プロレスリング・ソーシャリティ【社会・ニュース・歴史編】

社会、ニュース、歴史、その他について日々思うことを書いていきます。【プロレス・格闘技編】はリンクからどうぞ。

結局、マスクは効果があるのかないのか

 新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るう中、激しい論争が続いているのが「マスクは感染防止に効果があるのかないのか」だ。
 これについては、最近は「マスクは間違いなく効果がある」「(今までマスクをバカにしてきた)欧米でさえ着用するようになった」とする「効果アリ」派が断然優勢である。
 もちろん日本においては、ずっと前からこの派が優勢であったし――
 今では外国においてさえ、マスクの(国家による)買い占めとか争奪暴動さえも起こっている。
 だが、それでも「効果ナシ」派の声は根強い。
 4月4日にはアメリカの疾病対策センターが、ついに国民にマスク着用を推奨するコメントを発表したが――
 しかし肝心のトランプ大統領は、「しなくてもいい」「たぶん自分はしないと思う」などと、ズッコケるようなことを合わせて言っていた。

 また日本でも、日本医師会の横倉義武会長は4月3日、
「マスクにウイルス防止の役割はあまりない」
「飛沫を浴びて大量のウイルスが入ることは、少しは防ぐことはできる」
「政府によるマスク配布は、それなりに効果はあると思う。国民の安心をつくるということでは」
 と述べている。
 つまり、「少しは」「それなりに」効果はある、しかしそれは「気休め」の心理的効果です、と言っているのだ。

 そして今現在の、最新のWHO(世界保健機関)の見解は――
●感染者が他人に飛沫感染させるのを防ぐ効果は、各種研究で示されている。
●しかし、健常者が家庭内などでマスクを着用することで一定の予防効果があることを示す「限られた証拠」はあるが、地域全体での着用で新型ウイルスを含む呼吸器系の感染症を予防できる証拠はない。
●マスクを着ければ予防できるという過信によって、手洗いや人との距離をとるなど(もっと確実に効果的な)予防措置がおろそかになる「副作用」がある。
 というものである。

 ところがどっこい、4月6日に韓国・蔚山大学医学部が発表した論文では、
 医療用サージカルマスク(一般の不織布マスクとほぼ同等効果)と布(綿ガーゼ)マスクは、新型コロナウイルスに対してほとんどフィルター効果がなかったとのことだ。
 そして、結果として咳をした後のマスクの内側より、外側の方にウイルスが多かったらしく――
 これは、「マスクの外側を触ることの危険性を示している」と述べているらしい。
 つまり、マスクをしている間は(もしかしたら)感染を防げていたとしても、それを外すとき(絶対に外すのだ)ウィルスが手に付着し、それでさらに顔に触れて感染する、という次第となる。
 そうなると、「家に帰ってマスクを外した後、入念に手を洗う」のが対策になるだろうか。
 
 
 
 
 
 
 さて、そしてここに来て、新型コロナにBCGワクチンが効くとかアビガンという薬が効くとか、
 さらには紫外線が効く(ので、夏になれば猛威が収まる)などという説も出てきている。
 
 もしこの「紫外線説」が正しければ、「欧米はマスクを着けないから(アジアに比べて)感染が広まったのだ」という説は揺らぐだろう。
 いやそもそも、コロナウイルスヨーロッパ大陸において強毒性に変化したとの説もある。
 はたしてマスクは、ウイルス防止に効果があるのかないのか。
 これは人類に降って湧いた、新たな「科学上の謎」の一つになるのだろうか。
 こんなのが『ニュートン』で特集されそうな世界的な科学上の謎になってしまうとは、コロナ以前に誰が予測しただろうか……

