プロレスリング・ソーシャリティ【社会・ニュース・歴史編】

社会、ニュース、歴史、その他について日々思うことを書いていきます。【プロレス・格闘技編】はリンクからどうぞ。

サウジ国営企業がドローン攻撃で原油生産量半減-サウジ王制は21世紀を生き残れない?

 9月14日、サウジアラビアの国営石油企業「サウジアラムコ」の油田がドローンによる攻撃を受け、原油生産量が半減したとサウジ政府が発表した。
 なんでも、(イランの支援を受ける)イエメンのイスラム武装組織フーシ派の仕業らしい。
(そしてフーシ派自身、これが自分たちの攻撃であると声明を出した。)

 もしあなたが「サウジウオッチャー」なら、このフーシ派というのが近年執拗にサウジアラビアへ攻撃を仕掛けているのを知っているだろう。
 そしてまたイランという国が、ヒズボラをはじめとするイスラム圏の「テロ組織」をやたら支援する国だということも知っているだろう。
 かつてフセイン政権のイラクこそ、アルカイダなどテロ組織を支援する国だとアメリカに決めつけられて攻撃・滅亡させられたのだが――
 本当はそういう理由ならアメリカが真っ先に標的にすべきは、むしろイランの方であった。
 そうしなかったのは、ひとえに(語弊があるが)国際政治のアホらしさというものである。 

 それにしても今回の「ドローンによるサウジ油田攻撃」、フーシ派にとっては大戦果である。
 私はサウジアラビアの、しかも政府肝いりの国営企業の油田なんて、対空機銃を初めとする重武装で守られているものと思っていたのだが……
 どうもそうではなく、我々はハリウッドのハイテク兵器・セキュリティ機器の氾濫するアクション映画を見過ぎているのかもしれない。
 詳しい攻撃の状況は知らないが、おそらくはドローンに爆弾を搭載して「特攻」させたものだと思われる。
 こんな格安の費用でサウジ原油生産に大打撃を与えられるのなら、まさにテロリストにうってつけの武器である。
 こんなので名にし負うサウジの原油施設を破壊できるのなら、日本でだってやろうと思えばいくらでもできそうだ。

 ところでサウジアラビアは、よく知られたように「原油で大金持ち」の国である。
 その国が王制であり、王族たちが超大金持ちだというのもよく知られている。
 そしてまた、中東には珍しい?アメリカの緊密な同盟国だということも。
 にもかかわらず、私はサウジアラビアは――つまりサウド家の支配は――、21世紀を生き残れないだろうと感じている。
 結局のところアメリカにとっては、別にサウド家でなくても親米政権でさえあればよい。
 かつ、アメリカは既にイラクを自陣営に変えることができているので、それだけでサウジアラビアの重要性は低下している。
 これで石油の重要性まで(アメリカにとって)さらに低下していけば、ただでさえ敵の多く(かつ、評判もよくはない。イスラム圏だけでなく当のアメリカでも……)積極的に支援する気になれないサウド王家は、ますます立場が危うくなる。
 たぶん21世紀の半ば頃には、本当にそんな風になってしまうのではないか。

 中東においてアメリカが本当に信頼できる(そして離れられない)同盟国は、もちろんイスラエルだけだ。
 そしてイスラエルが滅亡してしまうことにならない限り、サウジアラビアの重要性は今以上には高くならないように思われる。
 つまりヘンな話だが、サウジアラビアの現王制の存続のためには、同じくアメリカの同盟国たるイスラエルが窮地に立つ方がいいのだろう……?

文在寅「タマネギ男」を法務大臣に強行任命-韓国歴代大統領の「逮捕⇒有罪判決」コースを霊視する

 9月9日、韓国の文在寅ムン・ジェイン)大統領は――
 不正疑惑で揺れ揺れの「剥いても剥いても疑惑が出てくる」タマネギ男ことチョ・グク氏を法務大臣に任命した。
 ここ数日、日本のエンタメニュース番組でも、なぜかこの韓国の内政問題が大々的に報道されていたのはもちろん記憶に新しい。
 それにしても、ある人物を指して「タマネギ男と報じられている」と連呼して報道するのは、マスコミ倫理的に問題はないのだろうか。
 なんだか今どき、日本の政治家に対してもこんな蔑称を連呼することはないと思うのだが、しょせん外国の話だからいいのだろうか。
 何となく、あの羽賀研二が「誠意大将軍」と渾名されたことをちょっと思い出してしまった。

 もっともチョ氏の方も、「娘が受けた奨学金は、公的なものでなく娘の担当教授が個人的に出したもの」とか――
 まるで土人国での話のような、にわかには信じがたい弁明をしているようである。

 そして何より思うのは、もしこれが日本だったら……
 いかに二人の仲が良い同志であっても(あるいは強烈な腐れ縁で繋がっていても)、やはりムン大統領はチョ氏の法相任命を断念しただろう、ということだ。
 普通なら、こんなにも疑惑にまみれた存在を、わざわざ強いて取り立てようとは思わない。
 それは日本では、ほとんど政治的自殺に等しい。(と、誰よりも当の本人らがビビリ上がる)

