プロレスリング・ソーシャリティ【社会・ニュース・歴史編】

社会、ニュース、歴史、その他について日々思うことを書いていきます。【プロレス・格闘技編】はリンクからどうぞ。

埼玉県と神戸市がTikTok利用ストップ-中国人民は「中国共産党は中国の邪魔」と考える?

 私は自分が使っていないもので、大阪府・埼玉県・広島県・神戸市が、住民への情報発信や行政業務利用のため動画投稿アプリ「TikTok」(の製造元「北京字節跳動科技(バイトダンス)」と連携協定を結んでいることを知らなかった。

 しかし8月4日、そのうち埼玉県と神戸市が7月には既にTikTok使用を止めていたことが、産経新聞のスクープで明らかになった。

 トランプ政権が米国内でのTikTok使用禁止に動く中――

 「住民の間から、対中安全保障への懸念や情報流出の懸念」が高まってきたことに配慮したから、という。

(⇒ 産経ニュース 2020年8月4日記事:<独自>TikTok利用、埼玉県と神戸市がストップ 対中国安保への不安に配慮 大阪府、広島県も慎重に対応)


 このニュース、なんだか「また声の大きいクレーマーに行政が簡単に屈したのか」と取られないでもない。

 アメリカ企業のマイクロソフトが作るウィンドウズやエクセルやワード、

 同じくアメリカ企業のアップルが作るiPadなどが、

 これだけみんなに使われているのに、

 「こんなことしてたらアメリカに全部情報を奪われる」

 なんてこと言う人は誰もいないのに、である。

 
 しかしもちろんこんな違いが生じるのは、およそ規模の大きい中国企業というのは、すべからく中国共産党の息がかかっていると「みんな知ってる」からである。

 それは、日本における民間企業への役人の天下りどころではなく――

 どうせ中国企業中国共産党と「つるんでる」んだろ、「支配下・統制下にある」んだろ、というのが国際常識みたいなものだからである。


 そして、だからこそトランプ大統領TikTok禁止方針は、中国共産党にとって一大事である。

(トランプがこんなこと言ってなかったら、まず間違いなく埼玉県も神戸市も使用停止になんて至らなかったはずだ。)


 なぜならこれは、中国製品・中国経済のダメージになってしまう、で済む話ではない。

 本当の問題は、中国国内・中国企業自体の中で、

共産党の連中がいるから、オレらの製品がこんな目に遭うんだ。

 邪魔な共産党なんかなくしちまえ」

 という声が高まることである。


 なるほど中国共産党員は、中国の大企業に深く食い込んでいるかもしれない。

 だからといって、中国企業中国共産党支持で一枚岩になってるなどと思うのは、人の心を知らないものである。

 むろんどんな組織にも対立があり、反感があり、溝があり、不平不満があり、

共産党の連中さえいなきゃ、

 わが社が共産党と強制的につるまされてなきゃ、

 オレらの製品はアップルやマイクロソフトみたいに全世界で問題なく売れるのに」

 と思っている社員が、非常にたくさんいるに決まっているのである。

 そしておそらく、中国の分裂すなわち中国共産党王朝の滅亡は、本当にこういう感情によってもたらされるのではなかろうか。

 その意味でトランプは既に、中国共産党王朝との心理戦争に舵を切っている、と言うべきである。

(ちなみに私は、中国共産党王朝は早ければ2030年代、おそらくは2040年代に滅亡すると思っている。

 歴代の中国統一王朝の寿命から見て、そう思うのだ。)

tairanaritoshi-2.hatenablog.com



tairanaritoshi-2.hatenablog.com


 
 
 「中国共産党は、中国の・わが社の商売の邪魔」――

 こんな感情が中国内に広まることは、中国共産党にとって悪夢である。

 そんな風に思われたくなければ、今現在の「国家まるごと天下り」体制を止めなくてはならないし……

 どうせ中国共産党の中の人には進んでそんなことできないし、

 この自分たちにとって大切な「国体」を、何が何でも守りたくてたまらないはずだ。

 

 しかしもちろん、永遠の国体護持は幻想である。

 国体を護持しようとすればするほど、

「オマエら商売の邪魔」 

「オマエらのせいでオレらのモノが売れない、信用されない」

 という人民の敵意は高まるものである。

 今の中国政府が何が何でもトランプ政権を倒したいと思っていても、全く当然と言うべきだろう。
   
 人民共和国が人民に離反されて倒されるという前例は、20世紀中にたくさんあったからである。

「動物犠牲」を野蛮・残酷と思うのはヘイトで文化侵略ではないか?

