プロレスリング・ソーシャリティ【社会・ニュース・歴史編】

社会、ニュース、歴史、その他について日々思うことを書いていきます。【プロレス・格闘技編】はリンクからどうぞ。

「モモの種」で邪馬台国の所在がわかるのか-ますます信憑性を失う近畿説?

 かの邪馬台国の所在地として、九州説と近畿説が対立しているのは誰でも知っている。

 特に近畿説の最有力候補は、奈良県桜井市にある纒向(まきむく)遺跡である。

 その遺跡で2009年に出土したモモの種を(名古屋大学の研究グループが)今回調べたところ、西暦135年から230年にかけて食べられたものだとわかり、ちょうどその年代に存在したはずの邪馬台国は、やっぱりここにあったのではないかという「論証」を発表したそうだ。

news.yahoo.co.jp


 いったい、その年代のモモの種が発見されたからといって、だからここに邪馬台国があったという「論証」がどうして成り立つのか、非常に不思議だ。

 これって、「その年代のイネの遺物があったから、ここが邪馬台国だ」というのと何が違うのだろう。

 そんなことならやっぱり今までと同じく、日本中どこでも邪馬台国になってしまいそうである。

 モモの種が出たくらいで邪馬台国の所在地がわかるなら、こんなバカみたいに簡単なことはないだろう。

 そしてさらに、上記引用記事の中には――


 もしも卑弥呼が不老不死の西王母にならってモモを食べていたなら、今回の纒向遺跡で大量のモモの種が出土したこととつなぎ合わせ、また年代も合致することから邪馬台国の場所である可能性が高い。


 なんて書いてある。

 「もしも卑弥呼が不老不死の西王母にならってモモを食べていたなら」って、いったいどういう仮定なのだ。

 「今回の纒向遺跡で大量のモモの種が出土したこととつなぎ合わせ」って、そんなのつなぎ合わせていいのか。

 
 いや、私も邪馬台国が本当はどこにあったのかなんて知るわけないし、近畿説は間違っているとももちろん言えないが……

 それにしてもこの近畿説の、「近畿の遺跡で出たものは、なんでもかんでも邪馬台国にこじつける」という姿勢は、いささか度を超して鼻につくように思われる。

 こんな「論証」が成り立つなら、布や鉄鏃(てつぞく。鉄製の矢尻)の出土量は北九州の方がはるかに多いのだから、邪馬台国の所在地はやっぱりそこだと「つなぎ合わせる」論証の方がはるかに説得力があるのではないか。

 どうも今回の「論証」あるいは上記引用記事もまた――

 “ 何かチョッと出てくれば、チョチョッとすぐに何か書ける ”

 という、邪馬台国論争の汲めども尽きぬ魅力の源泉を如実に表しているように見える。 

 そしてこれは特に、近畿説の方にはなはだしいように見える。

 
 「邪馬台国本」を何冊か読んできて感じるのは、どうも近畿説の論者というのは、無意識なのか意識的なのか――

 「邪馬台国とその後の大和朝廷は、つながっていてほしい」という願望・前提・ロマンがあるんじゃないか、ということである。

 しかし私は思うのだが、邪馬台国大和朝廷は「何の関係もない別の国」という可能性の方がむしろ大きいのではないだろうか?

 邪馬台国は一時は強勢を誇ったものの、後継になる国を残さず滅んだ、世界史の中で腐るほどある国々の中の一つである。

 その方がずっとありそうなことのように思える。

 
 なにしろ日本は、今でも「大和朝廷」が続いている国である。(もちろん、天皇家が続いているからだ。)

 もし邪馬台国大和朝廷の前身であり、卑弥呼天皇家の祖先であるならば、なんと日本はその歴史の最初から一度も王朝交代が起こっていないことになる。

(その前には漢に朝貢した「奴国」「倭国王帥升」もいたし、初期大和朝廷は実は王朝交代が何度も起こっていたという説もあるが……)


 しかし、本当に一度も王朝交代が起こっていないというのは、世界的に見てあまりに異常なことである。

 西暦200年代にはもう原・大和王朝が日本列島の最有力勢力であり、それがそのままずっと続いたというのは、やっぱり異常なことである。

 この日本(だけ)がそれほどまでに異常な歴史を持っているというのは、どうにも不自然ではないか?

