プロレスリング・ソーシャリティ【社会・ニュース・歴史編】

社会、ニュース、歴史、その他について日々思うことを書いていきます。【プロレス・格闘技編】はリンクからどうぞ。

サウジアラビア、自国の大使館内で自国ジャーナリストを拷問殺害?-アメリカはいつサウジと手切れるのか

 トルコの最大都市(首都ではない)イスタンブールにある、サウジアラビア総領事館

 10月2日にそこへ入っていったサウジアラビア(ただし体制批判派)のジャーナリストであるジャマル・カショギ氏が――

 なんと、その中で拷問殺害されたと伝えられている。

 しかもその指示をしたのは、サウジの王族・政府筋だとも言われている。

news.tv-asahi.co.jp

 

www.sankei.com

www.cnn.co.jp


 これが本当だとすれば、サウジアラビアはますます先進国の国民から「ろくでもない国」だと思われるだろう。

(サウジ王室のメンバーたちの乱行だの粛正だのは、まあまあよく知られている。)


 そう、日本人のサウジアラビア観と言えば、

「たまたま石油が湧いて出るから金持ちになった国」

「でも女性はまだまだ抑圧されたりしてる、先進国に比べればずっと遅れた国」

 というものではないだろうか。

(この点ドバイなんて、サウジよりはるかにずっとイメージが良い。)


 しかしそのサウジアラビアと、第二次世界大戦以後ずっと緊密な友好・同盟関係にあったのが、他ならぬアメリカである。

 もう一つ中東で緊密(どころではないが)なアメリカの同盟国と言えば、イスラエルだが――

tairanaritoshi-2.hatenablog.com


 イスラエルについては、まだしもそういう関係にあるのはわかる。

 だがサウジアラビアについては、アメリカはとても日本に対して言ってくれているような「価値観を共有する同盟国」とは言えないはずである。

 思うにたぶん、アメリカとサウジアラビアの関係というのは、地球上で最も道徳的・理念的に問題のある同盟関係だろう。

 サウジアラビアが民主主義だとか男女平等を目指しているとか、いくらサウジファンであってもいささか歯切れが悪くなるはずだ。

 理念的にはサウジという国、アメリカが決して同盟を結んではいけない国の一つであるはずである。

 しかしトランプ大統領は、今のところ「厳しい処罰」はするものの、

 昨年サウジと結んだ1100億ドル相当の武器輸出契約を取り消すつもりはないとのこと。

 あの「メチャクチャ大統領」と一般に思われているトランプでさえ、サウジとの「絆」は取り消すことはできないらしい。

(もちろん、自国の武器業者への配慮が「絆」なんかよりは勝っていようが……)


 ただ、長い目で見れば、いずれアメリカとサウジアラビアは離れていくことになると思われる。

 というより、そうならなければおかしいと思う。

 かつてアメリカはイラン・イラク北朝鮮を「ならずもの国家」と呼んでいたが、21世紀の理念的基準で行けば、サウジだって「好ましからぬ国家」になるはずだからである。

 いずれオーストラリア大陸大陸移動で日本やアジアにくっつくのが確実であるように、

 サウジアラビアアメリカが離れていくのも、今世紀中には大いに確実性がありそうである。

(むろん、サウジの王制が倒れる可能性だってある。)

 確かに今すぐではないが、いずれ、数十年後には……

PDCAは死のサイクル&「面前でご説明しないと無礼」の封建土人国が世界に遅れる

 PDCAサイクルとは、日本で働く人の常識である。

 いくらなんでも、そんなの聞いたこともないという人は「まともな」ビジネスパーソンにはいないだろう。

 しかし、そのPDCAサイクルへのこだわりとやり過ぎこそが日本を世界に劣後させている――

 との記事を、経済ジャーナリストの井上久男 氏が書いている。

news.yahoo.co.jp


 この記事に、私は概ね賛成である。

 そのとおり!と膝を打ちそうな人も多いと思う。

 しかし、特に石田氏はPDCAの初っ端の「P」即ち「Plan=計画」について書いており――

 どうせ先も見えない(何が当たるかわからない)のだから「やってみなきゃわからない」のに、予め立てられるわけもない計画作りに時間を掛けすぎるから、「D=Do=行動」に移したときにはとっくに状況が変わっている、