安倍首相「責任を取ればいいわけではない」発言-日本人に「責任」は禁句である

 安倍首相が4月7日に緊急事態宣言を出した会見での、記者との質疑の際に――

 在日イタリア人記者から

「世界はほとんどロックダウンしています。安倍首相の対策は一か八かの賭けに見えます」

「失敗したらどういう風に責任を取りますか?」

 と質問され、

「例えば最悪の事態になった場合、私が責任を取ればいいというわけではありません」

 と答えたということで、批判が殺到しているそうだ。
 
(⇒ 女性自身 2020年4月8日記事:安倍首相「責任を取ればいいわけではない」発言に非難殺到)

 
 なるほど、もともと安倍首相嫌いの人にとっては格好の餌食である。

 それに対してアメリカ・ニューヨーク州の(評価急上昇中らしい)クオモ知事が、コロナ対策の「責任は私にあります」と言っていることが賞賛され、「日本の政治家ども」と対比されるのもむべなるかなである。

 しかし、素朴に思うのだが――

 まず「失敗」とは、どの程度を失敗と言うのだろうか。

 感染者数が何万人を超えたら失敗で、超えなかったら成功だという基準があるのだろうか。

 いやいや、そんなものは事前に「決める」のではなく世間の雰囲気に「決められる」のであって、そんなことについて責任を取りますなんて、オチオチ言ってられないのが当たり前だ。

(この点、安倍首相も反問しても良かったのではなかろうか。)


 次に「責任を取る」とは、どういうことを言うのだろうか。

 それは、総理大臣を辞めるということか。国会議員も辞めるということか。自民党も離党して政界から引退するということか。

 まさかとは思うが、自殺するということだろうか。

 思うに、かのクオモ知事も、「失敗したら責任を取ります」とは言っても、「責任を取るとは知事を辞めるということです」とすら言っていないのではないか。

 そしてもし総理大臣を辞めたら辞めたで、「それで責任を取ったつもりか」「途中で投げ出しやがって」と叩かれるのは目に見えている。

 それがわかっているのだから、「失敗したら辞めます」と凜として宣言するのもアホらしいではないか。


 そしてもう一つ、外国はいざ知らず――

 この日本において「責任」とは、万人にとっての「悪魔のワード」であることが挙げられる。

 あなたも含め、現代日本人が最もなりたくないものを一つ挙げれば、それは「責任者」というやつである。

 安倍首相の責任を云々するあなたにしても、職場でお客様なんかに「責任取れ」「どうやって責任取る?」と言われたとき、

 本当に「私が責任を取ります」「責任を取るとは会社を辞めるということです」「私の自腹で補償するということです」

 なんてカッコ良く言えるだろうか。

 いや、絶対に言えはしない――と断言するのは、あなたを見損なっているということになるだろうか。


 だからおそらく、日本人に向かって「責任」を云々するのは、愚問であり徒労であり禁句なのである。

 かつてアメリカのルーズヴェルトは、日本の真珠湾奇襲があっても大統領を辞めなかったし、(たぶん)辞めろという声も出なかった。

 しかし今の日本で大統領であったなら、間違いなく辞めろと大規模に言われていたろう。

 現代の安倍首相も昔のルーズヴェルト大統領も、

 そしてコロナ感染を大拡大させてしまった欧米の首相や大統領たちも、みんな辞めて「責任」というやつを取るべきなのだろうか……

ついにコロナ緊急事態宣言-この対応はヌルくて遅いのか?

 4月7日夜、安倍首相はついに新型コロナ対策のための緊急事態宣言を発し、記者会見した。

 その要旨(と私が思う部分)は、次のとおり。


●緊急事態宣言の対象範囲は、東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県、大阪府兵庫県、福岡県の1都1府5県