 せめて一回くらい王朝交代や、諸王朝の興亡が起こらないのはおかしくないか。

 
 私は別に、邪馬台国大和朝廷がつながっていなくても残念には思わない。

 当然、邪馬台国がどこにあってもかまわない。

 邪馬台国が、中国人には「卑弥呼」や「壹与」と書かれた女酋のいた――そしていつの日か滅んだ、大和朝廷とはあまり関係ない一時的な土侯国だったとしても、それはそういうことも当然あるんじゃないのと思う程度である。
  
 そしてまた、近畿の纒向の集落でモモを食ってた人たちがいたなんて、当然あるんじゃないのと思う程度である。

 はっきり言って近畿説というのは――

 ミソもクソも一緒にして、何でもかんでも邪馬台国に結びつけたがる傾向が著しくないか。

 そういうのは多くの古代史ファンに、むしろ「またか」というウンザリ感を与えている気がするのだが……

延岡学園バスケ部コンゴ人留学生選手、審判を殴り倒す-だから何でそんなに部活に必死なのか?

 6月17日に行われた全九州高校体育大会のバスケットボール男子準決勝で、延岡学園(宮崎県)のコンゴ人留学生選手が、審判を殴り倒した。

 審判は口の中を10針縫う怪我をしたとのこと。(これで済んだ、と言うべきだろうか……)

 審判(レフェリー)を突き倒したり失神させるのは、プロレスでは日常茶飯事ではあるが――

 しかしさすがにそれでも、拳でグーパンチするというのはあまり見ない。(絶無かもしれない)

 バスケはこの点、プロレスを超えた。

www.buzzfeed.com

www.asahi.com

 

www.daily.co.jp


 私は高校バスケに興味はないが、しかしわざわざアフリカはコンゴから留学生を呼んでまでチーム強化に努めていたようだ。

 このコンゴ人留学生というのが「日本で勉強したいから」留学してきたわけでないというのは、事情を全然知らなくても推測できる。

 もちろんバスケをさせるため(だけ)に呼んだのであるが、なんとまあ、たかが高校の部活なのに、まるでプロチームのようではないか。

 延岡学園はバスケの強豪らしいが、そりゃこんなことしてれば強豪になれるだろう。

 私はこういうことについて、熱意よりバカバカしさを感じるものである。

 
 例の日本大学アメフト部の殺人タックル事件の記事でも書いたことだが……

 いったい全体、なんで世の中の多くの人というのは、これほどまでにたかが学校の部活に必死こいているのだろう。

 言うも愚かなことであるが、学校は勉強しに行くところである。

 特に高校や大学なんて、本当は「勉強を第一にしたい」と思う人だけが行くべき所である。

 だから本当は、部活なんて(特に、毎日&休日までも何時間も練習するような部活なんて)やってるヒマはないはずなのだ。

 だからやるにしても、それこそ大学のサークル活動程度の気分で楽しめばいいではないか?

tairanaritoshi-2.hatenablog.com

 

tairanaritoshi-2.hatenablog.com


 本当に不思議なことに、世間の人はこれだけ税金の使い方に厳しいくせに、ことスポーツとなるとデレデレした成金のように財布の紐が緩くなるのを見過ごす性質であるようだ。  

 オリンピックがあるからといって大きなスポーツアリーナやそこへ行くための交通路なんてものを作るのに、どうも目立った反対意見が見当たらないのが普通なのだ。

 オリンピックってたかが2週間程度のイベントであり、巨大施設を維持する費用はこれから莫大なものになる、とバカでもわかるはずなのに、である。

 そしてスポーツへの助成というのも、全くこの同一線上にある。


 はっきり言って、スポーツも文化活動も、全て「やりたい人が勝手にやるもの」である。

 それを税金で支援するとかが許されるのは、せいぜい体育館を作るくらいのものだろう。

 もちろん、延岡学園はじめ全国の「強豪校」が留学生まで連れてきてスポーツ部活の強化を図るのは、それに宣伝効果があり、学生募集に資するからという理由が大きいはずだ。

 だが、そんな理由で進学希望者が多くなるということは、結局は勉強よりもスポーツがやりたいという人が多いということである。

 そういうことに税金を支出するというのは、とんだ的外れの使い方ではないのか。

 そして「勉強よりスポーツがしたい」人が高校や大学に進学するというのは、社会にとってとんでもない無駄遣いではないのだろうか。

ペルー「チムー王国」遺跡で生け贄子ども109体発見-多文化共存主義は正しいのか?

