プロレスリング・ソーシャリティ【社会・ニュース・歴史編】

社会、ニュース、歴史、その他について日々思うことを書いていきます。【プロレス・格闘技編】はリンクからどうぞ。

「羽毛」ある翼竜の発見-翼竜は鳥類に劣るから滅んだ?

 中国は河北省で、「羽毛のある小型翼竜」の化石が見つかった。

 その翼竜は、約1億6千万年前のジュラ紀に生息した翼長40センチ程度のものらしい。

 翼竜は2億年以上前に生じ、恐竜絶滅と同じ6500万年前に滅んだとされているから、翼竜の歴史の中では初期に属する。

 しかし復元イラストを見る限り、どうも「毛が生えてフサフサ」というのはわかるが――

 鳥のような「羽」があったようには見えない。

 「羽」というのは羽軸があり、そこから両側に伸びた毛どうしが微細なカギで連結するように作られ、指でどんなに乱そうとも扱けばすぐ元の美しい形に戻る、あの羽根のことである。

(道に落ちているカラスの羽を、何に使うアテもなく家に持ち帰っている男子は、今でもとても多いものと信ずる。)

(⇒ 朝日新聞2018年12月18日記事:爬虫類の翼竜にもフサフサの羽毛 中国で化石見つかる)

 
 「毛を持つ恐竜」というのは、今では別に珍しくない言葉になった。

 それどころか、白亜紀の恐竜が毛に包まれていたのはごく当たり前のことともいわれている。

 だから(初期の)翼竜が毛を生やしていたとしても、それほど大きなインパクトはない。

 しかしここで思うのは、「ますます翼竜は鳥に似てきた」という感想である。


 一般に翼竜は、滅ぶべくして滅んだと受け止められている。

 同じ空を飛ぶ生物ではあるが、鳥類に比べれば比べものにならないほど「劣る」と――

 たぶん翼竜は鳥のように(中でもハチドリのように)ものすごい早さで「羽ばたく」ことはできなかったろうし、だからスピードも機動性も劣ったろう。

 翼竜は鳥に、負けるべくして負けた。

 あまりにも魚そっくりの「魚竜」が絶滅したのはなぜなのか不思議がる人も、翼竜が鳥に生存競争で負けたことの方は、すんなり受け入れることが多いのではないかと思われる。

tairanaritoshi-2.hatenablog.com


 しかしながら、鳥類が出現したのは約1億5000万年前とされている。

 つまり、今回見つかった「羽毛翼竜」とほぼ同じ時代に生じている。

 翼竜と鳥類の生存期間には、1億年以上もの重なりがある。両者は1億年くらいは並行して生きていた。

 もし翼竜と鳥類にそんなに飛行性能に差があるのなら、もっと早く翼竜は絶滅していて良かったのではないか。

 鳥類が翼竜に追いつき追い越すにはそれだけの時間がかかった、ということなのかもしれないが、本当にそうなのだろうか。 

 そしてまた、1億5000万年前には既に「毛」を生じさせていた翼竜は、なぜ鳥のような「羽根」を発達させなかったのか。(時間は充分あったはずだ)

 なぜせめて一種くらいは「はばたき飛行」に移行しなかったのか――

 
 私には魚竜が魚に「劣る」面や理由がよくわからないし、

 翼竜が鳥に「劣る」面や理由もイマイチわからない。

 翼竜が滅ぶ環境変化は、鳥類も滅ぼすように思えて仕方ない。

白亜紀末期にも小型翼竜はいたようだから、「サイズが大きすぎた」ことも決め手にはならないのだろう。)


