プロレスリング・ソーシャリティ【社会・ニュース・歴史編】

社会、ニュース、歴史、その他について日々思うことを書いていきます。【プロレス・格闘技編】はリンクからどうぞ。

2020年大河ドラマは「明智光秀」-戦国時代最後から2番目の真打ち登場&本能寺の変はどう描かれる?

 4月19日、2020年の大河ドラマ明智光秀を主人公とした『麒麟がくる』にすると、NHKから発表があった。

 ついにというかやっぱりというか、ネット上では相当の反響を呼んでいるようだ。

 明智光秀は、戦国時代どころか日本史全体でも最大の謎と人気を誇る「本能寺の変」の立役者である。

 大河ドラマと言えば戦国時代か幕末(江戸時代末)時代ばっか取り上げているイメージがあるが、それは制作陣がそんなものしか作れないからではなく――

 当たり前のことながら、視聴者がそれを望むからである。

www.nhk.or.jp

 

www.huffingtonpost.jp

 

www.nhk.or.jp


 そうしてみると可哀想なのは来年(2019年)の大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺』の方で、いくら『三丁目の夕日』からこのかた昭和30年代が人気だからって、「戦国時代&明智光秀&同時代の武将たち」の素材に勝てるわけがない。

 なんだか放送前から「早よ終われ」なんて思われないか、心配である。

 と言うか大河ドラマは、本当に戦国時代と幕末しかやらなくていいんじゃないか(その方が商業的にも成功じゃないか)と思わないでもない。

 
 ともあれ明智光秀がとうとう主人公になったことにより――

 「日本人なら誰でも名前を知っている戦国武将」で大河ドラマの主人公になったことがないのは、上杉謙信のみとなった。

 光秀は、「戦国時代、最後の大物」から数えて2番目の男になったわけだ。


 ところで大河ドラマと言えば、少年時代の私は「こういうのは近いうち(今の言葉で言えば)オワコンになるだろう」、なんて思っていた。

 それは同じくNHKが日曜昼間に放送している、「全国のど自慢」についても同じ感想を持っていた。

 ところがどっこい、大河ものど自慢も21世紀の今でもピンピン健在である。

 特に大河の場合、ネットがテレビを潰すどころか、ネットによって昔よりずっと大きな影響力を及ぼしているように思える。

 この点NHKは、実に見事にネット時代に適応したと言っていいのではないか。


 そしてNHK大河は、学問の世界(というより “日本史新書本の世界” と言った方がいいか?)の最新の研究成果を取り入れていることで評価を高めても来た。

 きっと『麒麟が来る』も、確かに今までの大河になかった「新しい」信長像・秀吉像・家康像・マムシの道三像・足利義昭像・光秀像を意図的に描くはずである。

(まず間違いなく、「長篠の三段撃ち」は三段撃ちでない形に映像化される。)

 それについてツイッターなんかが賑わうのが、今から目に見えるようではないか……


 とはいえ最大の焦点が、「本能寺の変の真相」にあると目されるのは確実である。

 はたして「最新の研究成果」を取り入れた本能寺の変が――

 光秀単独犯説を採用するのか、

 それとも足利義昭、朝廷、羽柴秀吉織田信忠(信長の長男)が黒幕であるとするのか、

 これを巡ってやっぱりネットでは「大反響」が入り乱れるのが、またまた目に見えるようである。

tairanaritoshi-2.hatenablog.com


 現代日本の明智光秀は、逆臣として嫌われているどころではない。

 むしろ知将、はなはだしくは仁将として、とても人気の高い戦国武将である。

(ちなみに、足利義昭の人気も相当なものだと思う。)


 そしてその前半生は(史料不足により)ほとんど謎に包まれているため、脚本家の自由度も非常に高い。

(つまり、大河「小説」を書くことができる。)


 そのうえ光秀には「熙子(ひろこ)という正妻1人だけを愛し、彼女が死んだときには自らその棺を担いだ」なんていう泣かせる逸話まで残っている。

 もちろんそれらは、『戦国戦記』などの著書がある歴史学者の故・高柳光壽 氏に言わせれば、「誤謬充満の悪書」に書かれている逸話なのであるが……

(しかし「誤謬充満の悪書」って、スゴい言い方である。)


