プロレスリング・ソーシャリティ【社会・ニュース・歴史編】

社会、ニュース、歴史、その他について日々思うことを書いていきます。【プロレス・格闘技編】はリンクからどうぞ。

トランプ大統領、初の国連演説で北朝鮮らを名指し非難-北朝鮮大使の前でその元首を「ロケットマン」と呼ぶ男

 9月19日、アメリカのトランプ大統領は国連で初の演説を行った。

 その内容は、まさにトランプ節全開のものであったらしい。

 特に日本にとって大きいのは、「日本の13歳の少女が自国の海岸から誘拐され、北朝鮮スパイに語学を教えることを強いられた」と、北朝鮮による横田めぐみさんら日本人誘拐拉致事件に明確に触れたことである。

 これについては、別にトランプは本心から日本人拉致事件に怒り同情を寄せているというのではなく、ただ手近に北朝鮮を非難する材料があったから言ってみただけに過ぎない――

 という見方もあろう。

 しかし本心がどうとか言い出したら、キリがない。

 そういう見方をするべきだというのなら、あの昨年のオバマ大統領の広島訪問演説も同じ見方をしなくてはなるまい。

tairanaritoshi-2.hatenablog.com

 


 あれは“歴史的な演説”として人気と評判を集めたものだが、実はオバマは「本心では核兵器廃絶ができるなんて思ってもいなかった、しようともしたいとも思っていなかった」と解釈すべきなのだろうか。

 しかし今回のトランプ演説に比べれば、オバマ演説は歴史的どころか、単に追悼式へ行ってクソの役にも立たないポエムを詠んできたに過ぎない――という見方だってできるだろう。

 なんたってトランプは北朝鮮のことを「邪悪な国家」「こんな犯罪者集団」と、その指導者・金正恩のことを「ロケットマン」と呼び――

 ロケットマンは自殺任務に向かって突っ走っている、もし戦争にでもなったら「北朝鮮を完全に壊滅させるしかなくなる」とまで言っている。

 そりゃあもう、その場にいた北朝鮮大使は“抗議の退席”するしかないというものである。

(この人、「なんで一言も反論せずに出て行った!」と金正恩に処刑されなければいいが……)


 さらにトランプの矛先はシリア、イラン、ベネズエラの3国にも向き、

 シリア(のアサド政権)については「罪なき子どもたちも含めた自国民に対して化学兵器を使用するといった、犯罪者アサド軍の行為」と言い、

 イランに対しては「民主主義のフリをした、腐敗した独裁体制」「その主な輸出品は、暴力と流血、混乱だ」と言い、併せて前任のオバマ大統領が欧州諸国らと結んだイラン核合意については、「米国が結んだ中で最悪で一方的な合意の一つ」と述べ、

 ベネズエラについては「腐敗した社会主義独裁国家」なのでアメリカは行動に出る用意もある、と列挙した。

 いやはや痛快というか何というか、ここ何十年のアメリカ大統領からは聞けなかった言葉の連発である。

 イラン・イラク北朝鮮を「悪の枢軸」と呼んだブッシュ・シニア大統領など、これに比べれば実に内気で穏健に見えるではないか。

 前任のオバマ大統領とは180度違う個性だが、こういう人こそ大統領に当選するのが今のアメリカ人の“雰囲気”なのだろう。

 つまりアメリカ人の半分くらいは、良識的で思慮深そうな「知的エリート」に心底飽きたか反発しているのだと思われる。


 もちろんイランのザリフ外相は「トランプの無知なヘイトスピーチは、(国連ではなく)中世にこそふさわしい」とか、

 ベネズエラのアレアザ外相は「トランプは世界の大統領ではない……(中略)……自分自身の政府すらきちんと管理できていないのに」とか批判している。(当たり前だ)

 また、演説を聞いていた加盟国の代表の一人は両手で顔を覆い、スウェーデンのワルストローム外相は「あの場所であの時に、あの聴衆を前に、あのような演説をすべきではなかった」と批判したそうだ。

 私は別にトランプの支持者というわけではないが、イランの方がよっぽど中世に近いのは確かだと思うし、ベネズエラは政府どころか「国民を独裁で管理」しようとしているからこそ「ろくでもない国」とみなされているのではないか?

