスコミに取り囲まれた姿が生中継された。

 ところが教育庁職員はたった30分で学校から出てきてしまい、籠池理事長からの聞き取りをはじめロクな調査もできなかったとのこと。

 それはなぜかと言えば、籠池理事長の妻(で塚本幼稚園の副園長)の籠池諄子という人が、「夫の制止も聞かず」職員を携帯電話で撮影し続けていたからだという。

 この記事を読む人ならば、この籠池理事長の妻というのが、夫をも凌ぐ「問題児」であることをネットやテレビで見聞きされているだろう。

 その奇天烈ぶりは(もちろん、報道を信じるならばだが)枚挙にいとまなく――

 しかも7年前には、自分の幼稚園の前を通りかかった小学3年生の男の子を「挨拶できんから」との理由でどつき、最高裁まで争った末に30万円の罰金刑を受けたそうである。

(そしてこのとき小学生の父親に抗議された籠池理事長も、「なんやとー。どついて何が悪いんじゃ。これが園の方針なんじゃ」と謝りもしなかったらしい。)


 何というか、似たもの夫婦というか、似合いのカップルと言うべきか――

 他にいろいろ報道されていることもひっくるめて、ほとんど狂人の域に達しているかのようだ。

 そして今回、初めて大々的にマスコミに取り囲まれた籠池理事長は、質問には全く答えることなく持論を展開した。

 朝日新聞テレビ朝日を非難し、教育勅語のどこが悪い、みなさんこそ偏向しているから日本はどんどん悪くなる、と主張した。

 そしてまるでこれに呼応するかのように、稲田朋美防衛大臣は国会で、

「日本が道義国家をめざすというその精神は今も取り戻すべきだと考えている」

教育勅語自体が全く誤っているというのは私は違うと思う」

 と発言している。


 誰でも感じるとおり、籠池理事長と稲田防衛大臣が言っていることは、ここ二十年くらい?日本の保守勢力・右翼勢力が言ってきたこと/書いてきたことと同じである。

 もう全く、そのまんまの反復でありコピーである。

 ついでなので書いておくが、私も教育勅語が全部間違っているとは思わない。確かに「いいこと」を書いている(部分もある)と思う。 

 しかしそれは、他のどんな人の言ったこと/書いたことについても言えることだ。

 『毛沢東語録』にも『わが闘争』にも「イイコト」は書いてあるだろうし、今の北朝鮮の学校だって「イイコト」を教えているに違いない。

 あのトランプ大統領でさえ、演説では「イイコト」を言っているのではないか?

 この世には「イイコト」や「イイ話」が溢れているのであり、どこを見ても何を見ても大抵はそういうものに行き当たる。

 きっとあなたや私にも、「イイ話」の一つや二つは簡単にひねり出せることだろう。

 現にネットには(芸能人とかの)イイ話が――「話題・共感・賞賛を呼んでいる」などとリード文のある記事が、ポンポンポンポン掲載されているではないか?

 別に教育勅語に「イイコト」が書いてあるからと言ってそれは当たり前のことで、感動・感心するような話ではない。


 そしていつも思うことだが、では実際に教育勅語で育てられた戦前世代の日本人というのは、本当に今の日本人より道徳的に優れていたのだろうか?

 そう信じている人がもしタイムスリップしたとしたら、たぶん感じるのは失望や絶望ではないかと思う。

 私は昔の世代が今の世代より高貴で道徳的だったなどとは少しも思わないし、今の世代より若い世代はさらに悪くなるだろうとも思わない。

 世界はどんどん悪くなっていく、それに比べて昔は良かった、などと思うのは、典型的な古代人・中世人の感性である。

 たとえば少年犯罪について、本当に教育勅語世代というのは今の若者よりマシだっただろうか?

 そして教育勅語で育った大人たちは、今のあなたが周りから受けているよりマシな応対をあなたにしてくれるものなのだろうか?

 どうも私にはそんな風には思えないし、たぶんあなたもそうは思いはしないだろう。


 また、もっと言うならば――

 あなたが尊皇心を持っているとして、もしタイムスリップして歴代天皇に会うことができたならば、やっぱり失望を感じるだろうと思う。

 そんなね、昔の天皇がね、あなたを見て「自分が口をきいてもいい人間」とみなすと思いますか?

 「下民」とみなして差別心を隠そうともしないのが自然だとは思いませんか?

 まさか“民はわが宝。二人の間に分け隔てはない”なんて言ってくれると思ってますか?