 それなのにムン大統領がそうしなかったのは、何でも「自身の支持層である革新勢力の圧倒的大多数が、チョ氏の任命を支持している」かららしい。
 では、その革新勢力は何で支持するかと言えば、それは「検察改革」が極めて重要だと捉えられているかららしい。
 いったい、そんなにまでして改革したい韓国検察の現状とは、どんなにヒドいものなのだろうか……
 私には全く知識がないのでわからないが、たぶん日本のテレビ局も、あんまりそんなこと解説したくはなさそうである。
 そりゃそうだろう、日本人は検察改革なんてことに、ほとんど食指が動かないのだから。

 それはともかく、私にもあなたにも、きっと見えていることがある。
 あなたはおそらく、未来を霊視できている。
 すなわちムン大統領もまた、韓国歴代大統領の伝統恒例行事である、「大統領辞任 ⇒ 逮捕 ⇒ 有罪判決」というコースに乗るだろうということを。
 これはたぶん、ノストラダムスの予言詩を繰るまでもない未来図である。
 あるいはもしかしたら、ムン大統領が「検察改革」をぜひともやりたいという真意は、まさにそういう連鎖コースを裁ち切りたいから、というものなのかもしれない。
 だが、あなたが親韓だろうと嫌韓だろうと、ムン大統領がやっぱりそんなコースに乗るだろうというのは、だいたい意見が一致するのではあるまいか。

ネッシー「やはり」存在せず-それでも残る「初期型・陸上移動型ネッシー」の謎

 9月5日、ネス湖のDNA調査を行ってきた国際的科学者チームは、

ネス湖に未知の生命体のDNAは全く発見できなかった。

●しかし大量のウナギのDNAを発見した。

ネッシーの正体は、巨大化したウナギかもしれない。

 と発表した。

 「やはり」、あの首長竜型のネッシーなんているわけない、という証拠がまたも重ねられたのである。 

(⇒ 時事通信社 2019年9月5日記事:ネッシー、存在せず=正体は巨大うなぎか-科学者チーム)

 
 そもそもネス湖は氷河期の産物で、恐竜滅亡からはるかに最近になってできた湖だ。

 そしてもちろん、首長竜ほどの生物が本当にいるのなら、もっともっと頻繁に目撃されていなければ絶対におかしい。

 それは「ネス湖は実は、地底にできた穴で外海と繋がっている」とした場合も同じで――

 首長竜は海上に首を出して呼吸しなければならないのだから、今まで何度も日常茶飯事の如くその姿が目撃されていなければおかしい。

 だから今回の科学者チームの発表も、ほとんど全てのUMAファンにとって「予想どおり」としか感じられなかったろう。

 
 ただ私は、それでも「首長竜タイプ」ではなく、「初期型ネッシー」の存在が気にはなりはする。

 初期型ネッシーとは、「樽みたいな太った胴体」に「細い首(?)」と「小さな小さな脚(?)」が付き――

 「陸上を這うようにして道路を横切った」とされる、

 あの「外科医の写真」(超有名な、水面から首長竜の首をまっすぐ突き出している写真)以前の目撃情報のことである。

 それをも超巨大ウナギだと言うのは、やはり説得力に欠けるとしか言いようがない。

(なお、スペンサー夫妻による陸上目撃があったのは1933年、外科医の写真は1934年)


 なお、ネッシーの目撃情報というのには、どうしても「宇宙人の目撃情報」との類似性が感じられる。

 1933年以来、ネッシーを陸上で目撃したという話は、少なくとも私は全然聞かない。

 ネッシー目撃情報において、「陸上タイプ」はほぼ完全に跡を絶ったと言っても過言ではない。

 これと同じく、宇宙人目撃情報においても――

 その初期には呆れるほど多種多様なタイプの「宇宙人」の目撃談があるというのに、今となっては宇宙人と言えばいわゆる「グレイタイプ」、

 すなわち宇宙人と聞けば誰もが思い浮かべる、サブカル化した「胎児みたいに頭の大きなアーモンド型の目」のグレイに収斂された観がある。

 
 あのカニの手を持つ宇宙人、四角い透明ガラスのヘルメットをかぶった宇宙人、羽で飛ぶ妖精ソックリの宇宙人は、今どこに行ってしまったのか。

 そして「陸上を這って移動する」樽みたいなネッシーは、どこに行ってしまったのか。
 
 それとも一部の人が言うように、UFOも宇宙人もネッシーも、物理的現実ではなく「心霊現象(精神現象)」の一種だというのが、もしかしたら正しいのだろうか。

 だからこそ、目撃される姿や形態が、一般人の持つイメージに収斂されてしまうのだろうか。

 これだからネッシーの謎は、どんなに調査しても解けも終わりもしないのだろう……