プロレスリング・ソーシャリティ【社会・ニュース・歴史編】

社会、ニュース、歴史、その他について日々思うことを書いていきます。【プロレス・格闘技編】はリンクからどうぞ。

ジョン・レノン殺害犯40年目の謝罪-「有名人殺し」は今こそ盛んになるだろう

1980年12月8日、ビートルズのジョン・レノン(当時40歳)は、マーク・チャップマン(当時25歳)に射殺された。 それから20年後の今年8月19日、チャップマンはニューヨークの仮釈放の公判の中で、 レノンの妻のオノ・ヨーコ(87歳で今も存命)に謝罪の言葉を…

歌手Toshi「観客1名のみ」コンサート熱唱-逆転の発想で「良い売名」

9月22日、歌手のToshi(54歳)が、東京オペラシティにおいて「観客1名のみ」のコンサートを開催した。 正確に言うとコンサートは4部制で各30分、各部1名(第4部のみペア2組)を招待。 これには1万人以上の応募があったらしく、もちろん全員がToshiのファンだ…

なぜ女は自分より「上」の男でないとダメなのか-男女平等と年収1億円婚活CA

間欠的にネットに出てくる題材であるが、また最近、「コロナ婚活に励むCA(キャビンアテンダント)」を採り上げた記事が(やや)注目を集めた。 diamond.jp このCAは30歳で年収600万円だが―― 「身長と歯並び」は絶対に譲れず、 年齢は30歳から45歳まで、 外…

アカデミー賞新基準は、やっぱり日本に不利ではないか?

9月8日、アメリカの映画賞として有名な「アカデミー賞(オスカー)」の主催団体は、 2025年(第96回)から適用される作品選考の新基準を発表した。 ****************** (ELLE 2020年9月9日記事から転載) 【基準A 作品上の表現、テーマ、…

Zoom会議の「上座」-どこを見ても何を見ても「上下」を見る日本人

コロナ禍を契機に、一気に普及?した観のあるテレビ会議。 しかしテレビ会議というもの、こんなにも「普及が遅れ」ることを、昔の誰が予想しただろう。 こんなもの、1960年代・70年代の「未来はこうなる」系の記事では、21世紀を迎える前にとっくに普及して…

「フランスには冒涜の自由がある」-「自由vs配慮」が人類最終戦争?

5年前、フランスの週刊新聞『シャルリー・エブド』が、イスラム教の開祖・ムハンマドの風刺画を掲載したとして、イスラム教徒の襲撃を受けた。 そしてこの2020年9月1日、同紙は再びムハンマドの風刺画を表紙とし、これからも(タブーなき)風刺画を掲載し続…

中国陝西省シーマオ遺跡は4300年前?-南米遺跡との不気味な類似

中国は陝西省の「シーマオ」という遺跡は、長らく万里の長城の一部だと思われていた。 しかし最近の調査で、その一部は4300年前に遡ることが判明したらしい。 シーマオの繁栄期間は、紀元前2300年から紀元前1800年くらいの間で―― その後は、(古代遺跡につい…

Amazonプライム、三浦瑠麗CM動画を削除-アマゾンもまた美人資本主義から逃れられぬ

Amazonプライムビデオは、国際政治学者の三浦瑠麗 氏(39歳)を、そのCMに起用した。 しかしこれに反発する人たちが「#Amazonプライム解約運動」を起こし、 それによりAmazonプライムは、彼女の出演CMを公式YouTubeから削除した。 (⇒ バズプラスニュース 20…

芸能界&プロレス界に感染拡大-2019年以前の映像は、「時代劇」になるかもしれない

8月15日は終戦記念日。 しかし今年は終戦記念日どころじゃないというのが、一般的な日本人の共通認識ではなかろうか。 コロナ感染拡大の第二波は、第一波より明らかに大きく悪化している。 特にその印象を強めたのは、8月13日~15日に明らかになった、芸能人…

「タバコがコロナを防ぐ」=「核兵器が地球を浄化する」まるで『復活の日』!

