プロレスリング・ソーシャリティ【社会・ニュース・歴史編】

社会、ニュース、歴史、その他について日々思うことを書いていきます。【プロレス・格闘技編】はリンクからどうぞ。

「エサンベ鼻北小島」消失で領海はどれくらい狭まるのか報道がない件

北海道は猿払村の沖、約500メートルにあるという「エサンベ鼻北小島」が消滅してしまったのではないかとの報道があったのは、昨年(2018年)10月末。 それから半年以上経った今年5月20日、ようやく海上保安庁が現地調査を始めた。 (⇒ HTB北海道テレビ放送 2…

「プロレス技」という虐待イジメ報道記事の定型句について

千葉県野田市で小学4年生の娘を虐待死させた父親について、母親の方の供述による虐待過程を書いた記事が報じられている。 www.sankei.com tairanaritoshi-2.hatenablog.com 一読して思うのは、この父親が「陰険な狂人」と呼ぶにふさわしい人物であることだろ…

浅草神社が御朱印の頒布見送り発表-巫女に暴言を吐く人は無知蒙昧すぎないか?

浅草神社が、毎年5月の「三社祭(さんじゃまつり)」での特別御朱印の頒布を見送ると発表した。 一部参拝客のマナー違反に、堪忍袋の緒が切れたからのようである。 nlab.itmedia.co.jp なんでも御朱印をもらうのに8時間待ちすることもあったそうで、中には神…

インド軍、イエティの足跡発見と発表-令和初日のトンデモニュース

なんとなんと、令和の初日から(別に合わせたわけでもあるまいが)とんでもないニュースが掲載された。 ネパールに山岳遠征したインド軍の部隊が、縦81センチに及ぶイエティの足跡を発見したというのである。 jp.reuters.com しかしこれ、軍の「公式発表」と…

平成の大晦日-改元の経済効果と「去りゆく王に花束を」

平成最後の日、2019年4月30日。 おそらく大半の日本人がそうだと思うが、まるで大晦日のような感覚である。 私にしても、RIZINを見ていないのが不思議なように感じてしまう(笑) 4月30日なんていう何でもない日なのだが、まるで1年の終わりのような―― いや…

悠仁さまの席に包丁2本を置く男あらわる-あえて「暗殺ほのめかし」でニュースになりたいソフトテロ?

4月26日、お茶の水女子大付属中学校に一人の男が侵入し、秋篠宮家の長男である悠仁さまの席に包丁2本を置いて帰ったという。 その包丁は刃の部分がピンクに塗られ、2本を並べるようにアルミ棒の先にテープで巻かれていたという。 その槍のようになったものを…

「カニ界激震」という秀逸タイトルと9000万年前の「昆虫ガニ」発見

「カニの定義の見直しを迫るような」9000万年前のカニが発見された、とのニュースが入ってきた。 9000万年前と言えば白亜紀後期の恐竜時代で―― 首長竜や大型アンモナイトなどと同時代に、こんなカニが海中を「泳いで」いたというのは、まさしくロマンである…

米海軍、UFO目撃報告手引きを作成-UFO探しは止めて宇宙人接触研究に集中すべき?

CNNの報じるところによると、このたびアメリカ海軍は「UFOを目撃したときの報告手引き」を作成し、各部隊に配布・説明を行うらしい。 www.cnn.co.jp かつて全世界を席巻した「UFOブーム」は遠い昔の話となったが、いまだに「UFO」の魅力は健在である。 おそ…

「ニュージーランドの敵をスリランカで討つ」またもイスラム国の尻馬式犯行声明

4月21日にスリランカ各地で発生した同時多発自爆テロの死者は、321名に上っている。 そして23日、スリランカ政府は全土に非常事態宣言を発令するとともに、事件はやっぱりイスラム過激派が(国際的に連携して?)主導したものだと発表。 何でも60代のイスラ…

Amazon、中国から撤退-抑圧国家はGAFAの支配に抗する砦?

