読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロレスリング・ソーシャリティ【社会・ニュース・歴史編】

社会、ニュース、歴史、その他について日々思うことを書いていきます。【プロレス・格闘技編】はリンクからどうぞ。

ソフトバンク、AI採用開始 その1 「これは体のいい学歴フィルター説」について

 5月29日、ソフトバンクは2018年4月からの新卒採用に当たり、「AI採用」を導入すると発表した。
 人工知能「Watson」(IBM製)をエントリーシート評価に用い、人間がそれを行う時間を75%削減した上で、その浮いた時間を応募者との対面コミュニケーションに当てるそうである。
 この一報をひねくれて解釈すると、「これは体のいい学歴フィルターではないか」との意見がすぐ思い浮かぶ。
 もちろん時間の削減にもなるだろうが、従来もやっていた学歴フィルター作業(学歴の低い人をふるい落とす)を自動化し、そんなおおっぴらに言えないことを「AIの判定」を拠り所に誤魔化そうといういうのだろう、という説である。

 さて、世の会社が採用活動するのに学歴フィルターを用いているというのは、まさに「公然の秘密」である。
 もちろんそれは、「本当はやってはならない悪いこと」という意味で言われることが多い。
 しかし果たして、学歴フィルターは悪いことなのだろうか?

 学歴の高い人間(「いい大学」を出た人間)は頭がいい、よって仕事もよりデキる。
 むろん全員が全員そうではないが、少なくとも学歴が低い人間がそうであるより(はるかに)その可能性が高い――

 これは間違った考えであり、事実に反することだろうか?
 実のところ世の中のほとんどの人は、この考えが正しいことをわかっていると思う。
 なるほど学歴ばかり高く(学歴しか高くなく)、その他の能力(特に、例の“コミュニケーション能力”)が低くて仕事ができない人は多くいるだろう。
 しかし、ではその割合と絶対数は「学歴が低くて仕事もできない人」より高く多いのかと言えば、そんなことはないとみんなわかっているのではないか?

 おそらくソフトバンクの使うAIには――
 『エントリーシートの書き方』といった本に書いてある例文が、ことごとくインプットされるだろう。
 そのまんま書き写したようなシート、つまり有意の一致が見られるシートはハネられるだろう。
 当然、日本語になってないような文章もまたハネられる。(こういう文章を書く人は多いのである。)
 そのあげく、「結果的に学歴フィルターの役を果たしてしまいました」(「いい大学」出の人ばかりシート審査を通過しました)という顛末を迎えるのは、非常にあり得ることと思われる。
 救いがないと言えば救いのない話であるが、しかしソフトバンクのこの一件、やはり学歴フィルター云々を超える重大な意味があると感じずにはいられない。
 以前の記事でも書いたことだが、ついに人類は「AI人事」の時代、「AIによる選別」の時代を迎えたのである。
 

連続企業爆破犯・大道寺将司が病死-妻・大道寺あや子と「今週のどうでもいいニュース」

 偶然か何かの因果か――
 つい先日渋谷暴動事件(1971年)で警察官を殺害した大坂正明が46年越しで逮捕されたばかりなのに、今度は三菱重工など連続企業爆破事件(1974~75年)の犯人で死刑囚だった大道寺将司が、5月24日刑務所で病死した。享年68歳。
 三菱重工爆破事件(1974年、東京・丸の内)と言えば、8人死亡・重軽傷者165人を出すという、日本においては最大規模のテロ事件である。
 彼は1987年にとっくに死刑判決を受けていたのだが、(冤罪の恐れがあるわけでもないのに)例によってと言うべきか、今の今まで生き長らえてきた。
 彼は獄中で俳句を詠んで出版し、その一面「爆弾に人を殺すほどの威力があるとは思わなかった」という失笑ものの理由で再審を求め続けてきた。
(なお、彼の獄中句集『棺一基』は、2013年度の「日本一行詩大賞・俳句部門」を受賞している。
 どうも日本の文学界には、犯罪者の文学活動を高く評価したい/賞を贈りたいという抜きがたい衝動があるようだ。

 しかしこのニュース、現代に生きる日本人にとっては、全くどうでもいい・知る価値もないニュースなのではなかろうか。
 日本赤軍だの(北朝鮮にいる)よど号ハイジャック事件の犯人だの、今の日本人にはすっかり関心の対象外である。
 よど号ハイジャック犯たちもこれから北朝鮮でボツボツ死んでいくのだろうが、そのたびにヤフーニュースに載りはするのだろうが、ほとんど全ての人にとって「ああ、そういう奴らもいたな」程度の感想しか引き起こすことはないだろう。

 もちろん大道寺らのやったことは、見方によっては偉業ではある。
 現代の爆破事件と言えば、そこらの愉快犯が爆破予告して(もちろん本当に爆弾を仕掛けているわけでもなく)学校を休校させたり職場から避難させるのが関の山――
 あるいは(やっぱりそこらの老人が)手製爆弾で公園で自爆死するくらいである。
(2016年10月23日、「冤罪DV」を訴えていた栗原敏勝(72歳)が自宅と自家用車を時限装置で爆破したうえ、宇都宮城址公園で自爆死した。)

