読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロレスリング・ソーシャリティ【社会・ニュース・歴史編】

社会、ニュース、歴史、その他について日々思うことを書いていきます。【プロレス・格闘技編】はリンクからどうぞ。

アパホテルvs中国(5) 「社長の見解=会社の見解=従業員の見解」の激ヤバさ

アパホテル本の内容が、「沖ノ鳥島は岩である」とか「反イスラエル」とかだったら、それは従業員の思想信条の自由を侵す大問題になっていたのではないか……?

トルコ・クーデター未遂事件と日本国憲法前文

7月15日夜、トルコ軍の一部がクーデターを起こしたがアッという間に失敗、市民・警察官161人が死亡した他、反乱兵104人が殺害されたそうである。 これを書いている今現在、同国エルドアン大統領はクーデター派と見なされたおよそ6000人を拘束、黒幕と見られ…

天皇陛下、「生前譲位」の叡慮 ― 現代は「戦後幕府」の幕末か?

私にとっては、ものすごいタイミングでの大ニュースである。 (とはいえ、興味のない人にとってはどうでもいいニュースに違いない。興味がなければ何のニュースでもそうなる。) つい昨日と今朝、天皇がらみの2本の記事を書いたばかりのところだからだ。 (⇒…

イスラム国と共鳴者の相互尻馬関係、平和主義者はイスラム国をどう思うのか?

バングラデシュのカーン内相によると、日本人7名を含む首都ダッカでのテロ事件(7月1日夜)の主犯者は、イスラム国ではないそうである。 では誰かと言えば、地元イスラム過激組織「ジャマートゥル・ムジャヒディン・バングラデシュ」(JMB)の構成員らし…

生活保護の基本論:「人並み」と「最低限」は明らかに違う、ということ

さて、全員とは言わないが生活保護の受給者たちは、 そして彼らのためを自認する弁護士・法曹・市民団体の人たちは、 生活保護受給者が「人並みの生活」ができるよう訴える。そういう訴えを我々は、新聞紙上やウェブ上で頻繁に目にする。 しかし憲法・生活保…

生活保護の難題:スマホを持つのは「健康で文化的な最低限度の生活」の要素か?

果たしてスマートフォン(スマホ)を持つことは、憲法の定める「健康で文化的な最低限度の生活」の要素を構成するのだろうか? 大方の人は、これに「否」と答えそうである。 しかしもちろん、「当然“最低限度”の範囲に入る。現代の社会情勢ではそうである」…

「生活保護者は働けよ!」 ~では、あなたは生活保護者を雇うのか?~

最も強硬な生活保護反対論者にしても、「病気や障害で働けない人」を生活保護することには反対しないだろう。 たまたま不幸にも、災害や事故や失業で「一時的に」収入がなくなった人についても同じだろう。 しかしそうでない場合――五体満足で充分働けそうな…

別府市、パチンコでの生活保護支給停止を撤回 ~AKB48と生活保護~

3月16日、大分県の別府市と中津市が、従来「生活保護受給者がパチンコしたら、支給を一部停止」してきたものを、来年度から止める方針であることがわかった。 生活保護法では受給者がパチンコすることを明確に禁じているわけではないとして、国と県から是正…

【まとめ記事】副業禁止は明白な憲法違反ではないか?

「副業禁止」に関する、最近の記事をまとめた。 2016年2月26日記事:副業禁止は明白な憲法違反ではないか? その1 自由の抑圧を支持する人たち 2016年2月28日記事:副業禁止は明白な憲法違反ではないか? その2 集団的自衛権と先制予防自衛権① 2016年2月28日…