 こんなことだから日本企業は世界に出遅れるのだ、と言っている。

 これは確かにありそうな話で、実際そういうことが日本中あちこちの組織で起きているのだろう。


 そしてもう一つ、海外からの批判である。


アメリカのベンチャーキャピタル企業の人

 「日本の大企業はシリコンバレーによくやって来るが、1週間で投資決断できるようなことを本社で稟議書を回して半年以上かけて決断する。

  この間にビジネスの環境は変わる。

  米国のベンチャー企業は日本の大企業とは組みたくないというのが本音ですよ」


イスラエルの投資セミナーイベントの講演者

 「日本企業は、提携や投資などを最終決定するのに時間がかかり過ぎる」


 これについても、耳の痛すぎる人が多いだろう。

 自分もそんな日本企業で働いてます、というビジネスパーソンや組織人は夥しい数に上るはずだ。

 しかしこの「日本人は決定が遅い」という批判、それこそ1970年代あたりにはもうあったはずだ。

 日本人は何でもかんでも「本社に相談して決めます」と言うような人種だというのは、当時の民族ジョークにもうあった覚えがある。

 それでも1980年代の日本は世界最強クラスの経済大国を誇っていたのだが、その悪運もついに尽きかけようとしているわけだろうか。


 さて、「日本企業の意志決定の遅さ」は昔から筋金入りだし、世界でも有名だったはずなのだが――

 当然ながら別にそれは、1970年代には誰も言っていなかったはずのPDCAサイクルのせいではない。

 では何のせいかと言えば、このブログでも何度も書いてきた「封建土人性」「封建土人道徳」のせいではないだろうか。


 一例を挙げよう。それは、

●上司やトップに何かを説明・報告するとき、

●その要旨や資料を上司・トップのパソコンにメールすることを、

●あるいはそのメールだけで(直接に面前に行くことなく)説明・報告を済ませるのを、あなたはどう思うか

 というものである。

 思うに10人中9人くらいは、これを「ダメ」だと感じるのではないだろうか。

 いや、ダメというより「無礼」と感じるのではないだろうか。

 なぜなら、

「目上の方の御前に、直接お伺い申し上げて説明しないのは無礼千万」という意識は、相当深く広まり染み渡っているからである。

 たとえ後で直接伺って説明するにしても、事前にその資料をメールで送って「印刷して準備しておいてください」みたいなことをするのは、許されざる無礼だと多くの人は感じるからである。 


 何だろうと「目上」への報告・説明は、とにかく

「紙を用意してお渡し申し上げて」

「直接御前でお目にかかって」

 行わなければ無礼に当たる――

 おそらくはこういう「道徳」が、

テレビ会議システムがあっても使わない

●明らかにメールで済むことなのに「担当者が直接出頭しなければならない」

●ヒドい場合は、トップの部屋にはプリンタさえ置かれていない

 なんてことに繋がっているのだろう。

 トップに「印刷なんて下っ端のやることをさせ申し上げるなんて、そんなことはあってはならない」と考える人は、たぶん日本人の過半数を超えるはずである。

 また、もちろんこういう道徳を持っていれば、電子決裁などの仕組みが「非道徳的」に感じられるのも無理はない。(よって、なかなか導入されない。)

 その結果、上司やトップが忙しかったり出張に出ていたりすれば、その間むなしく意志決定は遅れるのである。

(そう、「出張中なのに説明・報告申し上げるのは無礼」という道徳もここに加わるのだ。

 そしてさらに、「関係部署に相談しないで物事を進めるのは無礼」というのも。)
 
