プロレスリング・ソーシャリティ【社会・ニュース・歴史編】

社会、ニュース、歴史、その他について日々思うことを書いていきます。【プロレス・格闘技編】はリンクからどうぞ。

サマータイムの経済効果は7000億円?-「経済効果」は現代のホラフキ錬金術か

 安倍首相は2020年の東京オリンピックの猛暑対策として――

 2019年と2020年限定で、サマータイム(夏期の時間を夏の時間を2時間だけ繰り上げる)を導入するか検討に入るよう指示したそうだ。

 まずいつもながら思うのは、つくづく日本人(のかなり大きな部分)は、「オリンピック」というものを一生畢生の一大事・超ビッグイベントとして捉えるのだなあ、ということである。

 たかがあんなスポーツ大会なんかに大金をかけ莫大な情熱を注ぐ様は、競技そのものよりはるかに壮観と言えるだろう。

 ハコモノつくりというのは決まって批判を浴びるものだが、なぜかオリンピックのためとあらば、デカい競技場やアリーナを作っても批判の声はほとんど報じられない。

 たった2週間のイベントを当て込んで作った巨大施設が、その後は莫大な維持費がかかってとてもペイすることなどないなんて、どんなバカにもわかりそうなものなのに……

 マスコミも何も揃いも揃って、まるで「オリンピックのための事業に反対する奴は非国民・不謹慎」と言わんばかりの姿勢である。


 しかし、それはさておいて――

 何でも第一生命経済研究所エコノミストの試算によれば、サマータイム導入の経済効果は7000億円に及ぶという。

 それどころか2005年に導入していれば1兆2094億円の経済効果があったはずらしい。

www.jiji.com

 

www.zaikei.co.jp


 この「経済効果」の試算額というもの、メディア上でしょっちゅうよく見る数字である。

阪神タイガースが優勝したときの経済効果は何百億円、とか……)


 もちろん私はエコノミストでも何でもないので、経済効果の計算などできはしない。

 しかし大昔からずっとずっと思ってきたのは、この「経済効果の額」というのは――

 現代の最大規模の錬金術であり、つまるところデタラメ・ホラフキ数値ではないのか、ということである。


 思えば我々は生まれて死ぬまで、いくつ「経済効果は○○億円」という報道を聞くかわからない。

 あなたが今まで聞いてきたそれを累計すると、たぶん数十兆円くらいは行くのではないか。

 しかしそれなら、これだけ多くの経済効果が生じているなら、日本経済はそれこそ永遠の成長を遂げているはずである。

 失われた10年も20年も、そんなものはなかったはずだ。

 だが、単純に考えて……

 サマータイムを導入したら経済効果が(名目GDPが)爆上がりするなんてこと、そんなに世の中も経済もチョロくない、のではないだろうか。

 そういえばジンバブエでもあなたの地元の地域でも、「経済効果」のあるイベントや事柄なんてしょっちゅう起こっているはずである。

(あなたの街の公民館まつりだって、経済効果の試算をすれば何百万円は弾き出せそうだ……)


 しかしそれなのに、ジンバブエはいつまで経っても経済大国になることもなく、あなたの街のシャッター通りが甦っているわけでもない。

 そしてもう一つ単純に考えるなら、経済効果が7000億円あるということは、個人個人の「何かについて」支出する合計額が7000億円増えるということである。
 
 と言うことは当然ながら、その「何か」以外の他の分野に支出するカネが少なくなる、ということに他ならない。

 つまり経済効果が7000億円あると言ったって、差し引きすればゼロとなる。

 国富への寄与はゼロということにならないか。


 もしかしたら私はトンチンカンなことを言っているのかもしれないが、しかしやっぱり、以上のことは基本的には正しいことのような気もする。

 それにつけても思うのは、エコノミストの皆さんには是非、


●エロコンテンツの局部モザイク解禁

●赤線地帯復活

憲法改正

元号廃止

マリファナ解禁


 の経済効果も試算してほしいものである。

 これらは全て、いや、この世の森羅万象ほぼことごとく、少なくとも億円単位の経済効果があると思われるのだが……

絢子さま婚約と眞子さまとの残酷なコントラスト-天皇家もやっぱり「フツーの家」だった

 8月12日、高円宮家の3女・絢子(あやこ)さまが、日本郵船の男性社員32歳との婚約式(納采の儀)を行った。

 これはもうほとんどの国民が思ったろうが、同じ皇族でも秋篠宮眞子さまと比べれば、何という残酷なまでのコントラストだろうか。

 眞子さまと結婚するはずだった “海の王子様” 小室圭さんは、アメリカで弁護士資格を取得するためとか言って3年間の留学の旅に出た。

 メディアに登場した当初は全く「素敵な王子様」扱いだった彼も、いまや「国民的問題児」みたいな扱いである。


 そして絢子さまと言えば、イギリス留学中には少々“おイタ”や“ご乱行” めいたことがあったので有名な王女様だ。

 対する眞子さまは、これとは対照的な “理想の清純派” としてしばしば賞賛の的になってきた。

(もちろん、美人だからである。)


