プロレスリング・ソーシャリティ【社会・ニュース・歴史編】

社会、ニュース、歴史、その他について日々思うことを書いていきます。【プロレス・格闘技編】はリンクからどうぞ。

史上最大の恐竜の発見-パタゴティタン・マヨラムのさらに上には上があるか? どうして現代に「首長類」は一種しかいないのか?

 このほど学術誌「Proceedings of the Royal Society B」において、地球史上最大の陸上動物が新種として発表された。
 その名は「パタゴティタン・マヨラム」。
 何でも体長37メートル・体重69トン・大腿骨の長さ(高さ)だけでも2.4mに達する、例のティタノサウルス類に属する陸上首長竜とのこと。
 生息年代は約1億年前の白亜紀中期で、それから約3,000万年後に恐竜の時代が終わることになる。

 

natgeo.nikkeibp.co.jp

  

  
 
  さて、巨大生物は男のロマンである。
 それなのにこんなみみっちそうなことを言うのは何だが――
 アルゼンチンの人にとって、つい最近まで“史上最大の恐竜”とされていた陸上首長竜が「アルゼンチノサウルス」と名付けられたのは、少々残念なことかもしれない。
 ビジネス本でもよく書かれ、新日本プロレスG1クライマックスでもさんざん言われることだが、人は「第一位=トップ=優勝者」だけを記憶し、第二位以下はほとんど記憶されないものである。
 「史上最大の陸上動物(恐竜)」がアルゼンチンの名を冠していれば、アルゼンチン国民は一応気分がいいだろう。
 少なくとも全世界のちびっ子たち(の男の子たち)に名が売れただろう。
 逆に登山用具などアウトドア用品の販売で有名な「パタゴニア」という会社にとっては、思わぬ追い風になるかもしれない。
(たとえば、パタゴティタンをイラストにしてロゴに起用するとか……
 ひょっとして、今回のニュースで本当に株価が上がったんじゃないかとも思う。)    
 それにしても「史上最大の恐竜」とは、まるで天井知らずのように際限なく更新されるものである。
 スーパーサウルス、ウルトラサウルス(しかしこれは疑問視)、セイズモサウルス、ドレッドノータス、アルゼンチノサウルスときて、今度はパタゴティタン。
(もっともパタゴティタンは「アルゼンチノサウルス属の新しいグループ」に分類されたそうなので、一応アルゼンチノサウルスの名の権威は保たれたということだろうか……)
 さすがにこれ以上の動物はいない、ありえない、と感じるところではあるが――
 それでも一つでも新しい化石が発見されればそんな見方も一発でひっくり返るのが、古生物学の怖いところでありエキサイティングなところである。
(考古学も人類学もこれに似ている。)

 どうも今までの趨勢から行くと、「パタゴティタンよりさらに上がいる、いずれその化石が見つかる」という方に賭けておいた方が無難そうだ。
 そしてそれが発見される場所は、やはり南米――それもアルゼンチン・パタゴニア・ブラジルだと賭けておけば間違いないだろう。
 またその恐竜の生息年代が「ジュラ紀中期から白亜紀中期」にかけてだということも、ほとんど確実に思える。
 
 ところで不思議と言えば不思議なのは――
 なんでパタゴティタン以下「史上最大級の陸上動物」というのは、揃いも揃って「首長竜タイプ」なのだろうかという点である。
 草食爬虫類といえども、たとえばウシ型(首が詰まっている)、たとえばゾウ型(首でなく鼻が長い)という進化の仕方もあったと思うのだが……
 いったい「首が長い」ということには、どんな利点があったのだろうか。
 「高いところの葉っぱも食えるから」というなら、どうして現代の草食動物で「首長類」はキリンしかいないのだろうか。
 これについては、いずれ時間があればじっくり書いてみたいと思う。

山梨市長・望月清賢(不正採用犯)は税金滞納者だった-「税滞納者でも首長・議員になれる」奇怪な事実、そして公職選挙法の改正

 現職の山梨市長が、市職員の不正採用で逮捕された事件について――
 先日の記事の【蛇足】で、「自宅捜索して証拠が出てきたって、いったいどんな証拠なのか」と疑問を呈した。
 