(余談ながら、自分の悪口を言われたら「ヘイトスピーチ」と切り返すのは、日本だけではないようである。)

 たぶんスウェーデンのワルストローム氏は学歴高く教養高い紳士なのだろうが、そういう人こそ、ならず者に対して何もできない腰抜けだと民衆に思われているのである。

(そして実際、紳士たる国際社会があくまで続けるべきとされている“対話”は、ならず者に対してほとんど効果がなかったように思われる……)

 
 さてこれからのトランプに期待したいのは、こういう舌鋒をいよいよ「あの」サウジアラビアに向けることである。

 サウジアラビアといえばサウド王家の独裁国家で、女性の地位や立場がものすごく低いことで有名だ。

 しかしそれなのに(そんな国にこそボロクソ言って対決すべき)アメリカは、ずっとずっとサウジと仲良くしようとやってきたのである。

 もうこうなったら地政学的理由などうっちゃって、トランプには――

 サウジアラビア、「いまだ女性にクリトリス切除の割礼を施している民族」、駆け落ちした男女を処刑する部族、同性愛者をリンチにする“宗教マン”、それらを容認する各国政府らを、名指しでクソミソに言ってほしいものである。

 そうなればトランプは、(本当に良い意味で)ホンモノの男である。

女弁護士31歳(元検事)、カッターナイフで同僚男性弁護士を切りつけるの巻

 9月16日、女性弁護士の西川絵里香(31歳)が、法律事務所の共同経営者である男性弁護士(33歳)を酒に酔ってカッターナイフで切りつけたとして、傷害容疑で逮捕された。

www.sankei.com

 

www.sankei.com


 「弁護士 西川絵里香」と検索すると、その法律事務所とは「吉村法律事務所」(弁護士法人 吉村・西川法律事務所。相模原市)であることがわかる。

 そして被害者の男性弁護士は、吉村浩太さんなのだろう。

(大変失礼ながら、33歳とは思えない顔写真だが……)

www.yan-law.com


 この事務所、正式名称は「弁護士法人 吉村・西川法律事務所」なのに、なぜか大きく書かれているのは「吉村法律事務所」の方である。

 この辺りが、西川絵里香が

●9月16日「午前2時ごろ」酒に酔って、

●「コピー機をぶっ壊す」と予告してから事務所へ行き、

●書類を破りはじめ、

●いったん警察が来て収まったのに、警官が引き上げたら

●カッターナイフを振り回し、相手と揉み合いになって逮捕された。

●そして逮捕後も、氏名も住所すらも黙秘している(そんなの黙秘したってわかりきってる話なのだが)

 ことの遠因にあるような気が、しないでもない……


 なお、弁護士が被害者になった事件と言えば、あの「弁護士局部切り取り事件」がいまだ記憶に残っている人も多いはずだ。

tairanaritoshi.blog.fc2.com

 

 何事もすぐ忘れられる事件ばかりの中、やはり「局部切り取り」というのは、阿部定事件のように忘れがたいインパクトを持つものなのだろう。

 そして今回は、弁護士(しかも共同経営者)どうしの刃傷沙汰である。

 それにしてもこの2人、ともに三十代前半なのに弁護士であるばかりか自分たちの事務所も持っているとは、大したものと言えば大したものである。

 たぶんタウン誌とかには、“新進気鋭の若手弁護士二人”とか記事が書かれてもいたのだろう。


 しかしどうも、顔写真を見る限りは――(西川絵里香の顔写真はネットで見られるので、ご自分で検索されたい)

 西川絵里香の方がよほど気が強く、性格的にはリードしていそうな印象を受ける。

 全くの推測に過ぎないが、西川絵里香は“気が強く貪欲な、ベンチャー系のワンマン経営者”のタイプではあるまいか。

 検事を踏み台に(たぶん、初めからその気だったのだ)弁護士になるというのは、何とはなしに上昇志向の強さを感じさせる経歴である。

 そして詰まるところ、こういう事件があればわかるように、「現代日本におけるエリート最高峰」とのイメージのある弁護士と言えども、やはりそこらの人間と大して変わりはないのである。

 仕事上の(地位上の)不満か、痴情のもつれか、ヒステリー性格のせいか、常日頃から酒乱の気があるのか知らないが……

 こんな下層階級の人間が起こすような事件を、検事出身の弁護士といえどもやるのである。  


 そしてきっと、どの弁護士とも一緒に働いてみれば――

 我々が現に一緒に働いている同僚のように、ポカもヘンなところも見ることになるのだろう。

アインシュタインはスイスの特許局の公務員だったが、その時代の同僚が彼をどう思っていたのかは興味あるところである。

 アインシュタインといえども、ミスやウッカリやその言い訳はあったに違いない。)


 さてこの事件、西川絵里香の刑事罰はそんなに重いものではないはずだが、今後も吉村弁護士が彼女と共同で事務所をやっていくかというのは“ささやかな興味”ではある。

 逮捕されようと(たぶん執行猶予付きの)刑罰を受けようと、人間の性格はなかなか変わらないものだ。

 西川絵里香は今後も弁護士を続けていくはずだが、しかし弁護士に仕事を頼む際にその名前を検索するというのは、すでに世の中で当然の慣習になっている。

(しない人も大勢いるが……)


 これで吉村弁護士が共同事務所を続けていくとすれば、それは寛大過ぎるほど寛大というか、そこまで彼女に恐怖を感じているというか……

 いずれにしても、厄介な女性をパートナーにしたものである。

山梨市役所職員不正採用事件、市職員5人を書類送検-副業禁止と雇用の非流動性が「逆らえない人間」を作る

 山梨市の職員不正採用事件について、今年8月上旬に数本の記事を書いた。

 (本ブログを「山梨市」で検索されたい。)

tairanaritoshi-2.hatenablog.com

 

