プロレスリング・ソーシャリティ【社会・ニュース・歴史編】

社会、ニュース、歴史、その他について日々思うことを書いていきます。【プロレス・格闘技編】はリンクからどうぞ。

IS

「イスラム国崩壊・滅亡」も日本人にはベタニュース-道化と化したテロ国家の末路

10月17日、シリア民主軍(SDF。米軍の支援を受ける)報道官は「ラッカでの戦闘は終結し、同市は解放された」とAP通信に伝えた。 www.sankei.com www3.nhk.or.jp ラッカはイスラム国(IS、ISIS)が「首都」としていた街である。首都が陥落したからってその勢…

イラク軍、モスル解放&勝利宣言-イスラム国崩壊へのカウントダウンとロンドン・ゲイ・プライド・パレード

7月9日、イラクのアバディ首相は、イスラム国(IS)が支配していたイラク北部の都市モスルの解放及び奪回作戦の勝利を宣言した。 一方7月3日には、米軍支援の「シリア民主軍」がISの首都・シリア北部のラッカ旧市街に突入したとの報道が入っている。 昔の中…

“扇風機にあたるカリフ”バグダーディ死亡? どうなるイスラム国

唐突なニュースだが、イスラム国(IS、ISIS)の最高指導者と目されるアブーバクル・バグダーディ(45歳)が死亡したらしい。 しかも殺ったのはロシアの空爆だという。 6月16日のロシア国防省発表によると、5月28日未明にシリア北部のラッカ(イスラム国の首…

就任式でトランプは暗殺されず--イスラム国を「言うだけ番長」にするイメージ戦略

1月20日、ドナルド・トランプがアメリカ大統領に就任した。 イスラム国(IS)はその就任式で彼の暗殺を「図っていた」そうだが、もちろん実施されなかった。 (⇒ 2017年1月19日記事:もしイスラム国がトランプを暗殺したら) もっともイスラム国は自ら暗殺を…

もしイスラム国がトランプを暗殺したら

イスラム国が1月20日の大統領就任式にトランプ暗殺を狙う? では暗殺が起こったら、誰が次の大統領(代行)になるのか。

フランストラックテロとイスラム国呼称問題、精神不安定犯罪者の尻馬に乗るイスラム国

本当はプロレスの話を書きたいのだが、世の中でいろんなことが次々起きるのでそれもままならない。 7月14日夜、保養地・観光地として有名なフランスのニースで、チュニジア出身のモハメド・ラフエジ・ブフレル(31歳)が25トン(!)トラックで意図的に人混み…

同性愛者に銃乱射 尻馬に乗るイスラム国と、宗教にとっての「踏み絵」

6月12日未明、米フロリダ州オーランドにあるナイトクラブ「パルス」――同性愛者が集まる場所――でオマル・マティーン(29歳)が銃を乱射し、50人を死亡・53人を負傷させた。(マティーンは警察によって射殺) アメリカ史上、最悪の銃乱射事件である。 マティー…