プロレスリング・ソーシャリティ【社会・ニュース・歴史編】

社会、ニュース、歴史、その他について日々思うことを書いていきます。【プロレス・格闘技編】はリンクからどうぞ。

ジンバブエ「2億パーセントの男」ムガベ大統領(93歳)失脚-日本とジンバブエ、土人国からの脱却はいつか?

 11月14日、ジンバブエの首都ハラレで、国軍によるクーデターが発生したようだ。

 ロバート・ムガベ大統領(93歳(……))は殺されてこそいないようだが、どうやら軟禁状態にあるらしい。

 そしてムガベの後継者と目されていた(……)妻グレース(52歳)は、ナミビアに逃亡したとも言われている。

 もちろん日本人にとってジンバブエの政変など、あまり興味のないことである。

 一方で、アフリカ諸国ってこんなんばっかりじゃないの、と冷めた目で感じる人もいるだろう。

 

www.huffingtonpost.jp

 

news.yahoo.co.jp


 しかしもし日本人で「ジンバブエ」の名を知っており興味もある人がいるとすれば――

 それは間違いなく、「狂乱のインフレ率」によってのことに違いない。

 ジンバブエハイパーインフレは凄まじく、そのインフレ率は「億」の単位だった。

 今はもうジンバブエ・ドルという通貨単位は使われていない(米ドルに切り替わっている)が、一時は「100兆ジンバブエ・ドル」でパン1斤しか買えなかったのである。

 ただその最高インフレ率というのはネットを見ても様々で――

 「2億パーセント」「500億パーセント」というのから、年間「897垓(がい)パーセント」というのまである。

 

jbpress.ismedia.jp

 

ジンバブエ・ドル - Wikipedia


 これは、未来社会や経済パニックを描こうとする作家さえ、誰一人考えつかなかった(考えついても「バカげ過ぎてる」と書くことを止める)ほどの、マンガのような現実である。

 もしムガベが独裁者でなかったら、こんなことになったのが彼の(政治指導者の)せいだというのは酷だろう。

 しかしムガベは「世界最悪の独裁者」とまで言われていたのだから、やっぱり彼のせいである。

 かつてプロレスラーの安生洋二(あんじょう ようじ)は「200パーセント男」と呼ばれた。

 総合格闘技エメリヤーエンコ・ヒョードルは「60億分の1の男」と呼ばれた。

 それらに倣って言えば、ムガベは「(インフレ率)2億パーセントの男」である。


 それにしても悲しいのは、こんなムガベもかつては「黒人を代表する闘士」だった(と見なされていた)という事実である。

 革命家が革命家に成功すれば、自動的に自分が体制派になる。そしてたやすく抑圧者になる……

 こんなことは今まで何度も起きてきたし、これからも何度でも起きるだろう。

 93歳で大統領を辞めもせず、それどころか「100歳まで生きて死ぬまで大統領」と豪語し――

 さらに後継者として自分の妻を考えていたというのが、老いぼれた革命家・闘士の成れの果てであった。

 こういう人間がこれからも何人でも出てくるかと思うと、まったくやるせない気分にもなるものだ。


 「政治権力/政治家の地位」を一族で世襲する、というのは、その国がどれだけ土人国であるかを判定する最も目立つ指標である。

 この点ムガベのメンタリティは、問題なく「土人の酋長」であった。

 しかし日本人は、これを笑ってはいられない。

 この日本こそおそらく、世界最先端・最大規模の「先進土人国」だからである。

 

tairanaritoshi-2.hatenablog.com

 

tairanaritoshi-2.hatenablog.com


 もしかしたら「土人の国」から脱却するのは、ジンバブエの方が日本より早いのではないか……

 そんなことも、ふと思うわけである。

横綱・日馬富士の暴行事件と札幌「エリート弁護士」のタクシー大暴れ事件-全ての人間は「一般人」である

 大相撲の横綱日馬富士(はるまふじ)が、平幕・貴ノ岩(たかのいわ)をビール瓶で殴って大怪我をさせたとして大問題になっている。

(この2人はどちらもモンゴル人で、10月26日のモンゴル出身力士らの飲み会で事件は起きた。)

 

headlines.yahoo.co.jp

 

headlines.yahoo.co.jp

 

www.nikkansports.com

 


 そうかと思えば札幌市では、企業社長も兼ねる30代エリート弁護士が、タクシー内で運転席アクリルガラスを蹴り壊す&タクシー代を払わず下車するという事件を起こしている。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

headlines.yahoo.co.jp


 さて、これを「世界観」と言ってしまっては大袈裟かもしれないが――

 それでもかねてから思うのは、結局この世の全ての人間は「一般人」だということだ。


 横綱やその他の力士は、「相撲の強い一般人」である。

 弁護士やその他の“レベル(ランク)が高い”と思われている職業に就いている人は、「頭のいい一般人」である。

 総資産何十兆円という地球的大金持ちですら、「とても才能のある一般人」ということになるだろう。

 

tairanaritoshi-2.hatenablog.com

 

tairanaritoshi-2.hatenablog.com


 一般人には、もちろん痴情のもつれで刃物を持ち出す人間がいる。

 ビール瓶で人の頭を殴る者がいる。

 酔ってタクシー内で暴れる奴がいる。

 そういう一般人の誰かが有名人であったり横綱や弁護士や金持ちセレブをやっているのであって、こういう事件がときどき(または頻繁に)起きるのは、むしろ当たり前のことではないだろうか。

 「横綱なのに」「弁護士のクセに」などと思うこと自体が謬見なのであり、この世にいるのは全て一般人である――

 よって、誰が何をしようと、そんなに以外でも何でもない「普通のこと」ではないだろうか?


