プロレスリング・ソーシャリティ【社会・ニュース・歴史編】

社会、ニュース、歴史、その他について日々思うことを書いていきます。【プロレス・格闘技編】はリンクからどうぞ。

習近平国家主席、任期撤廃で終身支配か―「21世紀は中国の時代」と言う人がいない理由と、中国の滅亡カウントダウンへ

2月25日、中国の国営新華社通信は―― 最高指導者である国家主席の任期を「連続2期まで」と定めた憲法を改正する議案を、中国共産党中央委員会が全国人民代表大会(全人代)に提出した、と伝えた。 3月5日に始まる全人代で可決されれば(されるに決まっている…

地球の野生馬はすでに絶滅していたと判明-大繁栄の偶蹄類と大衰退の奇蹄類は、いったい何が違うのか?

この地球上に、すでに野生の馬は残っていないとのDNA研究結果が、2月22日に発表された。 www.afpbb.com こんなブログ記事を見つけて読むほどの人なら―― 地球最後の野生馬は、この中央アジアに生息するプルツワリスキー(プルジェワリスキー)馬とかいうもの…

歴代最低大統領トランプ、「教師の銃武装で銃乱射事件を阻止」-人民武装権は狂気の沙汰か? 豊臣秀吉の刀狩りは正しかったか?

アメリカのトランプ大統領は、先日のフロリダ州高校での銃乱射事件の遺族らをホワイトハウスに招いて面会し―― 「教師を銃で武装させて銃乱射犯を阻止するという提案を、強力に支持する」と発言した。 www.bbc.com tairanaritoshi-2.hatenablog.com 普通の日…

激震考古学!? 巨大水中洞窟でマヤ文明の遺跡発見、トンデモ超古代文明論は真実なのか?

世の中こういうニュースばっかりだったらいいのに、と思う人は多いだろう。 なんか最近、異常なまでに「マヤ文明」が熱い。 1年に何度も何度も、新発見・新発掘のニュースがネットに載るのである。 そしてつい先日は、メキシコはユカタン半島でつい最近発見…

羽生結弦の五輪2連覇と安倍首相の小さな・明らかなウソ

平昌オリンピックのフィギュアスケートで、羽生結弦(23歳)がオリンピック2連覇(金メダル)を果たした。 これはフィギュア史上66年ぶりの快挙だそうだ。 そしてこのことで何が最も印象に残ったかって、その66年前に連覇を果たしたディック・バトン氏(アメリ…

アメリカの風物詩、(高校での)銃乱射事件またも-犯罪予備軍対策は民間監視会社・NPOへ委託する?

アメリカの風物詩もとい風土病である銃乱射事件が、また起こった。 米フロリダ州パークランドの高校で現地時間2月14日、その高校を退学になった元生徒ニコラス・クルーズ(19歳。名前だけは俳優みたいだ)が半自動小銃を乱射し、生徒ら17人を殺害した。 www.j…

和田竜人さんのDNA、松岡伸矢くんと一致せず-1989年3月7日、そこで何が起こったか?

報道から一週間ほど経ち、もう過去の話になってしまったのだが―― 例の松岡伸矢くん失踪事件で、伸矢くん本人ではないかとネットで騒がれていた和田竜人さん、DNA鑑定によると伸矢くんではなかったらしい。 www.nikkansports.com (⇒ 独女ちゃんねる 2018年2…

平昌「美人五輪」開幕-日本は、美人ならでは夜も明けぬ国

開幕した平昌(ピョンチャン)オリンピックに限った話ではないが―― 日本のメディアやネット民にとってそれは、「美人オリンピック」でもある。 これは2月11日(日)午前3時頃の、あるスポーツ専門サイトのアクセスランキング。 the-ans.jp エストニアの旗手が…

北朝鮮・美女軍団またも現る-「美人資本主義国・北朝鮮」とマルクスの予言

毎度毎度、何か国際的イベントに北朝鮮が参加するときいつも現れる「美女軍団」が、今回の韓国・平晶オリンピックにも「応援楽団」として出現した。 その韓国の反応は、次のとおりらしい。 www.afpbb.com www.recordchina.co.jp 「(一応敵対してるから)言…

古代イギリス人は「青い目の黒人」だった? たった1万年で進む肌の色の変異

これは、こういうことに興味のある人にとっては誠に興味深いニュースである。 約9000年前のイギリスで暮らしていた男性の頭蓋骨をDNA鑑定にかけたところ―― その肌は「濃い色から黒にかけての色」で、縮んだ黒髪を持ち、青い目をしていたことが判明したという…

「小学校にアルマーニ制服」と「中学校にジェンダーレス制服」-セックスシンボルとしての制服は廃止される?