 近年の日本のテロは、オウム真理教地下鉄サリン事件をピークにしてはっきりと矮小化した。
 今だって大企業や官庁を爆破するくらいできそうであるが、素人はおろか生き残っているはずの極左過激派だってそんなことをやろうとしないのは、見方によっては退廃であり怠慢である。
 それに比べれば大道寺らは昭和天皇お召し列車爆破を狙って鉄橋に爆弾を仕掛けようとしたこともあるのだから(その爆弾が三菱重工爆破事件に流用された)、テロリストとしては根性も実行力もあると言える。
 もし今、三菱重工や間組(はざまぐみ)の本社が爆破されようものなら、それは大ニュースになるだろう。
(いや、今だったらソフトバンクアパホテルなんかの方が反響が大きいか?)
 しかし、やってやれないことはないはずなのに、今も残る過激派の皆さんはそんな気力も能力も持っていないかのようだ。
(あるいは高齢化しすぎて、爆弾を仕掛ける/持ち込むなどという動作自体ができないのか?)

 それにしても、今も国際指名手配されている将司の妻・大道寺あや子(68歳)は、夫の死をどう思っているのだろう。
 大道寺あや子と言えば、日本全国どこにでも貼ってある指名手配ポスターの一人――
 田舎のバーに何人もいそうな「おばさんホステス」そのものの容貌で、絶大な知名度と印象度を誇る。

f:id:kamakuramin222:20170525011613p:plain

 しかし、この手配写真に載っている人たち、今となってはことごとく「どうでもいい人たち」である。
 北朝鮮や世界各地に散らばっている彼らは、自分たちが現代日本人の興味も関心もさっぱり引かない、老残の身となって死んでいくことにどんな感慨を覚えているだろう。

 革命の季節は過ぎ、爆破に燃えた日々は遠く去り、若き情熱も老いぼれた身とともにほどなく滅びる。
 そして何より彼らのやったことも抱いた思想も、人の記憶からまるで何事もなかったかのように消え失せてしまう。
 それを掘り返してみるのはただ、少数の好事家のみ。
 この世には諸行無常を告げる祇園精舎の鐘の音が絶えず打ち鳴らされていると思うと、なんだか粛然としてくるではないか……

大坂正明、ついに逮捕-21世紀の中核派は「変な宗教」になった

 あの“誰でも見たことのある有名人”大坂正明(67歳)が、ついに逮捕された。
 日本中の至るところに(20代の頃の)顔写真ポスターが貼られている彼を知らない人は、日本人にほとんどいないだろう。
 しかし彼は警官を殺して以来、それでも46年間も逃亡・潜伏生活を続けていた――
 そして最後に、広島市安佐南区のマンションで逮捕される結末を迎えた。

f:id:kamakuramin222:20170523222403j:plain

 ※しかしこの隣の、「さわやか青年」がどうにも気になる……

 何でも彼は、大阪府警が「中核派活動家が兵庫県内のホテルへ偽名で宿泊した事件」に関連して広島市中核派アジトを捜索したところその場に居合わせ、捜査員に体当たりして公務執行妨害で逮捕されたらしい。
(つまり、大坂容疑者を狙った捜査ではなかった。
 なおこの活動家は、中核派「革命軍」メンバーの鈴木哲也(52歳)といい、昔から大坂容疑者の逃走を支援していたようだ。)

 67歳で警察官に体当たりするなどというのはけっこう世間で珍しくないことなのかもしれないが、警官殺しの活動家魂いまだ衰えずというところだろうか……
 
 さてしかし、「中核派」だの「革マル派」だの「過激派」だのと、名前だけは誰でも聞いたことがあるが、その印象と言えば“まだそんな人いるの?”というものであるのは諸行無常である。
 「日本赤軍」や「東アジア反日武装戦線“狼(オオカミ)”」(しかし、名前だけはすごくカッコイイ)もそうだが――
 ああいう団体は2017年の今、いやもう何十年も前から、日本人にとって「変な宗教」同然の扱いとなっている。
 彼らの構成員はそれぞれ3~4千人くらいのようだが、本物の「変な宗教」の方がもっと信者を抱えていそうだ。
 なるほど今でも若者が加入することはあるのだろうが、それはたぶん親がそうだから思想を受け継いだ(教え込まれた)からだという、家内制世襲のようなものになっているのだろう。
(そうでなく純粋に自分の意志で加入する若者というのは、まず間違いなく“変な人”と見なされる。)

 高齢化した彼らはやがて死に絶え、ますます「変な人たち」になっていく。
 そして1960年代~70年代に若者であり、熱気溢れる学生運動に参加していた人たちもまた、ほどなく死んで社会から退場する。
 いや死ぬまでもなく、若い頃のあの運動と思想とをとっくに忘れ去った人が大半であることだろう。
(そして今の日本の首相は、あの左翼過激派の大敵・岸信介の孫の安倍晋三だという現実――)

 今にしてみればあの熱気は、いったい何だったのだろう。
 世は移り変わり、熱気は忘れられ、人生は虚しい……
 合掌。