タバコを吸うことが、コロナウイルスの予防になる―― そんな説が出ていたことについて、以前にも記事を書いた。 tairanaritoshi-2.hatenablog.com それがどうやら本当だと確証されたらしいと、内閣参与の飯島勲 氏が記事を書いている。 フランスはパリのピテ…

白亜紀「地獄アリ」の口は上下に開いた-それは左右開きに劣るのか?

アメリカはニュージャージー工科大学は8月6日、 「9900万年前(白亜紀)の地獄アリ(ヘル・アント)が、獲物の昆虫に噛みついたまま閉じ込められた琥珀」 を発見した、と発表した。 その地獄アリというのは(何と)、口が左右に開くのではなく、上下に開くよ…

アクタージュ原作者強制わいせつで連載打ち切り-男性性欲と「才能」の危険な関係

今の少年ジャンプで看板作品みたいな存在にまで?躍進していた漫画『アクタージュ』が、8月11日発売号で連載打ち切りになることが発表された。 原作者マツキタツヤ氏(29歳)が、強制わいせつで逮捕されたからである。 なんでも6月18日の夜、中野区の路上で歩…

埼玉県と神戸市がTikTok利用ストップ-中国人民は「中国共産党は中国の邪魔」と考える?

私は自分が使っていないもので、大阪府・埼玉県・広島県・神戸市が、住民への情報発信や行政業務利用のため動画投稿アプリ「TikTok」(の製造元「北京字節跳動科技(バイトダンス)」と連携協定を結んでいることを知らなかった。 しかし8月4日、そのうち埼玉…

「動物犠牲」を野蛮・残酷と思うのはヘイトで文化侵略ではないか?

今年もイスラム圏では、動物を生け贄に捧げる「犠牲祭」が来た。 聖地メッカへの大巡礼(ハッジ)のフィナーレを飾る祭りである。 (⇒ AFPニュース:イスラム教の犠牲祭、いけにえにささげられる動物たち) それを報じるニュースの記事や写真を見て、「野蛮…

「ブラック企業」は黒人差別か-「黒」系言葉の点検集

あると思っていたら、やっぱりあった。 悪質・違法・問題ある企業を指す「ブラック企業」という言葉が黒人差別ではないか、黒人ヘイトに繋がるのではないか、という指摘の登場である。 www.asahi.com こういう話を聞いて一般的な日本人が反射的に思い浮かべ…

ハンコ主義・紙決裁・対面主義は「道徳」の問題である

コロナ禍でテレワークがようやく広まりを見せたのと平行し、 日本の「ハンコ主義」「紙決裁」などが、もう何度目か厳しい批判に晒されている。 toyokeizai.net 今どき「ハンコで」「紙で」「出頭・対面して」仕事を進めるなんてこと―― 「もちろん」誰でも、…

ろくでなし子「女性器裁判」敗訴-わいせつ関連罪廃止論

漫画家・芸術家の「ろくでなし子」氏(48歳)が、自分の女性器の3Dデータを作品支援者に頒布したとして逮捕された事件で―― 7月16日、最高裁はろくでなし子氏の上告を棄却して罰金40万円の有罪判決を確定させた。 なお、自分の女性器を芸術作品としてアダルト…

呪われた7月6日-自然災害の主役は「大雨」に、再び「治水」が政治の要に?

またも、7月6日である。 2018年(平成30年)の西日本豪雨災害からぴったり2年の今年7月6日、九州地方は大豪雨に襲われた。 このあまりのタイミングは、もう偶然とは言いがたい。 7月6日は呪われた日であり、この日の前後には今後も豪雨災害が起こる確率が非常…

「アニメキャラの声優にはキャラと同じ人種を当てよ」は、結局またアメリカを利するのではないか?

欧米で吹き荒れる人種差別撤廃ムーブメント―― 別名「欧米文化大革命」は、ついに、 「アニメキャラの声優には、青のアニメキャラの人種と同じ人種の声優を当てなきゃダメだ」 というところに行き着いている。 つまり、黒人(らしい)キャラには黒人の声優を…

泉佐野市「ふるさと納税決戦」に勝つ-「やり手自治体」の名声確立

6月30日、注目されていた「ふるさと納税訴訟」の判決が最高裁で出た。 結果は、高裁で敗訴していた泉佐野市の逆転勝訴。 高額返戻品を規制した「ふるさと納税新制度」から泉佐野市を除外していた総務省の決定は、取り消されることになった。 さて、この判決…