●その期間は、ゴールデンウイークが終わる5月6日までの1ヶ月間

 なぜなら、「私たちの努力で」人と人との接触機会を最低7割・極力8割削減できれば、2週間後には感染者増加をピークアウトさせ減少に転じさせることができるから。

 その効果を見る意味でも1ヶ月とした。


●現在の東京都では、感染者数が5日で2倍ペースで増加しており、このペースだと2週間後には1万人、1カ月後には8万人を超えることになる。


●電話・オンラインでの病院診療を(初診も含めて)解禁する。


●生活必需品の買い出しなどどうしても外出する場合は、密閉・密集・密接の『3密』を避けるよう徹底してほしい。

 しかし、今まで通り外に出て散歩したり、ジョギングをしたりすることは何ら問題ない。

 しかし、集会・イベント・飲み会・家族以外の多人数での会食も行わないでほしい。


●売上が激減した中堅・中小法人には200万円、個人事業主には100万円支給する。

 固定資産税は減免する。

 消費税や社会保険料の納付は1年間猶予し、延滞金もかけない。


道路を封鎖するなどのロックアウトは決してしない。

 専門家の意見では、そんな必要は全くないし、今の東京や大阪でも不要不急の外出を自粛して普通に生活している限り、感染リスクは決して高くない。

 封鎖を実施して大混乱・感染拡大を招いた海外の都市とは全く状況が違う。


●しかし、地方へ「コロナ疎開」するなんてことは絶対するな。


 ……さて、この緊急事態宣言について、海外諸国からは「強制力がないなんてヌルい」、国内からは「出すのが遅い」と批判が湧き起こっているようである。

 しかし、べつだん私は安倍首相や現政府を弁護しようとする動機もないのだが――

 少なくともヨーロッパ諸国やアメリカからは、ヌルいだの何だの言われたくないものだとナチュラルに思う。

 アンタらのところはいったいどんなザマなんだ、と思わずにいられないからである。

 その辺は安倍首相も、「封鎖をやって却って感染拡大を招いた他の国の都市とは全然状況が違う」と、チクリと言いたくもなったのではなかろうか。

 
 また、「出すのが遅い」との批判については――

 これはもう、「政府・行政のやることは何でも遅い」とする「いつもの」批判パターンではないか、とやはり感じずにいられない。

 あなたはいったい今まで、日本政府のやることが「早い」と評されたのをメディアで見たことがあるだろうか。

 そんなに何でもかんでも「遅く」て、「早い」ことは一度もないのが真実だなどと信じられるだろうか。

 そしてまた本当に宣言を出すのが早かったら早かったで、それはそれで「拙速だ。影響はどうなる」なんて批判が起こったに違いないのである。

 しかもそんな批判をするのは、「遅い」と批判する人と全く同一人物ではなかろうか――
 
 と、たぶんあなたも感じることだろう。

 
 それにしても、

「このままだと1ヶ月後の東京都での感染者数は8万人を超える」

「それを防ぐには、人間同士の接触機会を最低7割・極力8割削減」

 しなければならないというのは、強烈なメッセージだ。

 オリンピック施設を改修して感染者の受入施設にする予定もあると言うが、

 これはまさに「戦争」をイメージさせるとともに、やっぱり「オリンピックどころじゃない」という思いを強くさせる。

 
 そして、ハッキリ言って普通なら、「最低7割の接触減」というのは無謀な目標として嘲笑して然るべき数値である。

 外出禁止令や戒厳令を出すならともかく、こんな数値が「要請」だけで達成可能とは思いがたい。

 逆に言えばこれは、(緊急事態宣言地区内の)日本人が試されている、とも言えるだろう。

 もしこれが成功して感染者数を減少に転じさせられれば、外国の批判も見返すことができるだろう。

 そして、仕事や買い出しは別として――

 花見だの会食だのナントカ会だの単なる友人との物見遊山や遊行など、「不要不急の外出」を1ヶ月しないことくらいは、確かにそんなに難しいことではないのだ。

 
 私としては、今回の緊急事態宣言の内容は、まずまず穏当で妥当なものではないかと思う。

(発出時期については、良いか悪いかたぶん検証もできない。)

 突然降って湧いたこの国難を、「極力家に閉じこもること」で乗り切れるなら、それはむしろヨソの国よりよっぽど安くつくのではあるまいか。