 本当に別にこの事件にこだわるつもりもないのだが、乗りかかった船なので続報を……

 この件について警視庁は9月15日、次の5人を書類送検した。


(1) 現副市長にして市長職務代理者 飯島尚敏(62歳)

(2) 前副市長 小林孝(63歳)

(3) 秘書人事課長 丸山一朗(57歳)

(4) 2014年度の採用担当にして現生涯学習課長 望月好也(56歳)

(5) 秘書人事課の現採用担当男性職員(51歳)

 

www.sankei.com

 

headlines.yahoo.co.jp


 そして、彼らの反省の弁はこうである。

●小林孝・前副市長
 「(前市長の就任後は)採用予定者の人数が例年よりかなり多くなっていた。止めれば良かった。市民に申し訳なく、反省している」

●丸山一朗・秘書人事課長
 「残念な結果になった。公務員として初心を忘れていた」

●望月好也・生涯学習課長
 「担当した試験で不正があったことは申し訳ない」

●現採用担当男性職員
 「大切な採用試験に不信感を抱かせてしまったことに責任を感じている。結果が変わっていたか分からないが、いけないことをいけないと言えていれば。私の立場では言えなかった」


 なお、誰でも思うことだが――

 生涯学習課長の望月好也氏は、本件の首謀者である望月清賢・前山梨市長の親戚ではあるまいか。

 別に親戚だからって罪が重くなるわけではないが、ちょっと気になるところではある。

 さてこの人たちが揃いも揃って前市長の不正採用(受験者の点数改竄)に加担した――いや逆らえなかったのは、根本的には「度胸がない」からである。

 この「度胸がない」というのは、今の日本のあらゆる社会現象の根本にあると言っても過言ではないキーワードだと思う。

 しかし「それを言ったら身も蓋もない」とも言えるので、もう一つ上の段階の根本原因を挙げれば、それは「簡単に転職できない」ということになるだろう。

 今回書類送検された5人がもし前市長に逆らっていたら、クビになったか。

 “そう簡単にはクビにならない”ことで有名な公務員だが、しかし人間、クビにならなくても単に“上に睨まれる”――

 どころか、“他人の怒りを買う、疎まれる、嫌われる”ことさえも恐れるのが通常である。

 別に今回のようなことは田舎の市町村役場だけでなく、グローバル規模の一流規模の中でも普通に起こっていそうなことだ。

 だからたぶん、あなたが今いる(勤めている)組織の中でも、こんなことはしょっちゅう起こっていると思う。

(それどころか、あなた自身が今も昔も“加担している”ことさえも大いにあり得る。)


 私自身は(幸いにも)、人に嫌われようが睨まれようがどうでもいいと感じる性格に生まれてきたので、あまりそういう葛藤だとかを感じることはない。

(他人が何を思おうが、しょせん他人の思うことである。自分の心が思うのではない。)

 しかしこういう性格の人間は少数で、やはり多くは“他人の希望に添えない”ことを恐れて、つい逆らえなくなるものである。


 とはいえ、もし世の中が簡単に転職できるものならば――

 上から不正をしろと言われても、次の職があるという後ろ盾があるのだから、拒否も反論もできるだろう。

 それで怒りを買ったなら、「あ、そうすか。じゃあ辞めますんで。このことはマスコミにタレ込みますから」とでも言えるだろう。

 この意味で、少子化と労働力の減少は必ずしも悪いことではない。

 それは労働者側の立場を強くし、雇用の流動性をいささかでも高めてくれるだろう。

 
 そして、以前も書いたことだが――

 やはり「副業の禁止」とは結果的に、この手の「職を失うことを恐れる/職場で睨まれることを恐れる」ことが原因の“逆らえないタイプの不正”を助長するものとしか言いようがない。

 

tairanaritoshi-2.hatenablog.com

 

 

tairanaritoshi-2.hatenablog.com

 

 そりゃ収入源をたった一つに限っていれば、しかも世の中で転職が容易でないならば、その収入源を失いたくないから不正に荷担するに決まっているのである。

 パワハラにも差別にもイジメにも、泣いて耐えるしかなくなるのである。

 それをわかっている内部の他人は、それをいいことにどこまでも増長するのが当たり前なのだ。


 その意味で日本に希望があるとすれば、まさに少子化と人口減少が確実に進行中であるということだろう。

 ただしやはり人間は、常に牙を研いでおくことが大事である。

 何のスキルも意欲もないバカは、いくら労働力不足で転職し放題であろうとも、受け入れる会社はないからである。

 そしてまた、より実際的な身を守る手段としては――

 スーツのポケットに常にボイスレコーダーを入れておき、常にスイッチを入れておくことが一番の方法かもしれない……