 
 こんなことをやっていれば、それは意志決定は遅れるだろう。世界に遅れを取るだろう。

 そんなことはわかりきったことなのだが、それでも日本人・日本企業は当分の間(このままずっと?)意志決定が遅いままでいるはずである。

 なぜならそれが「まっとうな道徳」だから――

 封建土人国においては、それがまともな人間の「常識」だからだ。

 「日本の常識は世界の非常識」という有名な言葉は、まさに現代にこそ光り輝くのかもしれない。

  
 もうこのブログでも何度か書いてきたが、もしこのような道徳を日本から駆逐しようとすれば、そういう道徳を持つ人間を嘲笑するしかないだろう。

 そういう人々を、「世界に後れを取らせる国賊」とみなすしかないだろう。

 たとえネット上だけでもそんな雰囲気で包囲することができれば、相手が日本人なら割と簡単に陥落するはずである。


 さてところでPDCAサイクルだが――

 これはもうありとあらゆる「計画」づくりにおいて、入れるのが法律で決まっているかのように入れられているものであるのは御承知のとおり。

 しかし本当の問題は「最初にプランを持ってくること」「そのプラン作りに時間を掛けすぎること」ではなく……

 「本当にそんなサイクルを回してるのか、そもそも最初から回そうと思っているのか」

 ということだろう。

 端的に言えばPDCAサイクルとは、「計画に書いとかないといけないことになってるから、書いとく」みたいなものではないか?

 私はどれくらいの企業で、PDCAサイクルが本当に回されているのか知らない。

 しかし、「計画」を作っている企業のほぼ100%がPDCAサイクルというものをそこに書き込んでいるだろうことを思えば、

 とてもその100%が実際にサイクルを回しているとは思えない。

 もし本当に回そうとすれば、その負担は全社的にものすごい「負担」になるはずである。

 この「人が足らない」「でもやらなきゃいけない仕事は増える」御時世に、そんなこと進んでやる人/やりたがる人が、社内にどれだけいることだろう。

 もしかしてPDCAサイクルとは、日本で最も普及した「絵に描いた餅」なのかもしれない。

 いや、そもそも「計画」というもの自体、社内でどれだけの人が「積ん読」にしているものか、「そんなもの読んでるヒマはない」と思われているか、わかったものではないではないか……

富田林逃走犯と同行の44歳(住所不定・無職)も「盗んだ自転車で日本一周旅行」で捕まる-ますます奇観な珍道中

 富田林署を脱走した樋田容疑者について記事をアップしてからわずか1時間ほど後――

 今度は、樋田容疑者と自転車道中を共にしていた44歳男性が逮捕された、とのニュースがあった。

 なんでも彼、今年の7月上旬から8月上旬、和歌山県橋本市で「何者かが盗んで放置していた」自転車を横領したという。

(つまり、盗まれた自転車をさらに盗んだ。)

www.sankei.com


 なんと超有名逃走犯と奇妙な二人旅を続けていたサイクリストは、盗んだ自転車で「日本一周旅行」をしていたというのだ。

 こんな展開はさすがに予想もしていなかったが、この44歳男性は「住所不定・無職」とされている。

 住所不定で無職なのに日本一周旅行をしようなんて……

 なんか俄然、樋田容疑者なんかよりこの人の方に興味が湧いてくるというものだ。

 この日本一周旅行というもの、ひょっとして「日本一周窃盗の旅」というものではなかったか。

 どうも人間として、この人の方がはるかに興味深く思えるのは私だけではないだろう。


 しかもこの人、樋田容疑者のことを

「一人で旅をしたかったのに、勝手に付いてきた。うっとおしかった」

 とか言っている。

 この人は断れない性格なのか、それとも樋田容疑者に断らせない雰囲気があったのか……

 
 だが二人は四六時中一緒だったわけではなく、

「別々に移動することもあり、その場合は事前に待ち合わせ場所を決めて再び合流していた」

 とあるのだから、割と簡単に樋田容疑者を振り払うこともできたと思うのだが、この点は不思議である。


 何にせよ、こともあろうに超有名逃走犯と関わり合いになってしまったのが、この人の不幸だった。

 こんなことさえなければ、「何事もなく」日本一周の旅を完了させることができたかもしれないのに――

(しかしその後の人生プランをどうするつもりだったのか、これも気になる。)


 それにしても脱走犯と窃盗(横領)犯が、共に盗んだ自転車でしまなみ海道や道の駅を通って旅を続けていたというのは、何か詩情すら感じさせるものがある。 

 ネットでよく「映画化決定」と言われることがあるが、これもまたその題材になりそうではないか……