読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロレスリング・ソーシャリティ【社会・ニュース・歴史編】

社会、ニュース、歴史、その他について日々思うことを書いていきます。【プロレス・格闘技編】はリンクからどうぞ。

人を殺して人生を終わらせたい人への提言-学校保護者会会長の児童殺しと「住民恐怖の暴言おじさん」

 千葉県松戸市で起こった小学生児童殺し(ベトナム人のレェ・ティ・ニャット・リン(当時9歳)さん)の犯人として、その児童の通う小学校で保護者会長を務めていた渋谷恭正(しぶや やすまさ。46歳)容疑者が逮捕されたことが、世間にショックを与えている。
 しかしこれまた毎度のことだが、1ヶ月も経たず忘れられるに違いない。
(このニュース化社会で、殺人事件1件にかかずらっているヒマはないのだ。世間一般人にもマスコミにとっても。)
 
 そしてこれはAbemaTimes4月17日記事で知ったのだが――
 京都府の落盛雄(おち もりお。64歳)なる人物が、自宅周辺で怒鳴り声を上げて住民を怯えさせているらしい。
 彼は2016年11月に逮捕されるまで104回もの110番通報を受け、京都府迷惑防止条例違反で執行猶予付き有罪判決を受けて2017年2月に釈放されるや、また暴言を繰り返す。
 その暴言は、
「思い知らせたる、アホンダラ、おのれ絶対に許さんぞ!」
「ごちゃごちゃ言わんとよ、110番する前にオレのところに来い!」
「前科1犯にまでさせやがって、その気持ちがわかるか! 思い知らせたる!」
 などである。
 動画も今は見ることができるが、まぁ何というか絵に描いたような品のないオッサンで、非常に人相が悪い。
 今度は脅迫容疑で逮捕されたが、容疑は否認しているとのこと。
 むろん住民は「また帰ってきたら……」と不安に思っている。

 さて、殺人者や異常性愛者(のうち、実践者)が何食わぬ顔して世間で暮らしていることは、みんな周知の事実である。
 ある程度の社会的地位のある者が凶悪犯罪に手を染めているのも、そんなに珍しいことではない。
 渋谷恭正は自ら望んで保護者会長に就任し、通学中の子どもの「見守り活動」も積極的に行っていたという。
 それが世間にショックを与える要因なのだが、当然ながらどこの学校のどこの保護者にも、ヘンなのや犯罪者(まがいの人間)がいるものである。
 いや渋谷の他の保護者たちは、彼が進んで保護者会長になろうとしたこと自体、疑ってかかるべきだったかもしれない。
 なんとなれば、保護者会長だのPTA会長だの、普通はなりたくないものだからだ。
 そんな役職には就きたくない、誰か他の人がやってくれ・やるべきだ――それが現代の「普通の人間の心」なのである。
 しかしやはり、それだけでこの男が幼児性愛者で、殺人までやる人間だと見抜くことはできないだろう。
 いくら学校にはロクデナシの親が多いからといって、ここまで極端な悪人は確かに極めて稀だからである。

 翻って落盛雄のような「迷惑人間」は、それこそ全国津々浦々にいると思われる。
 そういう人間のニュースを我々は間欠的に聞くのだが、それは氷山の一角で、実数ははるかに多いのだろうとは誰でも思うことである。
 この手の人間に社会は(地域社会は)どう対処したらいいのか、若干の思いつきをかつて書いたことがある。
 

 そしてもう一つ思いつくのは――
 「人を殺して人生を終わらせたい」とか「最後にメチャクチャしたい」と思っている人は、まさにこういう迷惑人間をターゲットにすべきではないか、ということである。
 最近で言えば射場健太(いば けんた。32歳)なる男が、ナイフと竹刀を持って保育園に乱入する事件があった。

 射場健太はまさに、この手の迷惑人間を襲撃すべきではないだろうか。
 それは保育園児を襲って殺すより、はるかに生産的なことであるはずだ。
(それどころか、明らかに感謝と賞賛を受けるだろう。当の迷惑人間の近しい親族からさえも。

 もちろんそれには手間がかかる。まずターゲットの住所を知らねばならないが、職もなく他にやることもないのであれば、時間をかければできることだろう。
(なんたって、相手は「名物男」なのである。)
 そして犯行後に動機を明かす――
「報道を見て、付近住民の皆さんの恐怖を見かねてやりました。僕は死んでもいいと思っているので、悔いはありません」と言うのである。
(昔のように『斬奸趣意書』を懐に忍ばせておくのは、少しやり過ぎとみられるかもしれない。)

 これはひょっとすると、一躍ヒーローになるチャンスである。
 付近住民やそれ以外の人たちから、減刑嘆願書の署名が多数集まるのも夢ではない。
 そしてこのニュースが広まれば、全国の迷惑人間は恐れをなして乱行を控える、というのも夢物語ではないだろう。
 それは新たなる抑止力の誕生であり、その余慶は測りがたいほど巨大ではないか?

 やれ自暴自棄になったからって保育園や小学校を襲うのは――
 そういう事件がありふれたことになってしまったこの時代、「凡百のカス」のやることである。
 日々のニュースに耳を澄ませ、どれかの迷惑人間をターゲットに決める。
 そんなことをしていれば、生活に張り合いと目標ができるかもしれない。
 そして事を成し遂げた暁には、時代の求めるニューヒーロー誕生ということになるかもしれない。
 別にそういうことを扇動しようというのではないが――
 しかし今に至るまでなぜ誰もそんなことをしないのか、あるいはしようとも思わないのか……
 あなたもいささか不思議に思うとともに、そんなことがあったらいいなと期待もするのではないだろうか?