 今回発見の「毛むくじゃら翼竜」、その後は結局どうなってしまったのだろう。

 ただ毛が生えているというだけで白亜紀末期までそのままで、鳥のような羽毛はついに獲得しなかったのだろうか。

 生物史の中で「目」が何度も独立して生じてきたように、

 羽毛というのもただ鳥に一度だけ生じた奇蹟ではなく――

 空を飛ぶ生活をしていれば、まして既に毛が生えていれば、割とたやすく生じそうなものに思えるのだが……

スプレーが可燃性だと知らない人がいる-札幌アパマン爆発事件の真の闇

 先日記事を書いた札幌市での「スプレー120本を室内で噴射したあげく給湯器を点けて大爆発」事件だが――

 なんで120本も一気にガス抜きをしたかと言えば、2日後の店舗改装を控えて(未使用の)在庫スプレーをカラにしておく必要があったからだという。

 なんでそうしないといけなかったかと言うと、本部から除菌消臭料を獲るためにノルマが課せられていたからだともいう。

 除菌消臭と言ってもただ貸し室にスプレー2本を巻く程度だったらしいが、どうやらそれすら本当はやっていなかったらしい。

 先日書いた記事では、これは「年末大掃除」のためではないかと思ったのだが、それは間違いだったようだ。

(しかしやっぱり、毎日少しずつやっておけばこんなことにはならなかったという点に変わりはない。) 

bunshun.jp

 

biz-journal.jp


 ところでこの事件で最も驚くべき点は、これをやらかした三十代店長と二十代店員の2人も揃って、どちらも「スプレーの可燃性を認識していなかった」というところである。

 さすがに、こんな真相だとは思いもしなかった。

 私などこの世のスプレー類は全て可燃物だと思っているし、それは人類の常識だとも思っていたのだが――たぶんあなたもそう思っていたと思うが――、実はそれ、全然大間違いだったのである。 
 これを「バカ」と呆れるのはたやすいが、しかし実際はものすごく深刻な問題である。

 アパマンと言えばほとんど知らぬ人もない全国的企業であるし、仮にもその営業店の店長であれば、宅建士の資格くらいは持っていそうなものである。

 しかししかし、その人さえもがスプレーが可燃性だということを知らないのだ。

 そしてさらに、2人いれば1人は絶対知っているだろうと思うところなのに、もう1人さえも知らないのだ。

 このあまりの高確率ぶりは、一つの重大な疑念を人に抱かせずにいない。

 それはつまり、「労働力の劣化」すなわち「国民レベルの劣化」がここまで進んでしまったのではないか、という疑念である。

 これはもう、社員教育がどうとかいう話ではないと思う。

 「スプレーは可燃性なのでガス抜きするときは外でやる」という常識を知らない人が実際にいて、それが普通に全国区企業の店長や社員をやっているというのは、深刻としか言いようがない事態だろう。

 別にアパマンが際立ってバカ社員を抱えているというわけではなく――

 アパマンにしてこうなのだから、全国には「常識」と思われていることを知らない社員や社会人が、どれほどたくさんいるかわからない。

 そう考えるのが自然であり普通だろう。

 この年の瀬、日本の労働力の劣化(というか、二分化なのかもしれないが)は、ものすごく派手な形で明らかになってしまった観がある。

 

