プロレスリング・ソーシャリティ【社会・ニュース・歴史編】

社会、ニュース、歴史、その他について日々思うことを書いていきます。【プロレス・格闘技編】はリンクからどうぞ。

習近平国家主席、任期撤廃で終身支配か―「21世紀は中国の時代」と言う人がいない理由と、中国の滅亡カウントダウンへ

 2月25日、中国の国営新華社通信は――

 最高指導者である国家主席の任期を「連続2期まで」と定めた憲法を改正する議案を、中国共産党中央委員会全国人民代表大会全人代)に提出した、と伝えた。

 3月5日に始まる全人代で可決されれば(されるに決まっているが)、今の主席の習近平が死ぬまで国家主席でいられるわけだ。

www.sankei.com

 

www.chunichi.co.jp


 もちろん習近平は、死ぬまで主席の地位にありたいはずである。

 もしいま最高権力者だったら誰も彼も――もちろん私もあなたも、ずっとずっとその地位にとどまりたいと願うに違いない。

 それは人間の人情であって、そうでない人は滅多にいない。

 また、最高権力者でない人たちにも、「今の状態がずっと続いてほしい」「その方が面倒でない」と思う人はワンサカいる。

 これもまた人間の人情である。


 しかしながら、まともな国なら、最高権力者の地位を「任期なし」とすることはしない。

 そういうことをやるのはたいてい三流国家だし、そういうことをやるからこそ三流国家と見なされている。

 いまだに終身独裁者を生み出せるようにするような、バカな土人国だからである。


 ところで中国は今すでに、購買力平価で見れば「GDP世界一、世界最大の経済大国」である。

biz-journal.jp

 

 名目GDPでは2010年にはすでに日本を抜き、2029年にはアメリカをも抜くのではないかと言われている。


 しかし、にもかかわらず……

 「21世紀は中国の時代」というような記事を、我々はあまりネットでも見かけることがない。

 欧米の政治経済学者の中には、いかにもそんなことを言いそうな人がたくさんいるだろうのに、である。

 これはたぶん、あのバブル時代に、「21世紀は日本の時代」とか言っていた苦い経験があるからだろう。

 もう今の政治経済学者には、「21世紀はどこどこの時代」なんてことは、軽々しく言っちゃいけない(言ったら恥をかく)という雰囲気が染みついているのかもしれない。


 しかし中国には、やはり「次の世界覇権国は中国」と言わせるのをためらわせる、何かがあるのだろう。

 「何か」と言っても、別に謎めいたことではない。

 何と言っても中国は、いまだに普通に「ネット統制」をやっている。

 そして今また、「最高指導者の終身支配可能化」なんてことをやってしまった。

 これはむろん、今の中国が根本的に土人国で三流国で、詰まるところ「遅れた国」であることの証明になる。

(「中国人」全般のことを言っているのではないので、念のため。

 あくまで今の「中国政府」のことである。)


 ちょうど1年くらい前このブログで、現在の「中国共産党王朝」の時代は、あと7~32年くらいで終わるだろう、と書いた。

tairanaritoshi-2.hatenablog.com


 この予測、1年経った今でも考え直す必要はなさそうである。

 最近の(明朝以来の)パターンから見て、中国統一王朝の寿命は300年くらい。

 しかしこの動きの速い現代では、100年持てば御の字だろう。

 1949年建国の中華人民共和国共産党王朝)は、たぶん2049年を越えることはできない。

 習近平が終身主席になることは、おそらく後世から「亡国の予兆」扱いされると思う。

 

 歴史的パターンに従い、中国共産党王朝は滅亡する。

 しかしその混乱が早期に収束して新しい統一王朝ができるのか、

 それとも歴史が先祖返りして五胡十六国五代十国の本格的分裂時代が来るのか、

 こればっかりはわからないが……

(とはいえおそらく、ウイグルなんかは独立した上で、本当の中国本土では新しい統一王朝が成立するのだろう。

 この現代で「異民族の侵入・支配」というのは、あまり起こりそうにないからである。)

地球の野生馬はすでに絶滅していたと判明-大繁栄の偶蹄類と大衰退の奇蹄類は、いったい何が違うのか?