 2020年の『麒麟がくる』は、21世紀に入ってからの大河ドラマ中、最大のスマッシュヒットになる可能性が高い。

 逆に言えば、これほどの素材をチョイスして大コケするなんてことになれば、相当な大恥である。

 私は大河ドラマって21世紀になってから一度も見たことがないのだが――

 その成否がどうなるかだけでも、ちょっと見てみる気にはなるものだ。

「警察も許可がなくては空き家を捜索できない」-広島県向島・刑務所脱走犯と空き家問題の闇

 四国の松山刑務所大井造船作業場という「開放的刑務所」から4月8日に脱走した受刑者・平尾龍磨(27歳)は、広島県尾道市向島という島に潜伏しているとされている。

 そして4月18日現在、警察の大規模な捜索にもかかわらず、まだ捕まっていない。

mainichi.jp

 

www.cyzo.com


 このニュースで最も人々が「バカげてる」「情けない」「そんななのか」と感じたのはやはり、

「警察と言えども(こんな時であっても)空き家には所有者の許可がないと入れない、だから捜索が難航している」

 という話だろう。

 なんだかこれ、諸外国に比べて「不動産所有者の権利が異常に強い」とされている日本ならではの話のように感じられる。

 そもそも諸外国では「個人の土地所有権」なんて観念がなく、「土地は国からの借り物」とされている国も多いのである。

(中国やミャンマーなどがそうだ。)


 しかしおそらく当の平尾受刑者本人は、そんなことになっているとは夢にも思わないだろう。

(新聞やラジオを盗んでいるなら話は別だが……)

 だからやっぱり、潜伏先は住宅点在地の空き家などではなく、人里離れた山奥の見捨てられた小屋などでありそうである。

 そしてやはりいつの日か、いずれ捕まるに違いない。


 それにしても「空き家は犯罪の温床になる」というセリフは誰もが聞いたことがあるのだが、それがこんなに鮮明にクローズアップされたのは平尾受刑者の “功績” である。

 所有者調査と言ったって、どうせ例によって登記簿上の所有者は「田中 市兵衛」とか、明らかにとっくに死んだ人の名前になっていることが多いのである。

 現在の所有者を突き止めようとすれば戸籍などを取り寄せて相続調査しなければならず、やっと判明したあげく相続人(現所有者=共有者)は何十人にも及んだりするのである。

 これは誰しも、「バカバカしい」と感じるだろう。

 
 そして全国の犯罪者・犯罪者予備軍は、「古い空き家に潜めば警察も当分立ち寄れない」と今回の事件で知ってしまった。

(とはいえ先にも述べたように、街中の空き家に潜む度胸のある人間はいないだろうが……)


 どうやらこの対策としては、小規模な・地域限定的な「非常事態宣言」により、警察官に空き家に立ち入る権限を与えるしかなさそうである。

 しかし例によって、そんなことには必ずや反対する人やクレームを付けてくる人がいるものだ。

 そしてそれへの対策としては、「クレームを付けてきた人の名を公表する」または「その人が権利を主張する家屋の場所を公表する」しかなさそうである。

(たぶんこうすれば、文句を付けてくる人は絶無になるかもしれない。

 れっきとした「情報公開」なのだから、やってやれないことはなさそうだ。それなりの正当性はある。)


 すでに向島では、4月14日・15日に予定されていた自転車イベント「グラン・ツール・せとうち2018」が中止されている。

 これだけでも(特に主催者には)莫大な損害である。

(どうせ平尾受刑者が捕まったって、損害賠償請求したって払えるわけがない。)


 今後「空き家問題」が語られるとき、必ずこの事件が引き合いに出されることだろう。

 この事件が空き家問題に関する法整備を加速させることになるとすれば、せめてもの救いになるだろうが……

 
※ところでこの案件、またしても広島県警がらみである。

 なぜだか最近、広島県警がアツい。

tairanaritoshi-2.hatenablog.com

 

tairanaritoshi-2.hatenablog.com

福田財務次官&新潟県知事が性的理由で辞任発表-日本で「同性愛疑惑」報道は自主規制されているか? それで失脚するか?

