プロレスリング・ソーシャリティ【社会・ニュース・歴史編】

社会、ニュース、歴史、その他について日々思うことを書いていきます。【プロレス・格闘技編】はリンクからどうぞ。

織田信長

続・本城惣右衛門覚書の謎-「上様」が誰か知らないなんて

前回記事に続いて、「本能寺の変の明智方従軍者」本城惣右衛門の覚書についてである。 いよいよ彼が本能寺に突入したときの様子は、こうだ。 **************** (原文) 人じゅの中より、馬のり二人いで申候。 たれぞと存候へば、さいたうく…

「本城惣右衛門覚書」に新(真?)解釈-本能寺の変の真相やいかに

1582年6月2日早朝の「本能寺の変」は、「邪馬台国」と並ぶ日本史上の二大誘蛾灯である。 およそ日本史に興味のある日本人で(日本史に興味のある外国人については、よくわからない)、この二つに興味を持たない人は変人と言っても過言ではない。 邪馬台国に…

ニッサン本能寺の変-配下に討たれたカルロス・ゴーン信長

ルノー、日産自動車、三菱自動車工業の会長を兼ね、日本における「経営天下人」みたいな存在だったカルロス・ゴーン氏は、内部告発で検察に討たれた。 彼は自らの不正行為を執行役員らに指示し、 彼らに払われるべき報酬を少なくして自分に回していたという…

2020年大河ドラマは「明智光秀」-戦国時代最後から2番目の真打ち登場&本能寺の変はどう描かれる?

4月19日、2020年の大河ドラマは明智光秀を主人公とした『麒麟がくる』にすると、NHKから発表があった。 ついにというかやっぱりというか、ネット上では相当の反響を呼んでいるようだ。 明智光秀は、戦国時代どころか日本史全体でも最大の謎と人気を誇る「本…

明智光秀の「新史料(原本)」発見、足利義昭は本能寺の変の黒幕なのか

このブログでは、歴史のことも書くことにしていたのだった。 9月12日の産経新聞は、本能寺の変(1582年6月2日=日付は旧暦。以下同じ。)で主君・織田信長を討った明智光秀が、その10日後の6月12日に書いた手紙の原本が発見されたと報じている。 www.sankei.…