プロレスリング・ソーシャリティ【社会・ニュース・歴史編】

社会、ニュース、歴史、その他について日々思うことを書いていきます。【プロレス・格闘技編】はリンクからどうぞ。

「エサンベ鼻北小島」消失で領海はどれくらい狭まるのか報道がない件

 北海道は猿払村の沖、約500メートルにあるという「エサンベ鼻北小島」が消滅してしまったのではないかとの報道があったのは、昨年(2018年)10月末。

 それから半年以上経った今年5月20日、ようやく海上保安庁が現地調査を始めた。

(⇒ HTB北海道テレビ放送 2019年5月20日記事:<北海道>消えた島?エサンベ鼻北小島 調査始まる)

 
 このドローンからの映像を見る限り、エサンベ鼻北小島は消滅したか消滅寸前ということで間違いないようだ。

 そして誰もが感じるように、これはもう「島」というより「岩礁」としか思えない。

 1987年に海上保安庁が測量したときには「海面から1.4メートル」の高さがあったとされるが――

 地元の猿払村民の話では、


●42年前には(高さ?)50cmくらいだった

●そこに島があるとはわからないので、船外機が当たったことがある

直径で1mから1m50㎝くらい


 だったとか、ますます「島」じゃなくただの「岩」だろうという思いを強くする。

 ところでこの島のことが報道される際には、必ず「領海が縮小する恐れがある」との言葉が付いてくる。

 ではいったいどのくらい縮小するのかとは、誰でも思いつく疑問なのだが――

 しかし残念なことに、それを書いている記事は一つもない。

 なんでも海上保安庁自体が、「仮定の話には答えられない」と回答しているかららしい。

www.huffingtonpost.jp



 

 だがここはやはり、いったいどのくらい縮小するのか、ぜひ計算して答えを言ってみてほしいものだ。

 というかこれ、「島が消滅したと仮定して」領海縮小面積を算出・公表するのが義務ではないかと普通に思う。

 そうでなければこのちっぽけな「島」の消滅がどのくらいのインパクトがあるものなのか、一般国民には全然わからないだろう。


 まあ、発表したくない気持ちはわかるのである。

 領海縮小面積を計算できないことはないのだろうが――

 もしそれを公表したら、

「そんなに減るのか! 今まで海保は・地元自治体は何してた! 沖ノ鳥島みたいに周りをコンクリート護岸で固めれば良かったんだ!」 

 なんて騒ぎ立てる人が出てくるのは確実だ。

 それに対するホンネの答えは「そんなことまでいちいち注意してられるかよ、しかも何千万円もかかるのに」というものだろうが、もちろんそんなこと正式に回答できない。

 
 しかしやはり、こういう「事件」があればこそ対策に火が付く(そして予算が付く)、というのは世の常である。

 エサンベ鼻北小島の一つを失った代わり、この手の「岩礁みたいなギリギリで島と呼ばれる島」の保全対策に火が付くのなら、失った領海面積を公表するのもまた良し、ではないだろうか。

「プロレス技」という虐待イジメ報道記事の定型句について

 千葉県野田市で小学4年生の娘を虐待死させた父親について、母親の方の供述による虐待過程を書いた記事が報じられている。  

www.sankei.com

 

tairanaritoshi-2.hatenablog.com


 一読して思うのは、この父親が「陰険な狂人」と呼ぶにふさわしい人物であることだろう。

 たぶんこんな人間が、大昔はローマ皇帝なんかに即位して暴虐をほしいままにしていたのである。

 だが、今回の記事の主眼は、この父親が人非人だなどと書き連ねることではない。

 主眼は、上記引用の新聞記事の一節――すなわち、


「被告は心愛さんをリビングに連れてきて、うつぶせにしてプロレス技をかけた。」


 という部分についてである。

 思うに、一般の新聞記事やネット記事で「プロレス」という言葉が使われる場合の「二大あるある」は、


①「出来レース」「なれあい」「裏に筋書きあり」という意味

②虐待やイジメの状況を報道する際、被害者がされた行為を指す

 の2つだろう。

 イジメや虐待の態様の一つとして、必ずと言っていいほど「プロレス技」という単語が使われるのを、あなたもきっと何度も見たことがあるはずだ。


 私が疑問に思うのは、ここである。

 このプロレス技というのは、具体的に何の技を指しているのか?