 4月18日という日は、別に何の因果もない日だと思うが――

 奇しくも財務省福田淳事務次官新潟県米山隆一知事が、ともに性的言動・行動を理由として辞任を発表した。 

 福田次官の方は「複数の女性記者にセクハラ発言をした」から、

 米山知事の方は「出会い系サイトを通じて複数の女子大学生と関係を持ち、金銭を渡していた」からである。

 福田次官の方は週刊新潮の報道、米山知事の方は週刊文春の報道による。

 なお、福田次官の方は本人が「事実関係と違うから裁判で争う」としているのでグレーだが、

 米山知事の方は本人が認めているのでクロなのだろう。

www.bloomberg.co.jp

 

www.sankei.com


 米山新潟県知事については、かつてこのブログで一度だけ触れたことがある。

tairanaritoshi-2.hatenablog.com


 さすが自民党一強の現代なのに、共産党社民党の推薦を得て当選した人だけあって――

 銃剣道の中学武道への採用には反対するわ原発再稼働には反対するわで、典型的な左翼の人のようである。

(いや、別に右翼的な人であってもこの2つに反対する人はいるだろうが、左翼でこの2つに賛成する人はほとんどいないのだろう。)


 それにしても彼、知事の身でありながら出会い系サイトで見つけた女子大生とセックスしてカネを渡すとは、何という大胆不敵だろう。

 私やあなたなら決してやれないことだと思うが、こういうのを性豪と言うのだろうか、それともバカと言うのだろうか……

 彼は50歳とのことだが、どうやら「オナニーで性欲を発散する」という選択肢はなかったようだ。

 どうせインターネットを見るなら、エロ動画を見て一人でやる方がはるかに安全でカネもかからなかったろうに……

 全国のオナニストは、きっと彼を最も軽蔑するに違いないだろう。

 そして週刊文春の文春砲は、またしても現職知事という大物を撃ち落としたわけである。

(なお福田次官の方については、原則に従って裁判で有罪と確定するまでは言及を控えようと思う。)


 ところで「性的スキャンダル」と言えば、何と言っても「同性愛スキャンダル」である。

 世界中で、これで今まで何人の政治家・行政官が失脚してきたことかわからないが――

 私はやはり、今の日本にだって(純愛系の)「男性」同性愛の政治家・行政官はたくさんいると思う。

 では、はたしてこれは週刊誌ネタになるのだろうか。

 週刊文春週刊新潮もそういうネタは摑んでいるのだが、さすがに現代では「それはスキャンダルにならない。むしろこっちが炎上する」と判断しているから報道しないのだろうか。

(むろん報道しないのなら、取材もしていないことになると思うが――)


 当然のことながら欧米では、もはや同性愛者だからって公人が叩かれることはない。

 それどころか積極的に公表している公人だって珍しくはない。

 だが、この日本ではどうか。

 例えば安倍首相や麻生財務相や管官房長官らが男性同性愛者だと判明して報道されれば、それはスキャンダルや辞任理由にならないのだろうか。

 いや、ニューハーフパブに行っただけではどうだろう。

 何となくだが実際のところ、この日本ではやはり大ダメージになるような気がする。
 
 そうなったとき彼らが辞任しないのは、国際的に聞こえが悪いという理由だけではないだろうか。

(「日本では同性愛だとわかったら閣僚が辞任に追い込まれる」なんて聞けば、諸外国では「やっぱり日本は遅れてる」と報じられるのは目に見えている。)


 そしてもう一つ――

 女性同性愛が発覚した場合と男性同性愛が発覚した場合とでは、後者の方がより(メディアではなく一般国民に)叩かれるような気がするのだが、

 というより女性同性愛は、メディアも国民もともに「叩いちゃいけない」と共通に感じるような気がするのだが、

 その印象が正しいのかどうか誰か実験してみてくれないか、などという不謹慎なリクエストもしてみたくなるのである。

tairanaritoshi-2.hatenablog.com


 はたして文春砲も週刊新潮も、同性愛ネタについては「自主規制」しているのだろうか?