プロレスリング・ソーシャリティ【社会・ニュース・歴史編】

社会、ニュース、歴史、その他について日々思うことを書いていきます。【プロレス・格闘技編】はリンクからどうぞ。

京アニ放火大量殺人事件の示す予兆-銃なき日本で「放火による大量殺人」志願者は増えるだろう

 2019年7月18日は、日本のアニメ界にとって最悪の日となった。

 2012年に茨城県でコンビニ強盗したことのある41歳の男が――

 京都アニメーションのスタジオがあるビルに入って「死ね」と言いながらガソリンを撒き火を付け、18日22:00現在で33人を死亡させたのである。

 もちろん、放火事件としては平成・令和を通じて最悪の犠牲者数なのだが……

 同時にこれは、「一回の大量殺人」としても、平成・令和どころか明治・大正・昭和を通じてトップクラスの数である。


 41歳の犯人はハンマーと包丁も持参していたらしいのだが、それは全く使わず、受付ロビーに入ってすぐ火を付けたようだ。

 結果的には、(むろん犯人にとっては、)それが「功を奏した」と言えるのだろう。

 今現在、犯人も酷い火傷を負って意識不明の重体らしいが、彼にとっても火の回りの圧倒的早さと勢いは想定外だったと思われる。

 たぶん彼、猛火の中ではありながら、その中で武器を振るい人々を殺傷していく自分の「勇姿」を夢想していたのではあるまいか。

 

 ところで私は昔から、「なぜ放火はもっと起こらないのか?」と疑問に思ってきた者である。

 これは当然のことながら、「なぜ放火による殺人は、もっと起こらないのか?」という意味も含んでいる。

 とにかく放火というのは、極めてイージーでそれこそ誰にでもできる割には、「起こっていて然るべき数」よりはるかに実際の発生件数が少ないように思えるのである。

tairanaritoshi.blog.fc2.com



  

 周知のとおり、世界的にも治安が良いと言われているこの日本にも、大量殺人願望を持っている人間は複数いる。

 それが実行されたというニュースを聞くのも、今の我々には珍しくない。

 それなのに――

 日本の大量殺人と言えば、「刃物」で通行人を刺すか、「車」で轢き殺す/跳ね殺すの2パターンくらいだ。

 もちろんそれは、一般人が銃を手に入れることができないからだが……

 しかし、「放火」という誰でも簡単にできる(はずだ)手段は、なぜか選ばれることが少ない。

(おそらく、大量殺人願望者にとっては、その不確実性が気になるのだと思われる。)


 だがそれも、今までの話である。

 放火などという、低コストで大量の人間を殺傷しうる手段が、今まであまり使用されてこなかったことの方が不思議なのだ。

 何と言っても今回の事件で、全国の大量殺人願望者は、その「効果」を知ってしまった。

 自殺を大きく報道すれば、それに釣られて自殺者が増える――

 というのはあまりにも人口に膾炙した懸念なのだが、

 放火殺人の効果がこれほど高いと報道することは(むろん、報道しないわけにはいかない)、

 全国に散らばり埋もれる大量殺人志願者を触発しないわけにはいかないだろう。


 それにしても今回の犯人が捕まる際に叫んだという、

「(京アニが?)パクリやがって、パクッてばかりいやがって」

 の真意は何なのだろう。

 それは彼がいわゆる「売れない個人作家」のようなものであって、自分が考えたアイデアやキャラを京アニのアニメの中で使われたから、それに対する恨みや憤りなのだろうか。

 それとも(私は全然知らないのだが)、京アニには他社のアニメをパクっているなんていう中傷が、ネット上でよくなされているのだろうか。


 何にせよ、こういう事件があるからこそ、日本人の大半は死刑制度に賛成なのである。

 そして私には、こんなこと提案しても採用される可能性は絶無とはいえ、それでもつくづく思ってしまうことがある。

 それは、死刑とは「死刑囚が人を殺したのと同じ方法で執行する」ようにしたらいいのではないか、という意見である。

 今回の犯人が生き延びて死刑になるなら、それは火炙りの刑で生きたまま焼く、ということだ。


 世の中には、どうしても人を殺したくなる人がいる。

 これはもう、生まれつきにそういう衝動があって日々の生活の中で芽吹いてくるものだから、どうしようもない。

 しかし「死刑になったら自分も同じ方法で殺される」となったら、同じ殺すにしても「痛くない」方法で殺そうとするのではないか、と思うのだ。

 こうした死刑制度にこそ抑止力がある、と感じる人は、決して少なくないのではないだろうか。


 私はアニメは見ないが、しかしそんなことはどうでもよい。

 今回の事件で犠牲になった方々には、哀悼の念を感じないわけにはいかない。

 これは、あまりに酷すぎる事件である。

 しかしまた、こんな事件がこれからも起きるだろうし、我々はそれへの備えもしなくてはならない、ということもまた、痛切に感じるのである。

日本の人口減少幅が最大に-少子化の主犯は早婚を忌避する国民では?