 この地球上に、すでに野生の馬は残っていないとのDNA研究結果が、2月22日に発表された。

www.afpbb.com

 
 こんなブログ記事を見つけて読むほどの人なら――

 地球最後の野生馬は、この中央アジアに生息するプルツワリスキー(プルジェワリスキー)馬とかいうものだ、ということを当然「知っていた」はずである。

 今までに出た生物の本では皆そう書いているのだから、私も当然そう憶えていた。

 しかしその通説なり常識は、この発見一発でオジャンになってしまったのだ。

 最近同じことを何度も書いている気がするが、まことに古生物学と考古学は、まるで新日本プロレスYOSHI-HASHIが言うように、

「物事が変わるのは一瞬」を地で行く学問分野である。

tairanaritoshi-2.hatenablog.com


 ところで、馬というものが、もし人類がいなければきっと自然絶滅していただろう生き物だということは、これまた生物好きには「常識」である。

 いや、馬に限った話ではなく――

 馬の属する奇蹄類(奇数の蹄(ひづめ。「指」ではない)を持っている四足哺乳類)というグループ自体が、人類がいなければ(いなくても)絶滅の危機に瀕するグループなのだ。

 試みに、奇蹄類に属する動物名を思い出してみよう。

 すぐ思いつくのはウマサイだが、もう一つ(あの夢を食うという)バクもそうである。

 そして、たったこの三つの科だけが、奇蹄類の全てだという。(種の単位で言えば23種)


 対するに、蹄を偶数個持つ偶蹄類は――

 イノシシ(ブタ),ウシ、カバ、ラクダ、シカ、マメジカ、キリン、ペッカリー、プロングホーンの9科185種を数えるらしい。

http://nihon.matsu.net/nf_folder/nf_mametisiki/nf_animal/nf_animal_kiteirui_guuteirui.html

 人間にとってメジャーな四足哺乳類名をだいぶ網羅し、もちろん個体数でも奇蹄類をはるかに圧倒している。

(ちなみにクジラも、先祖は有蹄類だったようだ。

 そしてもう一つメジャーな動物であるゾウは、奇蹄類でも偶蹄類でもない長鼻類(目)に属する。)


 今回の研究で野生のウマはとっくに絶滅しているとわかったので、残る奇蹄類はサイとバク。

 サイこそ絶滅に瀕する動物の代表格なのは有名で、バクはマレーシアあたりにしか生息していない。

 奇蹄類の存続は、まさに風前の灯火である。

 もちろん飼育馬は世界中にたくさん生きているが、それだってもし人類が滅亡したら絶滅すると思われる。


 さて私の個人的な思いとして、哺乳類の歴史には(その起源を除けば)トップ3の謎がある。

① 人類への知性の宿り

② コウモリの翼の形成

③ 偶蹄類の大繁栄と奇蹄類の凋落

(昔はこれに「④クジラの海への帰還」というのがあったのだが、最近はだいぶ解明されてきているようだ。)


 まず②については、これは爬虫類の翼竜にも(もちろん昆虫にも)起こったことである。

 その意味で、生物史全体を通しての特殊事項とは言いがたい。

 ①は真に謎めいて見えるが、しかし待て……

 ペルム紀あたりの海中に、高度な精神文明を築いていた軟体(よって印象化石以外は残らない)知的生命が生きていなかったなんて、誰が断言できるだろう。

 その意味で、これもまた生物史でただ一度だけ起こったものとも言い切れない。


 しかし、本稿の③は――

 指の数で生物の盛衰が決まる、なんていうトンデモ理論を支持しているように見えないだろうか。

 進化論のセオリーで言うと、偶蹄類が反映して奇蹄類が凋落した理由は、

 「指の数が偶数だったら有利(適応的)であり、奇数だったら不利(非適応的)だから」というものになりそうである。

 ここまで指の数でハッキリ明暗が分かれていると、そう考えるしかなさそうではないか?

 だがいったい、指の数が偶数である優位性とは何だろう。奇数であることの不利とは何なのだろう。


 これは一般に、「偶蹄類は複数の胃を持って、食物を反芻(はんすう)できるから有利」という説明(推測?)がされているようである。

 確かにもっともらしくはあるが――

 しかしそれなら、そもそも奇蹄類って生まれようがなかったんじゃないかとの疑問が何としても残る。

 そもそも「偶数の指があったら複数の胃を持つ」という関連性が、これまた謎である。

 何だかこれ、「足のツボが実は体中のあらゆる部分の健康に繋がっている」なんていう、東洋医学の話を聞いている気がする。

(逆に言えば、東洋医学のこういう考えは、生物学的に正しいのかもしれない。)


 本当にいったい何でまた、指の数が奇数の四足哺乳類は、絶滅の危機に瀕するほど衰退しているのだろう。
   
 食物消化機能が不利だというなら、何でそもそも種として発生してきたのだろう。

 これは、実に謎である。


 最後に――

 人類は、これまでいくつもの動物種を絶滅させてきた“罪”を負っているとよく言われる。

 しかし奇蹄類なかんずく馬に限っては、人類が彼らを絶滅から救ったと言えそうである。

 もし現生人類の誕生がもう少し遅れていれば、地球は馬のない世界になっていたはずだ。

 馬のない世界史というものがいったいどんなものになったか、

 騎馬民族のいない世界史はどんな展開を見せていたか、

 歴史の“if”好きにとっては、相当こたえられないテーマだろう。

歴代最低大統領トランプ、「教師の銃武装で銃乱射事件を阻止」-人民武装権は狂気の沙汰か? 豊臣秀吉の刀狩りは正しかったか?

