プロレスリング・ソーシャリティ【社会・ニュース・歴史編】

社会、ニュース、歴史、その他について日々思うことを書いていきます。【プロレス・格闘技編】はリンクからどうぞ。

宮城県上空に謎の「未確認飛行物体」-UFO=スカイフック気球再び

 6月17日、宮城県上空に現れた「謎の飛行物体」の正体が不明だということで、「ネット騒然」らしい。

 ブームから何十年も経った今でも、人類はUFOが大好きである。

 UFOを少しでも思わせる記事は、クリック数を集めるものである。

 それはともかく今回のニュースでは、かなり鮮明な写真と映像が撮られている。

 白い球体の下に十字型の何かが吊られており、どう見ても気球以外の何者でもない。

 これがUFOだとすれば、いわば「気球型UFO」だが――

 世のUFO本の「UFO種類図鑑」みたいなページでは、「葉巻型」や「ダイヤモンド型」はあっても、「気球型」というのはまず紹介されていない。

 なぜならもちろん、「気球型って、あきらかに気球そのものだろ」と誰もが思うからである。

 
 さて、「UFOと気球」と言えば、むろん「UFOの正体=スカイフック気球」との説が思い浮かぶ。

 スカイフック気球とは、1940年代から50年代あたりにアメリカが(ソ連の核実験を探知するため)打ち上げていた観測気球のことである。

 かの有名なロズウェルUFO墜落事件で、マーセル少佐が「これが墜落物体の破片」として新聞写真になった「何やらアルミホイルみたいなもの」も、

 かの有名なマンテル大尉UFO追跡・墜落死事件で、マンテル大尉が追跡した「巨大で輝く物体」も、

 その正体はスカイフック気球とされている。

(もっともマンテル大尉は、「中に人がいる」と無線連絡していたとも言うが……)


 なるほどおそらく、今まで世界中で目撃され、今でも正体未確認の「UFO」のうち何割かは、確かに気球だとは思う。

 そして今回の(異例に鮮明な)気球型物体は、やはり気球には違いない。

 そして日本から打ち上げたものでないとすれば、まず間違いなく近隣諸国から打ち上げたものだ。

 おそらく、誰もが思いついたはずだが、その国とは北朝鮮だというのが最も可能性が高い。

 北朝鮮であれば「それはウチのものです」と自己申告はしないだろうし、

 ちょうど今は「南北連絡所を爆破」などという、異例に軍事的な強気行動を取っているところである。


 「米軍とUFO」「ナチスとUFO」なんていうのはUFOファンにはお馴染み過ぎる組み合わせだが、

 「北朝鮮とUFO」というのは、そんなUFOファンにとっても新境地でありそうだ。

 しかしむろん、本当に北朝鮮製気球であったとすれば、日本の防衛上大問題である。

 河野太郎防衛相は、つい最近の4月28日、「自衛隊がUFOに遭遇したときの手順を定めたい」と言っていたが――

 まさにこれは、「UFOを発見したとき」に当たる。

 回収できるものなら、ぜひしてほしいものである。