 そしてもう一つ深刻なのは、これでますます日本人は「仕事や商売に携わるのは不道徳」と感じるようになってしまう、という点かもしれない。

 むろん不動産業界とは、昔から不透明で怪しげな値段付けをする(とイメージされている)ことで有名な業界ではある。

 今回のアパマンも、

●「除菌消臭作業」とは、ただアパマン社員がスプレー(仕入れ値1000円)を撒くだけの作業であった

●しかし実際は、それすらやっていなかった 

●それなのに客からは1万円超の作業料を支払わせていた

●そして本部からは各営業店に、スプレー使用の(除菌消臭料徴収の)ノルマを課していた

 との疑いをかけられている。


 ただでさえ普通の日本人は、こういうことに敏感である。

 常にボラれるのを警戒し、実際に疑い、他人を儲けさせることを嫌う性分である。

 今回みたいなことが明るみに出れば、ますますその性分は強まるだろう。

 もし今回の疑いが真実だとすれば、それは確かにボッているのだから当然のことだ。

 そして誰も、こんなことをしているのがアパマンだけだとは思うまい。

 会社や業種は違っても、およそ民間企業というのはボッているものだ、客を騙して高い値付けをするものだ――

 という信念は、ますます固まっていくに違いない。

 
 さらに言えば、全国のアパマン社員は(全員ではないにしても)このノルマ制や除菌消臭作業の実態というものを、今まで「知っていて黙っていた」ことになる。

 これは「やっぱり商売やってる奴は信頼できない、悪い奴ら」という信念を助長させるものだろう。

 日本人はますます労働そのものを不道徳な、穢らわしいものと見なし、働くことを積極的に避けようとするようになって当然とも言える。

 おそらく、ネットでよく見る「不労所得でガッポリ稼ごう」「社畜生活からリタイヤしよう」系の記事をクリックし、

 本当にそれを目指し、

 目指さないまでも共感したり「いいなあ」と思う人というのは――

 必ずしも楽に流れるダメ人間というわけではなく、こうした不道徳の世界から足を洗いたい/足を濡らしたくない、という人が相当数混じっているものと思われる。

 だいたい世の中、ワルやズルをして生きたい人より、清く正しく平穏な生活を送りたい人の方が常に多いはずである。

 つまりこの現代、本当に道徳的な人生を送りたいと思うなら、「働いたら負け」というのが正しい選択だということになる……

札幌大爆発事件は「スプレー缶120本を噴射&給湯器着火」が原因か-「年末大掃除」廃止論

 12月16日夜、札幌市で起きた大爆発事件は、てっきり大破したという飲食店でのガス事故が原因かと思った。

(たいていの人がこう思ったろう。)

 しかし真の原因は、なんとすぐ隣の不動産営業店で「除菌消臭スプレー120本をカラにしようとして室内で噴射し、給湯器のスイッチを入れた途端に爆発した」というものだったようである。

(⇒ 毎日新聞 2018年12月17日記事:札幌の爆発、不動産店で「消臭スプレー100缶ガス抜き」 現場検証始まる)

(⇒ NHK 2018年12月17日記事:札幌の爆発「除菌消臭スプレー120本まいた」 成分に引火か)

 
 まず誰もが驚くのは、これほどの大爆発の中心点にいた不動産会社従業員が、こんな証言をできていることだ。

 よく死ななかったものだが、そればかりでなくこの事件では(今のところ)一人の死者も出ていない。

 ガス爆発というのには、こういう不思議なところがある。

 ところでこんな事故原因を聞けば、誰もが「なんてバカなんだ」と思うだろう。

 しかしそれはそうかもしれないが、他にも原因(遠因)があると思うのである。

 その遠因とは、日本の慣習である「年末大掃除」というものだ。


 なぜこういう事件が2月でも8月でもなく12月に起きたのか。その理由が年末大掃除というものにある――

 というのは、確かに確証なんてないが、割と当たっているように思う。

 そもそもスプレー缶を120個も一気に廃棄しようなんてことはせず、毎日一本ずつでも噴射して使い切っていけば、何の問題もなかったのだ。

 なのにそうしなかったのは、言うまでもなく、たいていの人間は「毎日コツコツ少しずつやる」ことができないからである。

 「後でまとめて」やればいいし、そうするのが効率的だとさえ本気で思っているからである。

(これが誤りであることは、ほとんどの人間にはわかっている。

 それでもやらないのが悲しい人間の性だ。)


 そしてこういう「毎日少しずつ」精神を抑圧するのに何とも都合のよい慣習が、「年末大掃除」というものなのだ。

 時は12月、溜まりに溜まったスプレー缶を、「もう年末だから」まとめて捨てようと思う。

 だから一気に室内で噴射する。

 むろん外でやればいいのはわかっているが、外は街中で人が大勢いるのだからそんなことできない。それに寒い。

 そのあげくがこの大爆発だ。


 この営業所員らをバカにしたりマヌケ呼ばわりするのは普通の人間のやることだが、しかし似たようなことは――

「年末だから」「年末大掃除だから」普段全くやらないことを一度にやる、というようなことは、それこそそこら中の人間がやっている。

 おそらく年末大掃除が原因で人が死んだとか大怪我をしたとかいう事件は、今までも数限りなくあったのではないか?


 また、さすがに営業所員らは、スプレー充満の室内でライターを付けてはいけないということは考えが及んだはずだが、しかし給湯器を付けてはいけないとまでは思い及ばなかった。

 こういうことも、普通の人間には非常にしばしばあることである。

 たぶん今回の事件は、「年末大掃除」という意識がもたらした(と思う)被害としては、過去最大級だろう。

 そして我々はもう、年末大掃除を代表とする「いつかまとめてやる」から「今はしない/普段はしない」という意識を、根絶すべきである。

 そういう意識や習慣が、はなはだしきは人命を失わせ、そうでなければ日常生活や仕事の上で日々ダメージを蓄積させているからである。