 6月14日、南米ペルー北西部のチムー王国(900年頃~1470年頃)の遺跡で、子どもの遺体109体が発見された。

 雨乞いのためだか何だか知らないが、そのための儀式で生け贄に捧げられたようである。

headlines.yahoo.co.jp


 まったく酷い話であるが、昔は世界中どこでもこの手のことをやっていた。

 しかし中米・南米というのは、世界史の中でも最も遅くまで――そして最も大規模にこの手のことをやってきたことで際立っている。

 中でも有名なのは、あのアステカ王国(今のメキシコ)の生け贄儀式である。

 平段を積み重ねたタイプのピラミッドの頂上で、戦争捕虜や子どもなどを石のベッドに横たわらせて胸を裂いて心臓を取り出す。

 死体は階段から落とし、それに人々は群がったという。(そして肉を食った。)

 こんなのが百人単位・千人単位で行われていたというのだから、まさに社会的狂気である。

 しかしもちろん、当のアステカ人やチムー王国人らは、これが狂気の沙汰だとは思っていなかったろう。

 そんなこと言われたら怒り出し、これは神聖な、我々にとって大事な伝統だと抗弁したろう。

(生け贄になる子どもたちでさえ……)


 さて、これは世界史をざっと見たことのある人(つまり、学校教育を受けた全員)が必ず感じたはずなことは……

 ヨーロッパ、特にスペインが、こんな生け贄王国を滅ぼしたのは、実は「良かった」「イイコトした」のではないか、という疑問である。

 むろんスペインが新大陸で暴虐支配の限りを尽くして(おまけに天然痘まで持ち込んで)、先住民を激減させた(中には本当に全滅した種族もある)ことは、よく知られている。

 それはもう間違いなく「悪」とされている。

 しかし、では、スペインが先住民王国と友好的な交易関係を結ぶ選択をしていたとして――

 それはつまりアステカやペルーの狂乱の生け贄王国を存続させることになったということなのだが、それでいいのだろうか。

 このことは現代世界でも問題なのであって、たとえばアフリカなどではいまだ女子のクリトリスを切除する「割礼」というものがはびこっている。

 こんなのを残酷・野蛮と思わない人は先進国にはいないのだが、しかしやってる当人たちは「これが大切な伝統だ」と言い張るに決まっているし、口先だけでなく本当にそう思っている。

 そしていまだ公然と女性差別を――女性は男性より劣っているとしている地域や個人は世界中にゴマンとあるが、もちろん彼らはそれが正しいと思っている。

(もちろん、当の女性さえもである。) 


 世界には色んな文化がある、それは互いに尊重し合い、共存していくことが大事なんだとは誰でも言うが――

 しかしでは、クリトリス切除文化や「女は布で全身を覆え」文化、生け贄王国などの伝統文化も尊重し、共存すべきものなのか。

 そうでないというなら、外の世界は彼らを地道に「改宗」させるべきなのか、それとも武力を用いてでもそんなことは止めさせるべきか。

 だがそれは、昔のスペインがやったような文化破壊であり、かつ傲慢というものには当たらないのだろうか。

 そして我々日本人は欧米人に対し、「イレズミ(タトゥー)なんかは野蛮でヤクザの象徴だから止めなさい」と根気よく説くべきなのか。

 今でも精霊に捧げるために哺乳動物を生け贄にする人たちは世界中にいると思うが、そういうのも積極的に止めさせるべきなのか。


 現代日本は、少なくとも口先だけでは、誰もが多文化共生主義者である。

 しかしそれなら、以上の疑問にも答えを持っていなくてはならないだろう。

 もし生け贄文化を堅持する国が、今でも存在しているなら――

 アステカ王国チムー王国がいまだ健在なら、たとえば「凶悪死刑囚のみを生け贄にする」くらいにソフトになっていたら……

 多文化共生主義というのは、そんなに簡単気軽に賛同できない主義であるはずである。