 これについてすぐ続報が入ってきたのだが――
 何とその証拠とは「複数の依頼者の名前と金額が記されたリスト」という、何ともそのまんまのものだったようである。

 おそらくこれは、紙にして自宅のどこかに置いておいたのだろう。
 「パソコンにデータとして保管しておき、隠した気になっていた」というならまだわかるのだが、こんなものをそんなナマの形で保管しておくなんて、手の付けようのないバカである。
 いったい70歳チンピラの知能程度とは、この程度のものなのだろうか。
 チンピラの上にバカと来ては、もう付ける薬もないというものだ。
 
 この山梨市長、2014年2月2日(2013年度)の選挙で市長に初当選を果たした(わずか389票差で勝利)のだが、次の2014年度にはもう「二次試験(面接)への市長の立ち会いの復活」を行なっている。
 これはもう間違いなく、このときから市職員採用における収賄水増し合格」制度が始まっていたのだろう。
 報道によると、今年度に不正採用された男性合格者の親の口座などから、数百万円に上る出金が確認されたという。
(金持ちである。そして、たかが田舎の市役所の職員に採用されるのにそんな大金を払う人間がいる――しかも複数いるということに悲哀を覚える。)
 
 もちろん今年度の合格者だけでなく、2014年度からの採用者は全て疑いの目で見なければならなくなった。
 2015年(平成27年)4月から2017年(平成29年)4月にかけて採用された山梨市役所職員は、全てワイロを贈って採用された可能性がある。
 すでに警察はそれが誰かを知っているし、そもそも採用担当の市職員は初めからそれが誰かを知っている……
 いやはや、まさに「小さな街の一大疑獄」である。
 本当に実力で採用された人にとっては、まったくたまったものではない。
 
 ところで望月市長、こんな不正採用を(就任してさっそく)やり始めた一因は、「借金だるま」と言われるほどカネに困っていたことにあるようだ。
 
 
 そしてさらに、国(東京国税局)からも山梨県からも山梨市からもたびたび不動産を差し押さえられていたというのだから、まさにホンモノである。
 (山梨市の差し押さえは2008年7月、東京国税局の差し押さえは2017年(!)1月)
 
 

 いや、だが、ちょっと待て――えっ、これっておかしいんじゃないの?
 「山梨市の税金を滞納して差し押さえられた」? 山梨市長になった人が?
 「国税局に差し押さえられた」?  現役の山梨市長なのに?
 なんでだ、なんで税金を払ってない人が立候補できたり市長であることができるんだ?
 ……そう感じた人は、健全な感性の持ち主である。
 これは報道されていないので推測だが、おそらく望月市長は山梨市長になる前もなった後も(今現在も)、山梨市税や国税を滞納し続けているのだろう。
 もしクイズで「税金を払ってなくても自治体の首長や議員に立候補できる。就任することができる。マルかバツか?」という問題が出れば――
 普通の市井の人々の半分くらいは、「またバカな問題出して」と思いながらバツを選ぶのではないだろうか?
 その人たちにとっては、まさか正解がマルだなどということは想像も納得もできないだろう。
 税金を滞納しているのに首長や議員になれるなどというのは、思いもよらない(そんな発想がない)ことに違いない。
 しかしこれは、(驚くべき)事実である。
 税金を払っているかいないかというのは、立候補の要件でも就任する条件でもないのである。 
 
 これはもちろん、百人中百人が「それはおかしい」と感じることだろう。
 どうして山梨市税の滞納者が山梨市長になれるのか、どう考えてもおかしいだろう。
 だが、不思議なことに―― 
 このことを知っている人もまた多いと思われるのに、今まで「これはおかしい。公職選挙法を改正すべきだ」との運動が行なわれたとは、寡聞にして聞いたことがない。
 このおかしさを解消するのは、実に容易だ。
 それはただ立候補届けをする際に、国税・県税・居住する市町村の税の納税証明書(完納証明書)を添付させればよいことである。 
 そんな条件を課したって、候補者にとって大した手間ではないはずである。
 それなのに誰も、国会議員有識者も、誰一人そんなことを広く提案していないように見える。
 
 私にはこれ、今から政治家になろうとする人/今すでに政治家だが何かまっとうに注目を集めたいと考えている新進政治家にとっては、ぜひ主張すべきテーマ・提案だと思えてならない。
 まさかこの提案に、表立って反対する人はいないだろう。(もちろん、現役の全ての議員・首長も含めてである。)
 そしてまず間違いなく、国民ほぼ全員の同意をカンタンに得られる提案でもあるだろう。

 どうでしょう政治家の皆さん、市民オンブズマンの皆さん――
 「立候補届には必ず納税証明を添付させる」という法改正を求め、提案・運動してみては?
 これって実にカンタンに、圧倒的な支持を得られると思うのですが……

グーグル「性差別/反ダイバーシティ文書」事件・その2 あなたは「男性保育士の割合を引き上げる」という目標に賛成ですか?