 それがジャーマンスープレックスラリアットムーンサルトプレスでないのは、明らかに想像できる。

 おそらくそれは、「密着してかける技」のどれかを指しているのだろう。

 たとえば、卍固めとかである。

 だがそれを言うならば、実際は「柔道技」だったり「アマレス技」「総合格闘技ワザ」だったりすることもあるはずだ。

 しかし決してそうは書かれず、どうやら一般マスコミ業界にとって「密着技」は全て「プロレス技」のようである。


 これはプロレス界にとって、喜ばしいこととも迷惑なこととも言える。

 なぜなら、プロレスが地上波テレビからほとんど消えてこれだけ経ってもなお、日本人にとって密着技と言えばプロレス技だという認識があるということになるからだ。

 そういえば我々は、「プロレスごっこ」とはいまだに言っても、「ボクシングごっこ」「柔道ごっこ」などとは決して言わないし聞くこともない。

 たぶん日本の一般人にとって、「相撲ごっこ」は「ごっこ」ではなく、「相撲」そのものなのだろう。

 そう考えると、プロレスはプロスポーツの中で「ごっこ」が「ごっこ」として成立する唯一のものである。  

(あるいは、だからこそスポーツじゃないという論拠の一つにもなるのかもしれないが……)

 プロレスの世間での認知度は、いまだに世間の中で高いのである。


 そして迷惑な面と言えば、もちろんそれが「悪いこと」の文脈で使われることだ。

 私には柔道技やボクシング技(要するに「殴る」ということ)を使ったイジメや虐待も、ゴマンとあると思えるのだが――

 しかしどうやら、イジメや虐待など「悪いこと」で使われる技は、一般マスコミでは全て「プロレス技」と表記される慣習があるようである。
 
 いや、慣習と言うより、もしかして――

 日本の新聞記者には、先輩や上司から「こういうときはプロレス技と書くんだよ」という手ほどきや指導があるのではないか、とさえ思えてくる。

 そうでなければ、「悪い行為のとき使うのはプロレス技」という脊髄反射神経ができあがっているのではないか、とも思えてくる。

 
 マスコミをこそ公の場で質問攻めにし、返答に困らせてみたい――

 という願望は多くの人が持っているだろうが、私としては、


「この『プロレス技』というのは、具体的に何の技なのでしょうか?

 え、それは柔道技ではないでしょうか?

 だったらなぜ『柔道技』と書かないのですか?」


 などと、一度は聞いてみたいものである。

浅草神社が御朱印の頒布見送り発表-巫女に暴言を吐く人は無知蒙昧すぎないか?

 浅草神社が、毎年5月の「三社祭(さんじゃまつり)」での特別御朱印の頒布を見送ると発表した。

 一部参拝客のマナー違反に、堪忍袋の緒が切れたからのようである。

nlab.itmedia.co.jp


 なんでも御朱印をもらうのに8時間待ちすることもあったそうで、中には神社職員や巫女さんに対し――


●暴言・恫喝また暴力に近い行為に及ぶ人

●1人の職員を取り囲んで罵声を浴びせる人々

●説明をしている最中に大声を出して遮る人

●遠方から来たことを理由に特殊な対応を求める人

●整理券をひったくるように受け取る人

●神社をサービス業と捉えて受付時間の変更を提案する人

●神社が税金で維持管理されていると思っている人

●神社に対して全ての人に合わせた対応・改善を現場やSNS等で求める人

●その時々の対応を批判する人

 が、何人もいたらしい。

 さて、「日本人は民度が高い」なんて脳天気に誇っている人は、こういうニュースを聞いてどう思うのだろう。

(しかも、こういうニュースはけっこうたびたび報じられるのだ。)


 神社でさえこうなのだから、日本の労働環境が(特に労働者の精神環境が)良くならないのは当然である。

 加えて思うに、まさにこういう人たちが普段は当の労働者をやっている可能性が非常に高い、とくれば――

 労働者が労働者を吊し上げるという、マルクスもビックリの救いようのない新世界がこの日本で実現している、と思うより他はない。


 しかし、それはさておくとして――

 とても疑問に思うのは、この人たちはネットだのニュースだのを全然見ないのだろうか、ということである。 

 私には全然そんな趣味はないが、御朱印集めというものが流行っていることはみんな知っている。

 それが平成から令和の変わり目、しかも大都会・東京の浅草の神社で頒布するとなれば、ものすごい時間を待たされるのはアホでもバカでも簡単に予想が付く。

 現実にものすごい人だかりや列ができているのは、テレビでだって流されている。 


 思うに、「ゴールデンウィークしかも10連休なら、どこへ行っても人が多いに違いない」としてどこへも行かなかった人は――

 日本国民の中でも、かなりの割合を占めるはずである。

 それなのに人が多いのをわかってて行くのなら、

 大混雑に巻き込まれる、

 大行列に並ぶことになる、

 数時間も待たされても仕方ない、

 なんてことは初めから覚悟するのが当たり前だ。


 いったいこの人たちは、そんなこともわからないほど知能が低いのだろうか。

 本当にそれほどまでにバカなのなら、本業でもたいした労働者ではなさそうではないか……