4月18日、米Amazonは本年7月18日までに中国でのマーケットプレイスを閉鎖すると発表した。 (⇒ ロイター 2019年4月18日記事:米アマゾン、中国版サイトのマーケットプレイス閉鎖へ) 中国市場から撤退する理由は、現地ネット通販企業との競争に勝てなかった…

「何事も 斜めに見るのが 人の道」道徳が日本の転落を加速させる

フェミニストとして有名な上野千鶴子・東京大学名誉教授の東大入学式での祝辞が、反響を呼んでいる。 それを受けて“コミュニケーション・ストラテジスト”(ホントに、何でも肩書きになるものである。まるでプロレス技のようで面白い)岡本純子氏が、次のよう…

ノートルダム大聖堂炎上は「文化財破壊テロ」のきっかけになる?

4月15日、パリのノートルダム大聖堂が炎上し尖塔は崩壊、有名なステンドグラスも粉々に砕けた。 どうもこの大聖堂は“フランス人の魂”のようなものらしく、フランス人とパリジャンは大ショックを受けているようだ―― と言っても、フランス人ならぬそしてカトリ…

弁護士「憲法に書いてあるから天皇制反対は無意味」って、そんなんでいいんすか

弁護士の山根二郎氏らのグループが、令和への改元は耐えがたい苦痛で違憲だとする訴訟を提起した。 www.huffingtonpost.jp これについては、「また左翼弁護士が勝てもしない訴訟を起こした」と感じる人が大多数だと思われる。 そして確かに、こういう提訴は…

日本人よ、今度こそ「元号だけ」で書くのは止めよ-「西暦は便利だから使ってやる」という気でいればよいから

新元号が「令和」となったことで懸念されることが、もう一つある。 それは、ここ1年間は新元号が決まってなかったからといって、控えていたかもしれないこと―― すなわち、またぞろ契約書や計画書なんかを「元号だけ」で書くという悪習に戻ることである。 私…

新元号「令和」で懸念されること-そして平成最後の日の記憶

4月1日、5月1日からの新元号が「令和」になると発表された。 私は先日の記事で、当たらないのを承知で「文光」になるかもと予想したのだが、カスリもしないハズレであった。 まさか「令」なんて字が使われるとは、 そして昭和に続きまたも「和」の字が最後に…

「夫婦(強制)同姓は合憲」判決で希少姓は絶滅する

あのグループソリューションで有名なサイボウズの青野社長が提起した、「夫婦の選択的別姓を認めないのは憲法違反」裁判だが―― 3月25日、東京地裁はその損害賠償請求を棄却した。 しかし青野社長らは意気軒昂で、「これは最高裁まで来いというメッセージ」と…

切り裂きジャックの正体は理髪師コスミンスキー?-「謎が解決してほしくない」願望

何度も聞いた覚えがあるが、ついにあの切り裂きジャックの正体が判明したらしい。 その正体は、事件当時から最有力容疑者の一人だったというポーランド人理髪師アーロン・コスミンスキー(当時23歳)。 jisin.jp rocketnews24.com 切り裂きジャック事件は188…

NZ対モスクテロで49人死亡-イスラムと白人右翼のテロ応酬「第三次世界大戦」始まる?

3月15日、ニュージーランドはクライストチャーチにあるイスラムモスク2箇所で、白人4人の銃によるテロ攻撃があり49人が死亡した。 「人類みなユーチューバー時代」の産物と言うべきか、犯人らは銃乱射による殺害光景をSNSで生中継していたという。 (⇒ 時事…

自衛隊&ストライクウィッチーズコラボポスターに批判で撤去-日本社会のアニメ化はどこまで行くのか

自衛隊滋賀地方協力本部が人気アニメ「ストライクウィッチーズ」とコラボした自衛官募集ポスターが、「(性的で)不適切」との批判を浴びて撤去されたとのこと。 nlab.itmedia.co.jp 私はストライクウィッチーズというアニメは名前だけしか知らないのだが、…

新元号は「文光」か――カンタンな漢字で「元号離れ」を防ぐ

いよいよ、平成の次の新元号の発表も間近である。 ここでは誰もがやりそうなこと、つまり「新元号は何になるか」を少し真面目に考えてみたい。 (もちろん、当たるわけないのは百も承知だが。) まず、これまた誰もがやりそうな「否定から入る」方式でやって…