 かつて「期待される人間像」というのがあったが、どうせ昔の天皇も、現代の人間にとっての「期待される天皇像」を満たしてくれることはほぼあり得ない。

(またついでに言えば現天皇も、右翼やガチガチの保守主義者が期待するような思想・心情を持ってはいまい――

 現天皇はどちらかと言えば「左翼的」な考えを持っているのではないかとは、よく取り沙汰されていることである。)


 たとえ「イイ話」である教育勅語で教育を受けようと、ロクデナシはやっぱりロクデナシである。

教育勅語で教育しようとしている籠池夫妻がまさにそうである、とまでは、まだ言うまい。)

 そしてその割合は、おそらく戦後教育を受けた世代と同じか、あるいは高いくらいなのである。

 そういえば教育勅語があれば、軍人勅諭というのもあるのだが――

 あなたはそれを朗読していた旧日本軍に、本当に入隊・入営したいと思いますか?

 いくら旧日本軍を美化したいと思ったところで、そういう動機を持つくらいの人間であれば、旧軍でどんなイジメ(特に新兵イジメ)が行われていたか少しくらいは聞いたことがあるはずだ。

 忠君愛国を謳おうが軍人勅諭で教育しようが、旧日本軍が清く正しく健やかな軍隊であったわけではない。

 現代に生きるあなたが「ぜひ入りたい」と願うような軍隊であったわけではない。

 
 しかしまぁどうしてこうも、教育勅語愛国心が大事だと主張する人間は、こんなのばっか(に見える)のだろうか。

 真の愛国者保守主義者たちは、一連の騒ぎ(と、森友学園・理事長夫妻)に対して血涙を流して然るべきである。

 しょせん教育勅語なんかを大事だと主張する奴は、この程度の奴ばかり――

 多くの国民は、またしてもそんな感想を新たにすることになってしまった。

 雑誌で言えば『正論』や『致知』なんかの保守系誌は、イメージ的に大打撃・大迷惑を被っているはずである。

 右翼の街宣車というのは、こういう事態には出動しないものなのだろうか?

森友学園と「政治家への陳情」-これが平均的な日本人像?

国有地 国有地払い下げ 森友学園 安倍晋三記念小学校 鴻池祥肇 自民党 日本共産党 口利き

 渦中の森友学園について、ついに国有地の払い下げに関し政治家へ「口利き」を頼んでいた事実が明らかになった。

 3月1日の衆議院予算委員会共産党小池晃書記局長が、某自民党議員事務所の作成した森友学園からの陳情記録メモの存在を明らかにし――

 その自民党議員とは、鴻池祥肇(こうのいけ よしただ)参議院議員であったことも公表したのである。

 鴻池氏はこれに応え、メモの作成と陳情があった事実を認めた。

 そしてもちろん、本件に関して財務局・財務省へ圧力をかけたとか介入したとかいうことはなかったと否定している。

 このことについては産経ニュースが3月1日付で、鴻池氏へのぶら下がり会見の全文をネットに掲載している。

www.sankei.com


 これを読んでまず感じるのは、鴻池氏は(今76歳だが)良く言えば豪放磊落、悪く言えばそこらの柄の悪いオッサンのような話し方をする人だということである。

(彼の事務所員は、彼のことをホントかどうか「おやっさん」と呼ぶらしい。何とも昭和30年代的な雰囲気ではないか。)

 籠池理事長夫妻は兵庫県議を通して鴻池氏に面会し、妻の籠池諄子氏(塚本幼稚園の副園長)は――

 「白い封筒」を“オーオーと泣いて出しよった”らしい。(「気持ち悪いやろ」と鴻池氏は続ける。)

 むろん鴻池氏でなくても、その中身がカネ以外の何物でもないことは一瞬でわかる。

森友学園側は、これは挨拶としての「商品券3万円分」だったと説明している。)


 鴻池氏はプライドを傷つけられ、「無礼者!」と中も開けずにそれを投げ返し席を立ったそうである。

 まるで戦前を舞台にしたドラマの話を聞いているかのようだが、しかし、作り話とは言えないようなリアリティも感じてしまう。たぶんこれは、本当の話なのだろう。

 鴻池氏は「あんなん教育者にしたらいかん。幼稚園も閉じた方がいい」とも言っている。

 そして「政治家の事務所の宿命で、いろんな人が来る」とも言っている。

 私もあなたも、これは真実だと認めざるを得ないだろう。


 役所との交渉が難渋している時をはじめ――

「何かあったら議員(政治家)に頼め」というのは、むしろ日本人の平均的な考え方と言える。

 何かあったら議員に頼め、議員に頼めば効く、議員とはそのためにいる、口利きするのが議員の仕事、それを受けなくて何の議員か、そんな議員は役にも立たん……

 これが世の中の常識とまでは言わないが、しかし広く一般に広まった「庶民感覚」だということは、きっとあなたも認めると思う。

 そしてこんな風なのだから、議員やそのスタッフの側が「いい加減にしろよ」「またヘンなのが来たよ」「めんどくせぇなぁ」とたびたび感じることがあるのも、当然至極のことである。