選挙買収額の相場は意外と安い?-河井夫妻がらみで市長・町長辞職

広島県が地盤である、河井克行・河井案里国会議員夫妻の選挙買収(公職選挙法違反)事件。 これについて、今まで夫妻からカネを受け取っていたことを否定していた広島県三原市長の天満祥典(よしのり)氏が―― 6月25日に会見を開き、一転して受け取っていたこ…

欧米文化大革命「黒衛兵」の時代-人の銅像はもう建てるな

いま欧米で、「文化大革命」が盛んである。 アメリカで黒人のジョージ・フロイド氏が白人警察官に「首を絞められて殺された」事件を発端に―― 「人種差別者・助長者」と見なされた(歴史上の)人物の銅像が撤去されたり破壊されたり、 美白効果を謳う化粧品が…

宮城県上空に謎の「未確認飛行物体」-UFO=スカイフック気球再び

6月17日、宮城県上空に現れた「謎の飛行物体」の正体が不明だということで、「ネット騒然」らしい。 ブームから何十年も経った今でも、人類はUFOが大好きである。 UFOを少しでも思わせる記事は、クリック数を集めるものである。 それはともかく今回のニュー…

ミヤネ屋・路上生中継中にパンチャー男性乱入-「変な人リスク」で路上リポート中継ができなくなる時代

6月15日、昼の情報番組「ミヤネ屋」で、新宿は歌舞伎町の路上からの生中継があったが―― その女性リポーターが、一般男性に殴られそうになる?事件が放送されてしまった。 女性リポーターの背後はスクランブル交差点だったが、 「赤信号なのに」それを渡って…

れいわ山本太郎、都知事選に立候補-実は大健闘するだろう説

6月15日、投開票日が7月5日の東京都知事選に、れいわ新選組の山本太郎(45歳)が立候補すると発表した。 今のところ立候補しそうなのは、 ①現職の小池百合子 ②立憲民主党・共産党・社民党の推す宇都宮健児(元日本弁護士連合会会長) ③N国党の立花孝志 ④立花…

アンジャ渡部のトリプル不倫-抗いがたき性欲、多目的トイレ「AVシチュエーション」への憧れ?

お笑い芸人から文化人へ、という流れは、もう珍しいものではない。 その一人と目されていたアンジャッシュの渡部建(47歳)が、日本トップ級美人と目される佐々木希(32歳)を妻に持ちながら―― 不倫を、それも3人と同時並行の不倫をしていたことがバレ、また…

「体当たり中年男」は女性と社会の「進化」を促す?

街中で、わざと女性に体当たりして歩く中年男性が増えている―― そんな話はここ数年確かにネット記事で見たことがあるが、実際にそんな光景を目撃したことは一度もない。 しかしこれは都市伝説や「レアケースを針小棒大に採り上げる」ではなく、実際に多数発…

焦点は「リツイートは罪か」そして共感表明道徳の危険性-伊藤詩織氏、はすみとしこ氏らを損害賠償提訴

6月8日、ジャーナリストの伊藤詩織氏が、自身を侮辱・誹謗中傷したとして―― 漫画家のはすみとしこ氏、及び彼女のツイートをリツイートした都内の医師2人を、東京地裁に提訴した。 求める損害賠償額は、はすみ氏550万円、医師1人110万円の計770万円である。 …

「訴状が届いていない」と双璧「担当者が不在でコメントできない」の謎

こういう記事こそ、ニーズに応える記事というのだろう。 ニュース記事で毎回毎回見る、あの「訴状が届いていないのでコメントできない」の謎について書かれた記事である。 (⇒ オトナンサー 2020年6月7日記事:被告の「訴状が届いていないのでコメントできな…

「マヤ文明」またまた大発見-BC1000年・最大最古の祭祀構造物と仁徳天皇陵の対比

いったいマヤ文明は、どうなっているのだろう。 ここ数年、大発見のニュースがほとんど矢継ぎ早である。 tairanaritoshi-2.hatenablog.com tairanaritoshi-2.hatenablog.com 6月4日、イギリスの科学誌『ネイチャー』に載った記事によると―― 米アリゾナ大など…