プロレスリング・ソーシャリティ【社会・ニュース・歴史編】

社会、ニュース、歴史、その他について日々思うことを書いていきます。【プロレス・格闘技編】はリンクからどうぞ。

大林組・リニア建設談合不正受注事件-日本の大手企業には「談合担当者」がいるという事実…

 12月8日、9兆円事業とも言われるリニア中央新幹線の工事受注について、ゼネコン大手の大林組東京地検特捜部から捜索を受けた。

 また、同じくゼネコン大手の鹿島建設もその社員が任意聴取を受けているという。

 「談合」によって工事を不正に(ガチンコの価格競争をせず)受注した疑いだが――

 ゼネコン業界全体がつるんでいるというわけではなく、大林組が単独で他社に受注調整を持ちかけた疑いらしい。

(しかし結局、他社はその調整に応じたということだと思うが……)

 

www.bloomberg.co.jp

 

www.chunichi.co.jp


 正直、こんなニュースを聞いて激震が走る思いをする人は稀だろう。

 だって談合事件なんて、ほとんど日常茶飯事のように報じられているからである。

 平均的な日本人は、“談合”とはもちろん悪いことだとは思っているが――

 それでいながら「当然、行われているもの」だと「常識的に」感じているはずである。

 大林組鹿島建設その他のゼネコンが談合(「調整」)を行なっていたと聞いたからって、それを「とんでもないことだ」と憤る人は、むしろ世間知らずのウブな書生だと思われるだろう。

 普通の人は「ああ、そりゃやってるよね。でもバレちゃったのは運が悪いよね」くらいにしか思わないものだ。

(そしてまた、「ウチの会社も談合やってるんだろうなぁ」と思う人だって全然珍しくないだろう……)


 そう、ほとんどあらゆる業界で「談合が行なわれている」というのは、「日本人の常識」である。

 ゼネコン大手なんて今まで何度談合を繰り返し摘発されてきたかわからないが、それでも市場や発注者の信頼を失って倒産することはない。

 “ほとぼりが冷めれば”また普通に仕事を続け、また談合をやるのが世の常態である。

 つまり、日本人は談合に寛容なのだ。「当然あるもの」だと思っているのだ。 

 おそらく多くの社会人は、


「あのね、確かに談合は悪いこととされてるよ。法律で禁じられてるよ。

 でもそれはタテマエなんだ。

 世の中、そんなもんじゃないんだよ」


 と、優しく諭したいくらいだろう。

 
 だが、それも無理はない。

 繰り返しになるが、談合するのは別にゼネコンに限った話ではなく、他の業界でも普通のことである。

 しかもそれをやっているのは、日本の名だたる/錚々たる大企業の面々なのだ。


【2017年 全国自治体の消防救急無線デジタル化に係る談合事件】

 ・富士通ゼネラル

 ・NEC

 ・沖電気工業

 ・日本無線

 ・日立国際電気

(⇒ 産経ニュース 2017年2月2日記事:消防無線談合で富士通ゼネラル、NECなどに課徴金63億円命令 公取委)

 


【2016年 防衛装備庁の戦闘服など防衛装備品に係る談合事件】

 ・クラレ

 ・ユニチカ

(⇒ 毎日新聞 2016年3月1日記事:防衛装備品 繊維2社、20年以上談合継続か)

 
【2012年 陸上自衛隊の次期多用途ヘリコプター開発に係る官製談合事件】

 ・川崎重工

 ・三菱重工


(⇒ しんぶん赤旗 2012年9月18日記事:ヘリ談合 本紙入手資料で鮮明に 防衛省と川重・三菱 密談 癒着どこまで)

 

 
 これはつまり、NECだの富士通系だの川崎重工三菱重工など誰でも知ってる有名大企業には――

 「談合担当者」「談合担当課長」がいる、ということを示している。

(そしてたぶん、今でもいる。)


 やれやれと思わざるを得ないのだが、これは日本の大企業に入社したら――

 いずれ談合担当にさせられる可能性がある、ということに他ならない。

 
 哀れ彼、(こういうのに女性が選ばれることはあまりない気がする……)

 個人としては好人物で、家庭では良き夫・良き父であるかもしれないのに、職命により違法行為を担当させられることになるのである。

 そして他社の同類の人たちと会合を持ち、秘密の違法行為を話し合うわけである。

 これを、陰惨な悲劇と言わずして何と言おう。


 しかし、誰かにとっての不幸は誰かにとってのチャンスとも言う。

 今までもこれからも決して談合に加わらないような企業は、自社のサイトに――

 「我々は決して談合しません、させません!」と大書したバナーでも置いておけばよい。

 そしてその下に、「今まで起こった談合事件、その談合で罰を喰らった企業のリスト」をリンクさせておけばよい。

 こうすれば、新入社員をはじめとする人材集めにいささか有利になるのではないか?