期せずしてほぼ同日に、「学生の制服」について好対照とも言える二つのニュースが報じられた。 一つは東京中央区は銀座の泰明小学校が、この4月からイタリアの高級ブランド「アルマーニ」デザインの(一式9万円する)制服を導入する、と発表したことである。…

眞子さま&小室圭さんの結婚延期-「人間のデューデリジェンス(身元調査)」が社会のキーワードに

2月6日、宮内庁は眞子さまと小室圭さんとの結婚延期を発表した。 また、眞子さま自身も「急ぎすぎていました」とコメントを発表した。 mainichi.jp mainichi.jp mainichi.jp 宮内庁は「小室家に関する週刊誌報道は関係ない」と否定しているが、もちろん関係…

アメリカの新核戦略とロシアの「大陸間核魚雷」-反核団体・被爆団体のマーケティング論

アメリカのマティス国防長官は1月19日にアメリカの新国防戦略を、2月2日に新核戦略を発表した。 従来の対テロ戦争から舵を切り、伝統的な国家間戦争に対応・回帰しようとする内容だという。 (⇒ Newsweek日本版 2018年1月22日記事:アメリカの新国防戦略、中…

未解決事件の金字塔「松岡伸矢くん行方不明事件」解決か-和田竜人さんは松岡伸矢くん本人なのか?

もしこれが本当なら、どえらいニュースである。 日本の未解決行方不明事件の中でも最も著名さでは一二を争う、1989年3月7日に発生した「松岡伸矢くん(当時4歳)失踪事件」―― その松岡伸矢くん本人が、29年の時を経てTBSテレビの公開捜査番組に「和田竜人」…

F1「レースクイーン廃止」の衝撃 その2-フェミニズムと厳格イスラム教の“夢の同盟”は成るか?

昔は確かに、“ミスコン廃止論”が強勢だった時代があった。 女性を品評してランク付けするなんて女性蔑視だ、という思想が大きく伸びた時代があった。 ところが今の日本ではそれが夢だったかのように、ミスユニバースとかミスキャンパスとかいった話題が、何…

F1「レースクイーン廃止」の衝撃 その1-「女を武器にする日本のメディア」はどう反応する?

これは、なんとも重大激震ニュースに聞こえてしまう。 このブログでもさんざん“美人資本主義”について書いてきたので、いささかなりとも何か書く必要があるだろう。 モータースポーツの頂点であるF1(フォーミュラ・ワン)は1月31日、その公式サイトで―― 「“…

大分-松山間「海底トンネル新幹線」構想-愛称は“ゆけむり海道”で決まり!?

これは鉄道ファンや鉄道・建設業界人、地元民でなくともクリックしてしまうニュースである。 大分市は1月10日、大分県と愛媛県を繋ぐ“豊予海峡ルート”を海底トンネル&新幹線で結ぶ構想の2次調査結果を公表し―― 大分-松山間を最短36分・1日36往復が可能とし…

週刊文春編集長「切ない」「伝わり方にギャップ」―子どもに「大人はバカばっか」と思われても仕方ない?

小室哲哉が引退表明したことで、その不倫を暴いた週刊文春に批判が殺到している。 tairanaritoshi-2.hatenablog.com その最中の1月27日、週刊文春の新谷学(53歳)編集長は、同誌デジタル会員向けのトークイベント(相手はカンニング竹山)に出席し、“苦しい胸…

元NHKアナ登坂淳一、文春砲の直撃を喰らう-職業人はみんな身元調査をやるべき? そして野中広務の死

NHKを辞めてフジテレビの新番組のキャスターになるのも目前だった、登坂淳一アナ(46歳)だが―― 『週刊文春』(またである)のセクハラスクープ報道を受け、事実は認めていないもののキャスター就任を辞退することとなった。 npn.co.jp www.jprime.jp 登坂ア…

保守派評論家・西部邁 氏が自殺死-「生きるより大切なものがある、それは信じる美学」

突然の訃報とは、このことである。 保守論壇の重鎮とされる評論家の西部邁(にしべ すすむ。78歳)氏が死去した。 しかも、多摩川に飛び込んでの自殺だという。 www.iza.ne.jp www.sankei.com どうも3年前の妻の死から、(普通の人の死に方である)病院死で…

小室哲哉の不倫引退で「文春砲」へ大批判-社内でも見下される“賤業”?

