読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロレスリング・ソーシャリティ【社会・ニュース・歴史編】

社会、ニュース、歴史、その他について日々思うことを書いていきます。【プロレス・格闘技編】はリンクからどうぞ。

銃剣道の普及のために-それは「最強最新の武道である!」とアピールする

 さて私は銃剣道の愛好者でも何でもないのだが、今はマイナージャンルである(としか言いようがないだろう)銃剣道が普及・発展するための案をいくつか出してみたい。

 まず何と言ってもネックなのは、「銃剣道」「銃剣」という言葉の響きの悪さである。

 銃剣なんて世界中の軍隊が採用してきたのだが、しかし現代日本人が銃剣と聞いて思い出すのは、一も二もなく旧日本軍のことなのだ。

 おそらくこれは、日本とアメリカが昔戦争したことさえ知らないような若者でも、やっぱりそうなのではないかと思えるほど強烈なイメージである。

 そしてむろん、「旧日本軍=銃剣=他国への残酷な仕打ち=悪の象徴・軍国主義の象徴」といった公式が頭の中で描かれることになる。

 それが左翼に凝り固まったイメージだとしても、では他に思い浮かぶ公式と言えば――

「旧日本軍=銃剣突撃=バンザイ突撃=精神主義=兵士が死ぬばかりで勝てない」という、どうにもこうにもマイナスイメージなものでしかない。

 そう、「銃剣突撃」は、旧日本軍の象徴であり名物である。

 銃剣突撃と聞いてイギリス軍や中国軍、アフリカのどこかの軍隊を連想する日本人はほぼ一人もなく、絶対間違いなく旧日本軍を思い浮かべる。

 しかしこれ、逆に言えばスゴいイメージ喚起力ではないだろうか?

 そしてこれは、「銃剣道なんて武道ではない。そもそも明治以後に西洋から入ってきたものじゃないか」という論に対する、強力な反証にもなっている。

 だって少なくとも現代日本人の間では、銃剣と言えば日本なのである。

(つまりある意味、日本を最も象徴する武技とさえ言える。)

 これはもう、「新しい伝統」とでも言うべきではないか?

 そこで二つ、銃剣道を世界にアピールするフレーズが思い浮かぶ。


(1)銃剣道は「日本最新の武道」である。

(2)銃剣道は「和洋融合の武道」である。


 実際、海外展開することは銃剣道にとって、最も有効な普及手段ではないかと思われる。
 
 例えばその英語名称を、


(3)「ガンソード・ファイティングアーツ」もしくは「ライフルソード・ファイティングアーツ」とする。


 というのはどうだろう?

 もちろんこれは、ふと思いついた和製英語に過ぎない。外国人にとって滑稽に聞こえるのかどうか、私は知らない。

 しかし「日本には、剣道・弓道などと並ぶ最新・独自の武道、ジューケンドーというのがあるらしい」 

 と外国人にアピールするのは、まんざら効果がないわけでもあるまい。

(偶然だが、ブルース・リーの創始した「ジークンドー截拳道)」と極めて音が似通ってもいる。)

 あの銃剣がブドーになるのか、と意外性を感じ、そこから銃剣道を習い始める外国人だって皆無ではないのではないか?

(だって外国には、「忍術」を習う人が結構いるのだから……)


 そして日本においては、海外で銃剣道をたしなむ外国人の姿を映像で流す――つまり逆輸入するのである。

 日本人は外圧に弱い、と言われるが、「海外で大ヒット!」というフレーズに弱い面は確かにある。

 外国人が大勢習っているのであれば、日本人が「銃剣」に抱く悪いイメージも緩和されることが期待される。

 そして国内向けとしては、


(4)銃剣道の「カッコ良さ」と「実用性」及び「最強説」をアピールする。


 のがよいかもしれない。

 そもそも銃剣とは、クールな最強性を人に(男子に)抱かせて然るべき武器である。

 なにせ「銃」と「剣」という、人類史上の二大武器――それも映画やゲームで大活躍する大人気の武器が、合体・融合しているのだから。

 ヨーロッパの戦場から槍兵を駆逐したのは、銃剣の登場と普及だった。

 火器以外の武器で最強なのは「槍」であるとよく言われる(刀はその足下にも及ばないとされる)が、銃剣はそれすらも消滅させた。

 タマも撃てるし剣・槍の代わりになるともなれば、これはもう最強と言って当然ではないか?


 そして前記事で述べたように銃剣道は事実上、道具を使う武道としては、剣道・なぎなたよりもはるかに護身術として有効だと思われる。

 「突く」という動作に特化し、基本的には非常にシンプルで習得しやすいからである。

(むろん、バカみたいに簡単だという意味ではない。)

 「実戦では“斬りつける”なんて動作は通用しないのじゃよ、お若いの」

 とか銃剣道の達人老師が微笑んで言う格闘漫画があれば、それはそれで結構リアリティを感じるのではないだろうか?

(ちょっとこれは、自信がないが……)


 最後に、「銃剣道=人殺しの訓練」という拭いがたいイメージについて。

 あるいはこれは、単に銃剣道の歴史が浅いからに過ぎないだけなのかもしれない。

 なにせ剣道も弓道も、人殺しの技術であった歴史は銃剣道のそれよりはるかに長いのに――

 今そんなことを真顔で言って剣道・弓道を指弾する人は、異常者扱いされるからである。

(ただし、「エホバの証人」の信者は例外かもしれない。

 エホバの証人信者の少年が学校の授業で剣道をやらされるのを拒否し、その代わりの課題を与えなかった学校の対応は違憲である、とした最高裁判例がある。)

 我々は、剣(刀)や弓で人を殺し戦争を行った時代から、遠く離れた時代に生きている。

 しかし銃剣を使って人を殺し戦争した時代からは、まだそんなに離れてはいない。

 もし銃剣道がこれからもそんな「時効」を迎えず、相変わらず忌まわしい人殺しの道具扱いされるのだとしたら……

 それは銃剣がいまだ戦争で使われる時代が続くからだろうし、逆説的に言えば、銃剣がこれからも実戦で有効だということを示しているのかもしれない。