 こうしたリストを自社サイトに載せるのは、確かに同業他社に対する挑戦である。

 業界で村八分や目の敵にされてもおかしくない。

 しかしあくまでガチンコの入札勝負をする気概と自信があるのなら、別にこういうのは違法行為ではないはずである。

 長い目で見れば、「それを承知で」入社してくるような人材を、自社に集めることができる。

 「違法行為をしなくていい」ホワイト企業として、学生や転職志望者を惹きつけることができる。


 “談合は世の習い”と言わんばかりの日本人の意識を変えるには、それくらいの会社が出てきても良さそうなものである。

富岡八幡宮・女性宮司襲撃殺人事件 その2-土人国の「世襲宗教」のゆくえ

 さて、聖職者の腐敗堕落と乱脈・贅沢ぶりは、何も日本に限った話ではない。

 しかし今回の富岡八幡宮殺傷事件(身内の殺害)については、明らかに根本的な原因がある。

 それはもちろん、「宗教(聖職者の地位)を世襲しているから」というものだ。

 富岡八幡宮のトップたる宮司の地位は、富岡家の世襲であった。

 そうでなければ実の弟が姉と長年いがみ合い、ついには姉を殺害し――

 自分自身も妻を刺し殺し、自らの胸と腹を突いて死ぬなどという、まるで戦国武将のような最期を迎えることはなかったろう。


 私は思うのだが、放蕩乱脈を極めた観のある弟・茂永はもちろんのこと――

 長子さんもまた、代々宮司の家に生まれていなければ、神社の神主になろうなんて夢にも思わなかった人ではないだろうか。

 そういうのが宮司になったり、生まれつきの宮司後継者候補になったりするのだから、いつか宮司に向いてない人が宮司になっちゃうのが当たり前なのだ。


 しかし、こんなことはバカでも誰でもわかることなのにもかかわらず――

 それでも日本人は(アジア人は?)世襲を支持し、愛着を持っているのである。

 神社の神主どころか、政治家や会社経営者まで世襲である「べきだ」とさえ思っているのである。

(当の世襲家系の人たちがそう思いたがるのは完全に理解できるが、赤の他人までそう思っている。)

 

tairanaritoshi-2.hatenablog.com


 たとえば、「ビル・ゲイツが自分の子どもをマイクロソフトの後継者に指名した」などと聞いたら、あなたはどう思うだろうか。

 「故スティーブ・ジョブズが、自分の子どもや親戚をアップルの後継者にするよう遺言していた」などと聞いたらどうだろうか。

 そんなことはまずは想像できないし、もし本当にそんなことがあったとしたら、まず間違いなく株価は急落しそうである。


 思えば、あれほど司教だの牧師だのが「実は幼児姦の常習者だった」とニュースが流れるキリスト教会さえも――

 ローマ法王や各教会のトップが世襲であるなんてことはない。

 あれほど教皇や教会が腐敗堕落して権勢を振るっていた中世でさえ、(少なくともおおっぴらには)その地位が公然と世襲されることはなかった。


 これは「何となく」の感想に過ぎないのだが――

 これってやっぱり、なぜ西欧が他の社会を差し置いて近代化し世界制覇を成し遂げたかの主要要因になっているのではないだろうか?