 籠池理事長夫妻は鴻池氏の事務所に対し、「上から政治力で早く結論が得られるようにお願いしたい」「土地価格の評価額を低くしてもらいたい」などとの露骨な陳情を2013年に9回、2014年に4回はやっていたようだ。

 案の定陳情記録メモには、事務所員の書いた「どこが教育者やねん!」「不動産屋と違いますので。当事者間で交渉を!」との書き込みもあったとのこと。

(しかし、記録メモにこんな“感情・感想”を書き込むのは、日本人の感覚としてはかなり異例である。

 鴻池氏の事務所って、やはり相当に下町的なアットホームな雰囲気があるのだろうか。)


 私には鴻池氏のぶら下がり会見は、かなり説得力があるように感じる。(つまり、ありそうな話だと感じる。)

 政治家・議員というものの日常生活の一端を、かなりのリアリティと率直さをもって語っていると思う。(本当のことを言っているならば当然だが……)

 学園のパンフレットに勝手に自分の写真を使われたりとか、確かにそういうことはありがちだと思う。

 そして、それでも陳情を完全無視することはできないから、事務所から近畿財務局に「こういう話があった」と伝えることも理解できる。

 一方でそのこと自体が、「国会議員の絡む案件だ」と近畿財務局を緊張させ、「配慮しなくちゃ」という気を起こさせるのもわかる。

 あなたはまっとうに「政治家の口利きなんてとんでもない、それで何かが動くのも許せない」と思うかもしれないが――

 しかし、まさにあなたの勤める会社、あなたの親や親戚連、友人や近所の人々が、議員・政治家に口利きを依頼するなど絶対にないと断言することもできないだろう。

 これはもう日本の文化の一つであり、風土とも呼べるものである。

(もっとも、「議員」というものが存在する国では、たぶんどこでもこんな風土はあるのだろうが……)


 なお陳情記録による限り、森友学園の鴻池氏への陳情は、途中で途切れたようである。

 ただし2014年と2015年には、それぞれ10万円の政治献金があったようだ。(鴻池氏はそれを返却しろと指示したとのこと)
 
 国会議員を動かすのに年10万円とは、あまりにも少なすぎると誰もが感じる――

 そしてこの少なさこそ、森友学園が「他の政治家にも」政治献金ないし個人献金していたことの状況証拠になるのだろう。

(そうなると当然、議員一人あたりへの配分額は少なくなるからだ。)
 

 ところで不思議なのは、(私がニュースをよく見てないせいかもしれないが)

 なんで自民党重鎮議員の事務所のメモが、共産党の手に渡ったのかということである。

 鴻池氏側がわざとリークしたのでなければ、どうやって入手することができたのだろう。

 これは、「共産党恐るべし」と感じるべきことなのだろうか……?

森友学園と街宣右翼、「真の逆賊は誰なのか?」

国有地 国有地払い下げ 森友学園 安倍晋三 安倍晋三記念小学校 右翼 安保法制 憲法九条 カルト

 森友学園の運営する塚本幼稚園についてのニュースを、NHKのネット動画で見た。

 それは民進党議員が本日国会質問したときのネタになったもので、幼稚園の昨年の運動会を映したものであった。

 選手宣誓で幼稚園児の男子女子4人が右手を挙げ、

「安倍首相頑張れ、安保法制、国会通過よかったです。日本頑張れ、エイエイオー」

 と唱和している。

 またこの映像にはなかったが、

「日本を悪者として扱う中国、韓国が心を改め、歴史でウソを教えないようお願いします」  

 とも唱和させていたとのこと。


 幼稚園児の可愛い声で言えばどんなことを言おうとも可愛く聞こえる、というのは確かにそうだ。

 しかしこれ、さすがに安倍首相自身もビックラこいたのではなかったかと思う。

 そして私は、「うーむ、キモい、キモ過ぎる」と思わざるを得なかった。

 ここまで行くと、そんじょそこらの宗教団体も顔負けのカルトぶりである。

 幼稚園児に「安保法制国会通過よかったです」と言いましょうと指導するなど、いったいどういう感性からそんな発想が出てくるのだろう。

 この子たちの親御さん、いかに「そういう幼稚園だと知ってて」子どもを入園させたのだとしても、本当にこんな光景を見てニコニコしたりジーンときたりしてるのだろうか?

