プロレスリング・ソーシャリティ【社会・ニュース・歴史編】

社会、ニュース、歴史、その他について日々思うことを書いていきます。【プロレス・格闘技編】はリンクからどうぞ。

元号

平成の大晦日-改元の経済効果と「去りゆく王に花束を」

平成最後の日、2019年4月30日。 おそらく大半の日本人がそうだと思うが、まるで大晦日のような感覚である。 私にしても、RIZINを見ていないのが不思議なように感じてしまう(笑) 4月30日なんていう何でもない日なのだが、まるで1年の終わりのような―― いや…

日本人よ、今度こそ「元号だけ」で書くのは止めよ-「西暦は便利だから使ってやる」という気でいればよいから

新元号が「令和」となったことで懸念されることが、もう一つある。 それは、ここ1年間は新元号が決まってなかったからといって、控えていたかもしれないこと―― すなわち、またぞろ契約書や計画書なんかを「元号だけ」で書くという悪習に戻ることである。 私…

新元号は「文光」か――カンタンな漢字で「元号離れ」を防ぐ

いよいよ、平成の次の新元号の発表も間近である。 ここでは誰もがやりそうなこと、つまり「新元号は何になるか」を少し真面目に考えてみたい。 (もちろん、当たるわけないのは百も承知だが。) まず、これまた誰もがやりそうな「否定から入る」方式でやって…

平成は31年4月30日で終わり-時代への適応力を失う皇室と宮内庁?及び新時代の元号の決め方について

12月1日の皇室会議で、現天皇は2019年(平成31年)4月30日に退位し、翌5月1日に新天皇が即位することが決まった。 つまり、平成は31年4月30日で終わり、翌5月1日から新元号になるのである。 (新元号は来年2018年夏頃に発表されると言われている。) 一言で…

平成は30年で終わり-いい加減もう、計画書・契約書に“元号のみ”を記すのは止めるべきではないか?

平成は30年で終わるとわかった。 それなのにまだ契約書や計画書を“元号のみ”で記すのは、もはや後の担当者に大迷惑をかけ、社会の効率性を損なう「国賊」行為の域である。 あくまで“元号のみ”を記すべきだと言う人は、遣唐使の廃止が何年だったか元号で憶え…