 今年もイスラム圏では、動物を生け贄に捧げる「犠牲祭」が来た。

 聖地メッカへの大巡礼(ハッジ)のフィナーレを飾る祭りである。

(⇒ AFPニュース:イスラム教の犠牲祭、いけにえにささげられる動物たち)

 それを報じるニュースの記事や写真を見て、「野蛮」「残酷」だと感じる日本人は、かなり多いことだろう。

 世界には他にも、動物(ほとんど全て哺乳類)を生け贄に捧げる儀式・祭りは多く――

 その最大級のネパールでは、一度に20万頭が殺されたこともある。

 さて、端的に聞くが、皆さんはこういうことを「止めるべきだ」「止めさせるべきだ」と思うだろうか。

 いや、動物犠牲に限った話ではなく、世界各地で行われている/行われてきた次のことどもについてはどうだろうか。


捕鯨

●女子性器切除(クリトリス切除) 

●名誉殺人(勝手に男と恋に落ちた自分の娘を殺す、など)

アイヌ民族の入れ墨

●肌の「美白」を褒める風習

●鳥葬(土葬でも火葬でもなく、遺体を鳥に食わせる)

●中国・韓国の犬食文化

●エジプトの猫食文化


 以上のことを「野蛮」「残酷」「止めるべき」「止めさせるべき」と言ったり思ったりするのは、文化への干渉であり侵略であり、一言で言ってヘイトだとならないのだろうか。

 もしかしたら多くの人は、「止めさせるべき」ではなく「止めるように持っていくべき」と思っているのかもしれないが……

 それはやはり、自分や自分たちの道徳律を他人に押しつけようとする「現代ではダメとされている振る舞い」に当たりはしないだろうか。

 
 今、アイヌの文化を継承しようと真剣に努力する人は多い。

 しかしその人たちでさえ、「アイヌの女性は結婚したら唇の周りに入れ墨を入れる」という風習を復活しようなどとは、全く思っていないようである。

 あれはアイヌ文化の核とは言わぬまでも、大事な部分ではあったはずである。

 それを伝えたり復活させたりする動きが全くないということは、アイヌ人の意識も(この領域では)完全に和人化されてしまったとしか言いようがない。

 これは文化侵略・文化破壊の完全な成功例だと思うのだが、皆さんはどうだろうか。


 いや、それは時代の流れであって失われたのも仕方ないことだ――

 そして正直言って、失われたからといってそんなに残念でもない――

 と言うのなら、この世の全ての風習や伝統もそれに該当するだろう。

 
 今の世は、アジア人キャラに白人声優を当てることさえ「文化盗用」だとか非難される状態である。

 そんなとき、捕鯨や動物犠牲や犬食・猫食に対して非難したり反発したりするのは、許されることなのだろうか。

 許されるか許されないかの基準は、一体どこにあるのか。

 これは特に、「欧米文化大革命」中のアメリカ人やヨーロッパ人に、聞いてみたい問題である。

「ブラック企業」は黒人差別か-「黒」系言葉の点検集

 あると思っていたら、やっぱりあった。

 悪質・違法・問題ある企業を指す「ブラック企業」という言葉が黒人差別ではないか、黒人ヘイトに繋がるのではないか、という指摘の登場である。

www.asahi.com


 こういう話を聞いて一般的な日本人が反射的に思い浮かべるのは、「過剰反応」「言葉狩り」という言葉だろう。

 ここ最近の「欧米文化大革命」の動きについて、日本にまでそんな動きを持ち込んでくるな、と思っている日本人は、とても多いはずである。

tairanaritoshi-2.hatenablog.com


 さて、この「ブラック=悪=黒人」の連想環ができてしまうからブラック企業という言い方は止めろ、という声に対し――

 これまでブラック企業という言い方を使ってきた人たちは、上記引用記事でこう述べている。


●「日本の『黒』『ブラック』という言葉には、黒人差別的な社会的・政治的文脈はない。

  それに『腹黒い』などの(黒を否定的に使う)日本語も全て変更しないと一貫性がない」

 (「ブラック企業大賞」実行委員・河添誠 氏)