 確か産経新聞社から出ていた本だと記憶しているが、1970年代の中国の「紅衛兵」(こうえいへい)について述べた節で――

「年端もいかない子どもに政治的活動・発言をさせる連中に、ロクなのがいない」との意味の文章があった。

 私はこれに、全く同意するものである。

 重ねて言うが、「日本頑張れエイエイオー」は措くとして、「安保法制国会通過よかったです」などと運動会の選手宣誓のとき幼稚園児に言わせるなんて、とてもまともな日本人の発想とも思えない。

 一応フォローしておくと、NHKネット動画で見る籠池泰典理事長は、別にそんなにトチ狂った変人のようには見えなかった。

 ごく普通の常識人のように落ち着いた口調で、いかにも良識ある教育者然としている……と言えばそうである。

 しかしやはり、人間、外見だけでは判断できない。 

 この人が幼稚園児に「安保法制国会通過よかったです」と言わせているのだから、全く世の中、油断も隙もあったものではない。

 それにしてもこの人、どうしてこんなにも安倍首相に傾倒しているのだろうか。 

 幼稚園児にあんなこと言わすなんて、よっぽどの安倍首相支持者や安保法制支持者でもドン引く人が多いだろうに……

 そして――

 安倍首相に対してさえもこうなのだから、天皇誕生日や昭和の日など、いったいどんな儀式が行われているのかと興味を持つのは不謹慎だろうか?


 籠池理事長は(このたびの一連の報道のこともあり)生徒集めに苦戦しているのを認めているらしいが、それも当然のことである。

 こんなことさせる幼稚園・小学校に我が子を入園させようなんて、よっぽど奇特な父兄だろう。

 たぶん本件に関して今なお森友学園を擁護する人たちも、いざ自分自身の子のこととなると――

 たとえこの幼稚園や小学校が自宅のすぐ近くにあったとしても、行かせるつもりはサラサラないものと思われる。


 また世間一般について言うなら、太平洋戦争敗戦からずっと続く「国民の通念」が、本件によってまたしても固まってしまったと言えるだろう。

 その国民の通念とは、「天皇陛下万歳とか愛国とか声高に唱える奴は、コワくてロクなもんじゃない」というものである。

 私は子どものことから思ってきたが、あの街中をデカい黒い車で軍歌を大音量で流しながら走る、街宣右翼――

 あれを見て「おお、頑張ってる頑張ってる。自分も天皇陛下のため国のため命を捧げたい」などと感じる人が、はたして一人でもいるのだろうか?
 
 もちろんあれを見る人・聞く人は、「またロクでもないヤクザみたいな連中が走ってる」としか思うはずがないのである。

 はっきり言って彼らは、天皇とか愛国心というものに対する国民感情を、何十年にもわたって悪化させてきたと思う。

 「やっぱり愛国とか天皇とかはヤバいものだ」という心を、ずっと育んできたと思う。

 その意味で彼らこそ、とんでもない逆賊であり国賊だと言うべきではないだろうか?

 たぶん“まっとうな”愛国者天皇崇敬者は、ずっと彼らのことを苦々しく思ってきたことだろう。

(もしかしたら天皇陛下はじめ皇族方も、彼らのことを迷惑がっておられるかもしれない。)


 そして今回の森友学園もまた、「やっぱり“右翼”はロクなもんじゃない」との国民の通念を固めさせる役に立った。

 むろん安倍首相が、本件のことを迷惑がっているのは疑いない。

 なんだか、あえて安倍首相に同情的な表現をすると、「おかしなファンにつきまとわれたアイドル」のように見えるのである。


 先日の記事にも書いたが、私は森友学園のような教育で培養された「愛国者」が、真の愛国者とは思わない。

 そりゃ子どもの頃からこんな教育をしていれば、愛国者になるに決まっているのである。

 だからどうしたというのだろう、何の感銘があるのだろう。

tairanaritoshi-2.hatenablog.com


 
 
 愛国心に限ったことではないが、思想も信条も学識も、自分の意志で選び取ったり作り出したりするものである。

 「子どもの頃から愛国教育を受けてきたから愛国者になりました」って、そんな胸を張って言うようなことか?

 そんなのを作り出したからって、誇りとするようなことなのか?

 
 ここに至ってなお、森友学園の教育方針を弁護する人に聞いてみたいが――

 あなたはもし「憲法九条を暗唱させる」幼稚園があったら、どう思いますか?

 それは「トンデモ幼稚園」で「カルト」だと、直ちにネットに書き込むのではありませんか?

 むろん私もこんな教育で培養された子どもたちを、「インチキ平和主義者」だと思う。カルト宗教の犠牲者だと思う。
  
 それをただベクトルが真反対というだけで森友学園を弁護するのは、当たり前に理にかなっていない。

 「憲法九条暗唱幼稚園」がカルトなら、「安保法制国会通過よかったです唱和幼稚園」もまたカルトと見なすべきである。

 前者がインチキ平和主義者養成施設なら、後者はインチキ愛国者養成施設と見なして然るべきである。


 そして街宣右翼たちも、軍歌を流して街を車で走るよりは――

 駅前のゴミ拾いでもした方がよっぽど国民の支持と天皇陛下への敬愛の念を得られるだろうに、いつになったらそういうことをするのだろうか?

(もしかして、やっている団体があったら申し訳ないが)