 アメリカのトランプ大統領は、先日のフロリダ州高校での銃乱射事件の遺族らをホワイトハウスに招いて面会し――

 「教師を銃で武装させて銃乱射犯を阻止するという提案を、強力に支持する」と発言した。

www.bbc.com

 

tairanaritoshi-2.hatenablog.com


 普通の日本人からすれば、「何でそうなっちゃうの?」と感じることは請け合いの発言である。

 この提案、銃規制に大反対する例の圧力団体・全米ライフル協会が以前から主張していたことらしい。

 ほとんどの人にとっては、またしてもトランプの右派への迎合ぶりとバカさ加減を見た気がするだろう。

 「トランプはバカ」とする長いエピソードの羅列に、また1ページが加わった格好である。

(そして2月20日、アメリカの政治学者らからの評価で、トランプは歴代最低のアメリカ大統領になったと発表された。)

www.sankei.com

 

tairanaritoshi-2.hatenablog.com


 もちろんというか当然というか、私も別にトランプを支持しているわけではない。

 特に問題だと思うのは、イヴァンカという自分の娘を外務大臣か筆頭大使みたいに扱っている点である。

 私はなんであれ、こういう血縁主義には反対する。気色の悪いことだと思う。

 こういうのが民主主義の総本山であるアメリカで横行しているのは、人類にとって害としか言いようがない。


 しかし今回のトランプの発言、ただバカだとかアメリカの病理だとか言って片付けるわけにもいかない。

 トランプの言う「銃乱射犯なんてのは(根が)臆病者ばかりだから、銃のない所を狙ってやってくる」というのは、真実の少なくとも一面は確実に突いていると思うからである。

tairanaritoshi-2.hatenablog.com

 

tairanaritoshi-2.hatenablog.com


 そして、全米ライフル協会の主張さえも――「国民にはおのおの武装する権利がある」という考え方についても、ただのビョーキと決めつけるわけにいかないからである。

 特に「国民が武装することを禁止されたら、政府に抵抗できなくなる。横暴な政府を倒せなくなる」という思想は、全くもって正しい理屈と言わざるを得ないのではないか。

 実のところ日本国民こそ、こういう思想を煎じてガブ飲みした方がいいくらいではないだろうか。


 アメリカが今の日本のような厳しい銃規制をしろ、というのは、要するに刀狩りをしろということである。

 人民から武器を取り上げろということである。

 では、昔の日本で豊臣秀吉が刀狩りをしたのは、いいことだったのか。


 秀吉の刀狩りについて現在一般に言われているのは――

 「秀吉は農民から武器を取り上げ、兵農分離を行い、軍事力を武士が独占して封建支配を徹底しようとした」というものである。

 それが江戸時代に引き継がれ、(「鎖国」と相まって)二百年の泰平をもたらした……

 しかし同時に、欧米のような市民の自由は抑圧された/育たなかった、というものである。

 そしてどちらかと言えば今では、秀吉というのは“農民出身のくせに農民には冷酷な封建支配者”、

 刀狩りというのは“農民から武器を取り上げて農民を完全支配する手段”、

 というイメージで捉える人が多いと思う。

 そう説明されれば、「なるほどそうだ」と納得する日本人が多いと思う。

 しかし今のアメリカが刀狩りをやらないことには(国民自身に反対する人が多いことには)、ほとんどの日本人が「これはビョーキだ、トランプもアメリカ人もバカだ」と感じるわけである。

 これはちょっとした倒錯ではなかろうか。


 思うに今のアメリカでは、銃規制するより教師を銃武装させる方がはるかに現実的なのだろう。

 私としては、この件についてはトランプの言うように教師を銃武装させてみればよいと思う。
 
 そうしたら本当に銃犯罪が減少するか、実験してみればよいと思う。

 こう言っては何だが、よその国でそんな実験をしてくれるなら結果を見てみたいものだ。


 しかし、それはそれとして……

 国民武装権・人民武装権というのは有るべきなのか無いべきなのか、

 有った方がいいのか無い方がいいのか、

 これは過去の話では全然なく、むしろもう少し未来になれば、この日本でさえけっこう盛り上がる話題になるはずである。

 だって、今でさえ、「労働組合なんて作るのはケシカラン。会社に刃向かうなんて没義道(もぎどう)だ」なんて言う(他ならぬ)労働者が、日本にはゴロゴロいるのだから……