 ところがここに来て、このはっきりと明暗分かれる婚約の成り行きぶり……

 このことではっきりわかるのは、(やはり)天皇家もそんじょそこらの普通の家と全然変わらないのだ、ということである。

 「あの家のあの娘は……」などと近所に言われる(いささか評判かんばしからぬ)娘が、意外な良縁を得て順調な人生を歩む。

 その一方で「あんないい娘が」と言われる方は、なぜか男運が悪くてイバラの道を行くような目に遭ってしまう。

 こんなことは、日本中のあらゆる家庭でごくありふれたコントラストである。

 当然ながら天皇家と言えども、その例外であるはずがない。

 しかしむろん、こんなことは戦前ならばなかったことだろう。

(あったとしても、一般国民が知ることはなかっただろう。)

 眞子さまももし戦前に生まれていれば、海の王子様なんて人と恋愛結婚したいなんて夢にも思わなかったのではないか。
  

 だがこれも、 “開かれた皇室” を目指した以上、避けることのできなかった結果である。

 家庭を世間に開くなら、こんなことくらいごくごく普通に起こりえるし、世間にも知られてしまうに決まっている。

 いまや天皇でさえ「最高ランクの芸能人・有名人」みたいな扱いをメディアでされていると思うが、それはもう当然の成り行きなのだ。

 いや、戦争に負けたからと言うよりも――

 そもそも明治維新で皇室まで欧米化を進めるようになった時点で、今日のこの扱いは決まっていたと言っていいかもしれない。

 たぶん「明治維新=欧米化」は皇室にとって、それを食わなければ当面は生きていけなかったが、いずれ後遺症がでてくる類いの毒まんじゅうだったのである。

 現人神の一族から人間へ、そして「高級芸能人一家」へ……

 皇室が22世紀も存続できるかどうかは、ひょっとするともう一度大戦争でも起こることにかかっている、と思わないでもない。

60万人に避難指示して避難したのは836人-珍しく新聞が住民を叱る

 7月初旬の西日本豪雨災害は、まだ記憶に新しい。

 しかし長崎県においては、大雨特別警報で約60万人に避難指示及び避難勧告が発令されたが、実際にはそのうち0.14%の836人しか避難しなかったらしい。

www.yomiuri.co.jp


 この報道記事で注意を引くのは、珍しく新聞が「住民を叱っている」ということである。

 記事中では “専門家” の話として「自分の命は自分で守るという意識が欠けている、と警鐘を鳴らしている」とか、

 「住民の動きは鈍かった」とか、

 東京大学特任教授が「避難者数があまりにも少なすぎる。今はハザードマップや様々な警報などから情報を得やすくなっており、行政だけに頼らず、住民自らの命を守る主体性が求められる」とか、

 本当に住民を叱ることしか載せていない。

 これには新聞をいいかげん読み慣れた(読み飽きた)人も、意外さを感じるのではないだろうか。

 普通ならいつものことながら、

「行政は住民に避難を促す工夫をもっとする必要がある」

 なんて文章が来るはずだからだ。

 もうさすがに住民のタイコモチばかりするのは気が引けるようになったか、

 それとも「指示や勧告が出ても、なお避難しない」なんてことはさすがに弁護できないと見たか――

 何にせよ、ワンパターンから脱却するのは良いことである。


 しかし一方で思うのだが……

 これ、本当に60万人が素直に全員それぞれの避難場所に逃げてきたら、それはそれでオオゴトではなかろうか。

 たぶん長崎県に限らず全国的に、避難指示が出て本当に避難してくるのは1%もいないと思う。

 ネット上では「指示が出てるのに避難せず死んだ奴がバカ」と書き立てられるのはわかっているが――

 しかし、では、そう書いている人がいざ避難指示が出たら本当に避難するかと言えば、その割合はとても50%には行かないのではないかと思う。

 やっぱり普通、自分の住んでいる家が(何と言っても「たかが」大雨で)二階まで水に浸かるなんてことは、ほとんど想像もできないことだろう。

 また、裏山の崖が崩れてくるなんてことも、あるいはこの家ごと地盤が崩れ落ちるなんてことも、なかなか実感として危機感は持てない。

 それにまた、むしろ家を出て避難する最中に土砂崩れに巻き込まれて死ぬ、ということも実際にある。


 はたして長崎県は、60万人が避難してきて対応できたか。

 日本全国の各地域は、そんなに大勢が避難してくるのに対応できるのか。

(きっと、「メシはないのか、水はないのか」などというクレームや怒号の嵐になると思われる。)


 たぶん私の生きているうちに南海トラフ巨大地震も第二次関東大震災も来るのだが、

 そして今回のような大豪雨も、また何度も起こりそうな気配だが――

 そのときの避難率がどれくらいのものになるか、どんな風に対応するのか、ちょっと気になるところである。