 このブログでも著作でも何度となく書いている気がするが――

 我々はいい加減、「何らかの高い能力を持つ人間」を「尊敬」したり「特別視」することをやめるべきである。

 日馬富士は、たまたま相撲の強い一モンゴル人イコール一般人である。 

 タクシー大暴れ社長弁護士は、たまたま頭のいい一日本人イコール一般人である。

 一般人がたまたま横綱や弁護士をやっているのであって、別に一般人よりランクの高い「高貴な人間」がやっているのではないのである。

 世界的大企業のトップからスーパーのレジ打ち係に至るまで、一般人が何らかの「やましい点/好ましからざる点」や「癖(へき)」を持っているのは当然だろう。

 それが犯罪という形で発現したなら、罰されるのもまた当然。

 特に日馬富士のやった(とされる)「ビール瓶で頭を殴って大怪我させる」なんてことは、一般人ならとっくに逮捕されている。

 日馬富士も一般人なのだから、もしこの容疑が本当ならすぐ逮捕されるべきである。

 「国技の頂点にある男」などという肩書きは、たまたまそういうものを持っているというだけのことだ。

女児、秋祭りでボランティア老人に叱られPTSD発症⇒主催の深谷市に賠償命令-裁判所の示す「人と接するリスク」

 5歳の女児が祭りの景品に手を出し、ボランティアの80代老人に「大声で」叱られる。

 それで女児がPTSDを発症したということで、東京地裁は祭りを主催する深谷市に20万円の損害賠償を命じる判決を出した。

headlines.yahoo.co.jp

 

www.nishinippon.co.jp

 

www.okinawatimes.co.jp


 この事件が起こったのは、2014年11月のこと。場所は深谷市の施設である「ふかや緑の王国」(ここで毎年恒例の秋祭りが開かれていた。)。

 そして判決が出たのは、2017年の今である。

 まず感じるのは、こんな事件でも3年もかかってしまうということだ。

 そりゃ大抵の人間にとって裁判の敷居が高いと感じるのも無理はない。

 そして上記新聞記事の中では、朝日新聞が一番詳しい内容を伝えている。

 他の2紙はどう読んでも「叱られたこと」がPTSDの原因だという風に書いているが、朝日新聞だけは

「80代のボランティア男性に大声で叱られた。女児は駆けつけた父親の前で泣き出し、父親と男性が口論するのを見て、4カ月後にPTSDと診断された。」

 と書き、“原因は叱られたことではなく、父と80代男性が口論したことの方ではないか”と読み取れることを匂わせているからである。


 このニュースを読んだ人の九割九分が感じるだろうことは、もちろん――

“こんなのでPTSDになって損害賠償がもらえるんなら、自分も小さい頃もらえたのではないか。他にも大勢もらえる子どもがいるのではないか”

 とか、

“そもそもこれでPTSDになるって、(この子が)おかしいんじゃないのか” 

 ということである。

 そしておそらくは、(むろん私は判決文など読んではいないが)裁判官も一応そう思っているのだろう。

 なにせ原告(子ども自身が原告になっているが、当然ながら実質は親である)は190万円の賠償を求めているのに、賠償を命じた額は20万円だけだからである。

 その差額分は、「因果関係があるにはあるが、そこまでではない」または「原告側の“過失”を相殺する」という意味なのだろう。

 とはいえ、原告側が勝訴したことは確かである。

 それがどの程度かは知らないが、「大声で」叱らなければPTSDは生じなかったとの因果関係はある、と断じたのである。

 そしてこの因果関係は、むろん誰にも否定できない。

 そう、たとえ女児が勝手に景品に手を出したにしても、叱りさえしなければ女児は泣きもしなかったしPTSDになりもしなかったろう。

 これは昔で言えば、「当たり前田のクラッカー」の因果関係である。


 さて、ではこういうとき、ボランティアのスタッフらはどんな対応をすればよいか。

 さすがに見て見ぬふりはできまいから、「メッ」とでも優しく注意すればよいか。

 しかし口調はともかく「コワい顔」になってしまって女児が泣き出せば、それはそれで親がやってきて口論になってやっぱりPTSDになったのではないか。

 もうこうなると、人と接すること自体が危険極まる行為である。


 今回の事件では、叱った老人個人ではなく主催者(会場施設管理者)の市が被告になった――

(もちろん、賠償能力のありそうな市を被告にするに決まっている)

 が、たぶんこの老人は罪の意識か怒りを覚えているはずである。

 そしてこの老人自身ばかりか他のボランティアの人たちも、「もうボランティアなんて危険でやってられない」と感じるのに何の不思議があるだろう。

 

 私は、「告白して断られるのが怖いから告白しない」というのは、恋愛離れや非婚化の原因のうち、かなり無視できない要因になっていると思う。

(もしかしたら、経済的要因よりはるかに大きいかもしれない。)

 そして次は、「人と接するのは危険だから接しない」「何かの活動に参加するのはリスクがあるから参加しない」という意識が、日本の祭りやボランティア(そして労働意欲)などを衰退させる番だろうと思う。

 いや、もうそういう時代に入ってかなり経つとも思われる。


 もはや「悪さをした子どもを大声で叱る」のは、時代遅れの所業となった。

 いくらそんな時代を嘆こうとも、公の裁判所さえもそれを肯定しているのである。

 他人、特に子どもの悪さを見て叱ったり注意するのは、とってもリスクフルなことだというのが世の趨勢である。

 時代はやはり、個々人がバラバラになるのが適応的な環境に進んでいるのだ――