かの「文春砲」(週刊文春)が小室哲哉の不倫をスクープしたことで、小室哲哉は引退を表明した。 このことでファンからはもちろん、ホリエモン(堀江貴文)、舛添要一(元東京都知事)らが一斉に文春批判にかかり、週刊文春の公式ツイッターが炎上状態になっ…

スウェーデン政府、国民に「(ロシアとの)戦争に備えよ」と呼びかける-ここはウーマン村本氏の出番では?

やっぱり注目せざるを得ないニュースである。 スウェーデン政府が「軍備増強」を進め、ロシアとの戦争に備えて国民に非常物資を蓄えるようパンフレットを配布して呼びかけるという。 www.cnn.co.jp 私は浅学にして、北欧情勢がそんなに緊迫しているとは全然…

「成人式」という超メガヒット官製イベント-「晴れ着で成人式に出る」ことは「人権」となった

先日の成人式で、着物販売レンタル会社「はれのひ」が電撃閉店(?)したことで、何百人もの女性新成人が晴れ着を着られなくなりパニックになったことは、まだ記憶に新しい。 そこで横浜市が「成人式に出られなかった人のために成人式をやり直す」と報道された…

カトリーヌ・ドヌーブら「男は女を口説く権利ある」-女を口説くのはもう止めよ。と言うか日本人はもう止めている

有名女優カトリーヌ・ドヌーブ(74歳)らフランス女性100名が『ル・モンド』誌に寄稿し―― かの「#MeToo」(セクハラなどの性暴力を告発)運動が、行きすぎた魔女狩りに堕したとする論陣を張った。 www.jiji.com www.huffingtonpost.jp ドヌーブらは、社会的…

米YouTuberローガン・ポール、自殺死体&謝罪&バカ犯罪動画で荒稼ぎ-これがホントのゲリラ・マーケティング?

アメリカのYouTuber、ローガン・ポールという若者は、そのYouTubeチャンネルに1,500万人ものフォロワーを持つという。 私はどんなにYouTubeの動画が面白くても、一度もそのチャンネルをフォローしたことはない。 (こういう人、けっこう多いはずである。) …

「あの」三橋貴明、10代妻への傷害容疑で逮捕-「ああいう写真」を載せる人は信用できない件

これは衝撃ニュースと言うべきか、お笑いニュースと言うべきか…… 1月6日、ネット上では超の付くほどの有名人である経済評論家・三橋貴明(本名:中村貴司、48歳)氏が、妻への傷害容疑で警視庁に逮捕された。 www.asahi.com (もっとも本人は、「何もしてい…

ウーマン村本氏ら非武装投降論者に聞いてみたい、たった一つの質問

新年明けましておめでとうございます。 さて今年最初の記事は、例のお笑いコンビ・ウーマンラッシュアワーの村本大輔氏の発言についてである。 正月番組の『朝まで生テレビ』の中で、村本氏は ●「もし侵略されたら、白旗を揚げて降参する」 ●「なぜ中国や北…

「雑炊の盛り付け・作り方で店主惨殺」事件-日本で極大化する「労働リスク」

年の終わりに、何とも陰惨な事件である。 滋賀県草津市のちゃんこ料理店「隠れダイニング蔵間草津店」のオーナー・糸岡真二さん(60歳)が、客2人に2時間半にもわたる暴行を受けて死亡した。 犯人は、不動産仲介業・浜野慶治(46歳)と土木作業員・関一也(45歳)…

【著作】人口減少と無人島化、「民主身分制」封建土人国の日本

この記事は、ツイッター広告用である。(私は何でもやってみたい方なのだ。) Amazon.co.jp: 平 成敏:作品一覧、著者略歴 人口減少時代に入った日本で、その魁(さきがけ)となるように数年後に無人島化する島が、瀬戸内海にある。 そうなる前に、まだ定期船…

はぁちゅう氏もまた童貞イジリで謝罪-「士農工商エタ非人」の構造は永遠に?

先日の記事の続きである。 (⇒ 2017年12月18日記事:はぁちゅう氏の電通クリエイターセクハラ告発事件-なぜ tairanaritoshi-2.hatenablog.com 著名(らしい)クリエイター・岸 勇希 氏のセクハラ・パワハラを告発して社会的制裁を受けさせたブロガーの「は…