●「差別の議論の仕方として複雑で、簡単に一言ではコメントできない」

 (『ブラック企業』著者、新語・流行語大賞受賞者、NPOPOSSE」代表・今野晴貴 氏)


 正直、今野氏のコメントは、普通なら「歯切れが悪い」と受け取られる回答である。

 また河添氏は、「黒を否定的に使う日本語も全て変更しないと一貫性がない」としている。

 しかしこれは、効果的な反論であろうか。

 まさしく今、黒を否定的に使う日本語が全て変更される――いや、使われなくなる日が、いよいよ到来したのではないか。


 おそらくこれから放送業界・出版業界で、「黒」のそういう使い方はほとんど廃絶されていくはずだ。

 もちろん放送禁止用語」は放送業界が勝手に内輪で決めただけのものであるが、

 しかしそれが、日本の世間では一般道徳になってしまっている、という前例が既にある。

 テレビ・ラジオや出版界で「使ってはいけない言葉」に設定されてしまえば、それは簡単かつ迅速に一般道徳になることだろう。

 
 おそらく今、今回のニュースに接した多くの人が、

「じゃあ、『黒白(こくびゃく)を付ける』『白黒(しろくろ)ハッキリ付ける』という言い方もダメなのか?」

 と言いたいことだろう。

 それが「反論」になっている、とストレートに思っている人も多いだろう。

 
 しかし、そのとおり――

 これからは「黒白を付ける」も「白黒ハッキリ付ける」も「腹黒い」も、使ってはいけない言葉になるのである。

 そういうことを著者が原稿に書けば、編集段階で直される時代が来るのである。


 「黒白を付ける」のは「コントラストをハッキリさせる、互いの立場をハッキリさせる」という意味だから、別に黒が悪いという意味はない……

 そういう解釈もできなくはないが、しかしやはり曲解というものだろう。

 もちろんこの言葉は、「白=正しい=勝つべき立場」「黒=悪い=負けるべき立場」と解されているに決まっているからである。 

 ではちょっと、この「黒・ブラック」という文字の含まれる言葉がこれからどうなるか、チェックしてみよう。


●「黒いカリスマ」

 プロレスラー蝶野正洋のニックネームである。

 蝶野自身、「オレ、ボランティアしても『黒いボランティア』なんて言われるんだよ」と苦笑していた、なんて記事を読んだ記憶がある。

 これはもちろん、「黒=悪」の連想環に該当する。

 しかし蝶野の場合、本当に黒いファッションをしているから黒のカリスマと呼ばれるという面もあるので、まずはセーフというところか。

 さすがにいくら欧米文化大革命とはいえ、「黒人以外が黒の服を着ることもけしからん」とまではなりそうもない、気がする……

 

●「暗黒の支配者」「暗黒時代」

 まさに「黒=悪」のイメージである。

 おそらくこれは今後、「闇の支配者」「暗い時代・暗夜時代」と言い換えられるのではなかろうか。

 

●「ブラック●●デー」

 ブラックマンデーとかブラックサンデーとか、主に株が大暴落した日を表す。

 これは元々が英語なので、これからは使われないはずである。

 

●「黒魔術」「黒魔道師」

 ファンタジー世界ではお馴染みの名称であるが、これもまさに正義善行の「白魔術」「白魔道師」と対をなす、「黒=悪」そのまんまである。

 これの言い換えはなかなか難しいが、「正魔術」「暗魔術」などと表記されるのではなかろうか。

 

 こういうことを書き連ねていくとキリがないので止めるが、

 たぶん今後は、今まで「ブラック」としていたのを「ダーク」と言い換えることになるだろうと思われる。

 つまり、ブラック企業はダーク企業になる。

 あるいはダーティー企業となる。

(どうしても英語で言いたければ、だが)


 もしかすると、ブラックホール」は「ダークホール」になるかもしれない。(あるいは「吸引ホール」か)

 しかしその中で残りそうなのは、「漆黒(しっこく)」という言葉である。
 
 これは日本では、なにやらカッコいい=良い響きを持つからである。

 
 これからの時代、黒系の言葉の検閲を堂々とくぐり抜けられるのは「漆黒」と「ダーク」ではあるまいか、と予想しておく。