 ところで日本企業では、管理職に占める女性の割合はわずか6.6%。(帝国データバンク2016年調べ)
 それを政府は、2020年までに30%に引き上げる方針を示している。
 ここで私がいつも思うのは、「保育士」のことである。
 保育士に占める男性の割合は、2010年でたったの2.5%。
 
 最近の割合は見つけられなかったが、それでも最大5~8%程度と言われる。
 これは管理職に占める女性の割合と同程度か、それをも下回る低さである。

 さて、「管理職に占める女性の割合を30%にしよう」と政府が目標を立てることについては――
 できるわけないだろと冷笑するのは別として、世間の人は表立って異を唱えない。
(唱えたら、例によって叩かれるだろう。)

 しかし、「保育士に占める男性の割合を30%にしよう」というのはどうだろう。
 そういえば政府はなぜ、そんな目標を立てる気配もないのだろうか?
 別に男性が「保育士として生得的に女性に劣る」と(まさか)思っているわけではあるまい。
 別に男性が保育士の半分を占めたとしても、何のおかしなことがあろう。
 いやむしろ、その方が望ましい姿なくらいではないか?

 だが思うに、こんな目標を掲げても、世間からはかばかしい反応・支持は得られないだろう。
 それどころか、表立った反発の声さえ上がりそうだ――ことによると、女性たちから強力な声が。
 そして男性自身もまた、こんな目標に心から賛同することはなさそうだ。
 なぜなら彼らは「わかっている」――自分の子ども以外の子どもの世話をしたがる男性は少なく、そもそも志望者がそんなにいないだろうことを。
 
 さて、あなたは「男性保育士の割合を30%(50%でもよいが)にしよう」という目標設定に賛成だろうか。
 反対・反発するとしたら、その理由は何なのか。
 もしあなたがグーグルの匿名男性エンジニア(ジェームズ・ダモア氏)の意見を批判する立場であれば、その理由をひねり出すことは非常に難しいと思われる。
 「男性は女性に比べて保育適性に劣っている」とはむろん言えない。
 「保育はだいたい女がするもの」などと、まさか言えるわけもない。
 「先天的に/生得的に、女は男より保育に向いている」というのは完全に問題外だ。
 まして「男性を児童に近づけるのは危ない、不安だ」と言う(思う)に至っては、もう何をか言わんやである。 
 だからといって「そもそも男性は保育士に応募してこない」と言えば、それは匿名エンジニアの言っていることとたいして違いはないことになる。
(「そもそも女性は管理職になりたがらない」というのも、本当かも知れないが言ったら叩かれるタブーである。)

 なお渦中のジェームズ・ダモア氏、(やはりと言うべきか)すでに他のIT会社からオファーが来ているようでもある。
 確かに、もし私が会社を経営しているのなら、こういう人材にこそ来てもらいたいと思うかもしれない。
 それは「思想が一致するから」というわけではなく、純粋に度胸や勇気を買うからである。
 こういう人は、“先輩や上司や雰囲気に配慮するのがあるべき姿”という道徳観を持ち、だからこそ“先輩や上司や雰囲気に逆らわない(逆らえない)”という真面目で善意な日本の土人社員より、どれほど信頼できるかわからない。
 
 さて私としてはこの問題、とにかく徹底的に能力主義を貫くしか解決策はないと思う。
 男か女かなどどうでもよく、ただひたすらに能力を見て処遇や昇給・昇進を決めるのである。
 企業のリーダーなんて、指導力やビジョンがあれば誰でもよいではないか。
 エンジニアをはじめとする従業員なんて、能力さえあれば誰でもよいではないか。
 これに比べれば性別・年齢・人種や「会社に入った順番」といったものは、吹けば飛ぶようなどうでもいいゴミデータ・カスパラメータである――
 そういう風に割り切ったとき、初めて真の男女平等・公正処遇とダイバーシティが実現すると言えるだろう。
 それが暗黒社会というなら、人間はいつまでも「不公正感」と付き合っていくしかない。
 そう、たとえグーグルといえども……