 7月10日に総務省が発表したところによると――

 日本の人口は2019年1月1日時点(人口動態調査)で、1億2477万6364人と前年から43万3239人の減少。

 減少は10年連続で、その減少幅は1968年の調査開始以来、最大を記録したらしい。

(⇒ 日本経済新聞 2019年7月10日記事:人口減少幅最大の43万人、外国人は最多 人口動態調査)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47178730Q9A710C1EA1000/


 いまや「人口減少」と「少子化」は、日本の最大の課題であり危機であるとされている。

 こんなことになるのは何十年も前からわかっていたことなのだが、実際に減りだして初めて「トレンド」になるというのは、

 まるであの「江戸幕府はペリーが来航するのを事前に知っていたが、実際にやってくるまでは『まだ起こってもないことで騒ぐなんて』という雰囲気によって、結局事前の対策をしなかった」という話を思い出させるものがある。

 そしてトレンドになればすぐ始まるのが「戦犯」探しで――

 多くの人は、「こんなことになるとわかっていながら有効な対策をしてこなかった政府」を、(毎度のことながら)槍玉に上げたり上げたくなったりするようだ。

 しかし私には、少子化の原因は明々白々に思える。

 それは別に政府が悪いのではなく、誰が悪いかと言えば我々国民が悪いとしか言いようがないだろう。

 どういうことかというと、日本国民が「早婚」すなわち(特に女性が)20代前半に結婚する、ということをしなくなったのが、少子化の最大の原因なのはわかりきったことだからである。

 いまや日本人女性の平均初婚年齢は、30歳あたりに到達している。

 これつまり、子を産むのについては最も生産性が高い20代を、まるまるロスしているということである。

 
 思うに、江戸時代の人は「未来では、江戸から大坂へ日帰りできるようになる」ことは信じても――

 「女が初めて結婚する年齢は、未来では30歳くらいになる」なんてことは、笑って信じようとはしないだろう。

 彼らにとって、「そんなことあるわけない」に決まっているだろう。

 それが現実になってしまったのは、(もし少子化が本当に「悪」ならば、)我々国民が悪いとしか言えないのではないか?


 日本の少子化を心から憂いながら、

 しかし自分自身や自分の娘が20歳から23歳くらいで結婚するのは「早すぎる」と思う。

 ましてや10代後半で結婚したなんて聞けば、「あ、こいつらDQNだ」と反射的に思う。

 それで出生率が下がるのを日本の危機だと真剣に思うなんて、ちょっと笑えないほどヒドい心の持ちようではあるまいか。

   
 本当に少子化を防ごうと思うなら、我々は(特に女性の)早婚を奨励するしかない。

(あるいは人間同士のセックスで子どもを産むのに見切りを付け、精子卵子を企業に送って子どもを「製造」してもらうしかない。)


 それがイヤだと言うのなら、もちろんそれは国民自身が少子化の道を選択しているということである。

 これが政府の悪政のせいだというのは、もはや言いがかりの域だろう。


 あなたが本当に少子化を憂いているというなら――

 せめて自分の娘には20代前半で結婚するよう仕向けるか、

 せめて10代で結婚する人たちを祝福するか、

 それくらいはすべきである。

 夢にも「早すぎる」なんて反対したり見下したりしてはならない。

 そして企業は企業で、「結婚してない社員は信用できない」(なんて公言する会社が本当にある)なんて言わないで――

 むしろ「結婚してない社員は信用できないから採用しない」くらいの勢いを、世間に見せるべきではあるまいか。

ジャニー喜多川「崩御」と「テレビ局は放送『業者』」という見方

 7月9日、闘病中だったジャニーズ事務所創業者でトップのジャニー喜多川氏が死去した。享年87歳。

 それを報ずる記事では「裏方に徹した」などと書いてあるものもあるが――

 その割にはジャニー喜多川と言えば、ほとんど知らぬ者とてない有名人である。

 あいにく私は芸能界とりわけ男性アイドル界には全く興味がないのだが、「最も多くのチャート1位を獲得した歌手をプロデュースした人物」としてギネスブックにも掲載されるほどの超大物プロデューサーだったらしい。

(もっとも私が彼の名前を知っているのは、その同性愛志向のウワサによってだが……)


 テレビも新聞も、まるで「天皇陛下崩御」のような分量で彼の死を伝えたようだが――

 しかしおそらく、日本人の半分くらいはこのニュースに無関心だったと思われる。

 「ジャニー喜多川が死んだんだって」と職場や家庭で話をする人って、あなたの周りにそんなにいただろうか?


 しかし、にもかかわらずと言うべきか――

 彼の死を伝えるテレビ番組では、ジャニーズ所属や所縁のタレントのみならず、アナウンサーやその他ゲストまで「喪服(黒系の服)」を着ていたとしてやや話題になっている。

 特に日本テレビの『スッキリ!』は喪服率が高かったらしい。

www.j-cast.com


 たぶんこれを聞いたほとんどの人は、

ジャニー喜多川って天皇陛下かよ」

「テレビ局って、ホントにジャニーズ事務所に“忖度”してるよな」

 と思うに違いない。


 だが、これは当たり前と言えば当たり前のことだろう。

 テレビ局とは要するに、公正中立な特別機関であるわけはなく――

(言うまでもないことだが、)「放送業者」「報道業者」であるに決まっている。

 ジャニーズ事務所は、その報道業者のいわば大口取引先である。お世話になっている会社である。

 そのお世話になっている会社の会長が死去したのだから、それは「配慮」も「忖度」もするだろう。喪服の一着くらい着るだろう。

 番組に出るゲストもそれくらい「忖度」するだろうし、そうするのをテレビ局に求められる/ほのめかされるのも別におかしくない話だ。

 
 よくテレビ局も新聞社も「偏向している」なんて批判されるが――

 おそらくそれは、「公共的な立場にありながら、偏った見方をするのは許されない」という、一種の「勘違い」に基づくのだろう。

 テレビ局(NHKは除くが)も新聞社も、当然ながら民間営利会社である。

 とどのつまりは「業者」である。

 そう考えると――本当は、そうとしか考えられないはずなのだが――、別に新聞社やテレビ局が偏向していようと「特定の誰かに配慮」していようと、

 そりゃそんなもんだろう、と軽く受け止めることができるだろう。

 テレビや新聞が言っていることは、「業者」の言うことだと思う――

 そう考えれば、世の中はずいぶんスッキリするのではなかろうか。