 今回の殺傷事件はいささか極端だとはいうものの、しかし世襲の末路とは得てしてこんなものである。

 世襲が「当然」で「美しい」と感じる土人の国は、いずれ似たようなことになる。

 一つの家系なんて狭すぎるリソースから人材を供給しようとすれば――

 そうでなく広く人材供給源を持つ競争相手に負けるのは、(やや長い目で見れば)わかりきったことだ。


 こんな時代でも、金銭欲・物欲よりも純粋な信仰の方が大事と思う人間は絶対にいる。

 別に神主の家に生まれなくたって、神社で神に祈りを捧げたい(氏子のために尽くしたい)と望む人間は何人もいる。

(確かに、珍しい部類ではあるが……)

 
 神社界は、そういう人材を広く集めて(求人して)採用すべきである。

 いい意味で「企業化」すべきである。

 もちろん同じことは、いまだ世襲が「当たり前で、美しい」と国民に思われている歌舞伎界にも言える。

 だいたい、かつては囲碁界も将棋界も「名人」は世襲だったのだ。

 今ではそれが正しいと思う人はいないはずだが……

(それがいまだに正しいと思われていれば、永世七冠になった羽生善治(はぶ よしはる)なんて人を見ることはなかったかもしれない。)

 だったら神社界も歌舞伎界も、もちろん政界もビジネス界も、世襲が正しいわけがないではないか?

富岡八幡宮・女性宮司襲撃殺人事件 その1-まるで鎌倉・室町時代のように

 12月7日午後8時15分頃、東京都江東区の大神社「富岡八幡宮」の敷地内で――

 女性宮司・富岡長子さん(58歳)とその男性運転手(33歳)が男女2人組に日本刀などで襲撃され、長子さんは死亡、運転手は重傷を負った。

 襲撃したのは長子さんの弟の富岡茂永(しげなが。56歳)と妻の真里子(49歳)で、襲撃後に茂永は真理子の腹を刺して殺害、自らも胸や腹を刺して死亡した。

 それにしても、

「神社の神主(宮司)と従者が、実の弟夫妻に日本刀で襲われ殺害される。弟夫妻はその場で自害する」

 という事件の要約だけ聞けば、まるで鎌倉時代室町時代のことのようである。

 

www.sankei.com

 

www.sankei.com

 

www.sankei.com

 

mainichi.jp


 この事件についてはネットに腐るほど記事が出ているので、詳細に立ち入ることはしない。

 ただ、どうもこの被害者と加害者(姉と弟)、「どっちもどっち」という気がしないでもない。

 しかしその程度は弟の茂永の方がはるかに酷く、どうやら今年の「キング・オブ・クズ」候補にふさわしい人物のようである。

(もっとも彼の影に隠れはするものの、彼の妻の真理子も相当なものだ。

 夫がその姉を日本刀で襲撃するのを止めるどころか、一緒に短刀を持って襲撃に加わるのだから……

 しかも夫に突き殺されて心中するのも最初から承諾済みだったのだろう。

 これは凄絶な夫婦愛と言えばそうかもしれないが、「はあ?」と失笑するほどエキセントリックである。)


 それにしても長子さん、レクサスに乗り専属運転手まで付いているとは……

 さすが大神社の神主さんともなると、そんなに羽振りがいいのだろうか。

 これはまるで新興宗教の教祖のような贅沢ぶりだと思うのだが――

 氏子の人たち、女宮司がレクサスで神社に出入りしたり何かの集会に現れるのを見て、何を思っていたのだろうか。

 何にしてもこれで、「深川八幡祭り」のような大祭礼イベントを有し、参拝客の多い神社の神主がカネ持ちだということはよくわかる。

 だからこそ弟の茂永(とその妻)は、実の姉と30年にも及ぶドロドロの暗闘を繰り広げてきたのだろう。

 茂永は姉以上のメチャクチャな贅沢三昧(もちろん神社のカネを使って……)をやってきたらしいが、そりゃこんなのを宮司にしたら神も仏もない世の中というものだ。

www.nikkansports.com


 しかし、こんな茂永でも一時は宮司だったことがあるのである。

 レクサス&運転手に乗る長子さんも、弟ともども金儲け主義と批判されながら、それでも宮司になり天皇陛下のご案内も務めたのである。

 そして長子さん自身の殺害6時間前に書かれたブログには、「神職の集まる飲み会ではセクハラが横行している」などと書かれている。

www.hochi.co.jp


 「聖職者の腐敗・堕落・不祥事」というのは、何も(たびたび聖職者の幼児性愛がニュースになる)キリスト教の専売特許ではなく、伝統神道にももちろん普通にあることを、今回の事件は改めて示した形だ。

(そしてニュースとしては全然入ってこないが、イスラム教の聖職者にもこんなのは大勢いるのだろう。)