池江璃花子が白血病告白で骨髄ドナー登録が増える?-「有名人にあらずんば人は動かず」の社会

2月12日、日本水泳界のエースと目される池江璃花子選手(18歳)が、自身が白血病であることを発表した。 これを受けて芸能人らが骨髄バンクへのドナー登録を呼びかけるとか、 その骨髄バンクへの問い合わせが急増するなどの動きが起きているそうだ。 (⇒ 毎…

「絶対になってはならない職業」その1:児童相談所職員/偶然に手に入れた親権はそんなに神聖か

世の中には、絶対になってはならない(と思われても仕方ない)職業というのがあるものだ。 その筆頭近くに位置するのが、頻繁に・コンスタントにバッシングされる「児童相談所職員」というものである。 ここでこうして書くまでもなく、普通の感性を持つ世間…

アベノミクスはウソだった?-統計不正を防ぐには統計機関を「四権分立」すべきではないか

厚生労働省の行う「毎月勤労統計」に不正・不適切があり、それが雇用保険の支給額などに影響があるとして問題になっている。 そしてどうやら、昨年2018年の実質賃金の伸び率はマイナスだった―― つまり、安倍首相ら政府が「勤労者の賃金は着実に伸びている」…

子殺しの親の恫喝で市教委が子の書いたアンケートをその親に渡す&校長が念書を入れる-「訴訟にしない」のは時代遅れである

千葉県野田市で小学4年生(10歳)の娘を死亡させた父親(41歳)が逮捕されたが―― その父は「躾としてやったことで、悪いことをしたとは思っていない」と言っているそうだ。 そして彼の「訴訟も辞さないという恫喝的な態度」に恐怖を感じた市教委は、なんとそ…

「大坂なおみが白人化」CMで日清食品が動画削除-そして「黒人プリキュア」もまた登場しない

そごう&西武百貨店に続く2019年の企業CM炎上2件目は、テニスの大坂なおみ選手をアニメ化した日清食品の広告動画であった。 アニメ化された大坂なおみの肌が、本物の黒っぽい肌とは似ても似つかぬ白い肌に改変され―― それがいわゆる「ホワイトウォッシュ」(…

セブンイレブンとローソンも成人誌販売中止へ-エロ本もまた「遅れてきた専門チャンネル化」へ

1月21日、コンビニ大手のセブンイレブンとローソンが、今年8月末までに全店舗での成人誌(エロ本)取扱を中止すると発表した。 nlab.itmedia.co.jp これについては先例・先駆者があり、すでに2017年にはミニストップが同じことをやっている。 tairanaritoshi…

「ヒゲ裁判」で人事評価を下げた大阪市敗訴-「外国人がやるのはいいが日本人がやるのはダメ」の問題感性

ヒゲを禁じた内規に違反したとして旧市営地下鉄運転手の人事評価を最低ランクにした大阪市が、その運転手に訴えられて敗訴した。 大阪地裁に44万円の賠償命令を出されたとのこと。 (⇒ 読売新聞 2019年1月16日記事:ヒゲを理由に低い考課「違法」44万円賠…

ブラック企業ならざる企業も業務委託契約で雇用契約を避ける-進む「日本人の労働離れ」

恥ずかしながら、冠婚葬祭業の最大手が「ベルコ」という企業だとは、私は知らなかった。 そのベルコ社について、今野晴貴氏が長文の力作記事を書いている。 news.yahoo.co.jp ベルコ社は「実質」約7,000人の従業員を擁するのに、正社員はたったの35人しかい…

トランプ、NATOやめるってよ-日米同盟もまた冷戦の遺物か

アメリカのトランプ大統領は昨年、「NATO(北大西洋条約機構)なんてもうやめたい」と周囲に複数回漏らしていたという――ことが報道された。 (⇒ 時事ドットコム 2019年1月15日記事:トランプ米大統領がNATO離脱意向=周囲に複数回漏らす-報道) (⇒ WED…

そごう・西武の女性広告が炎上-なぜ人は百貨店のCMに政治的メッセージを込めたがるのか

新年早々、今年第1号のCM炎上は、そごう&西武百貨店の「わたしは、私」という「女性がパイを投げられる」CMであった。 これにはネット界から、パイならぬボロクソの批判が浴びせられている。 blogos.com blogos.com blogos.com それにしてもこういうことが…