プロレスリング・ソーシャリティ【社会・ニュース・歴史編】

社会、ニュース、歴史、その他について日々思うことを書いていきます。【プロレス・格闘技編】はリンクからどうぞ。

マザコン「親子共依存」増加と「日本人は母子相姦がお好き」

現代日本に、マザコンが増えているそうである。 「親子共依存」と呼ばれる、親と子がいずれも相手に依存している状態が増えているそうである。 何よりも、そのことを本人らがあまり恥ずかしいとも隠そうともしなくなっているらしい。 ウソかマコトか、息子を…

「史上最大の蝗害」バッタ4000億匹、中国へ?-これは王朝滅亡の予兆となるか

東アフリカでサバクトビバッタが大量発生し、エチオピア・ケニア・ソマリアの畑・食糧に大打撃を与え―― いまや1200万人が食糧危機に瀕している、らしい。 (ソマリアは、今月になって国家非常事態宣言を発した。 ソマリアという国は、普段から非常事態にある…

槇原敬之また覚醒剤で逮捕-薬物前科者は捜査機関にカモられ続ける

2月13日、歌手の槇原敬之(まきはら のりゆき。50歳)が、「また」覚せい剤取締法違反容疑で逮捕された。 自宅マンションで覚せい剤およそ0.083gを所持していた容疑であるが―― 彼は20年前の1999年にも、同じ容疑で逮捕されている。 (その時は、同性の「パー…

「日本スゴイ」の集団オナニーを止めよ-カズ・ヒロ氏「日本の文化は嫌だからアメリカに住んでいる」

2月9日、米アカデミー賞の授賞式があった。 最高賞(作品賞)を獲得したのは韓国映画『パラサイト 半地下の家族』で、他3賞も獲って4冠王となった。 英語以外の言語の映画が作品賞を獲ったのは、史上初めての快挙らしい。 これとは別にアメリカ映画『スキャ…

「刀1本に5億円払う」は無駄遣いか?-上越市は取得断念し瀬戸内市は買う

上杉謙信の愛刀であり国宝である日本刀「山鳥毛」―― それを最初に購入しようとしたのは上杉謙信の地元・新潟県上越市であったが、その専門家による評価額は3億2000万円であった。 上越市はその額を2017年度予算に計上したのだが、所有者が5億円を提示したた…

新型肺炎で「武漢封鎖」-もしかして中国共産党政権は正しいのでは、との疑念

東アジアで突如として勃発した、新型コロナウイルスによる肺炎の感染…… その感染源はヘビだ、とも言われているが、中国湖北省の武漢市は1月23日、 ●市外へ出る航空便や鉄道、市内全域のバスや地下鉄などの公共交通機関の運行を停止 ●市民に「特別な事情がな…

国会で選択的夫婦別姓質問に「じゃあ結婚するな」ヤジ…反対派は稀少姓の絶滅をどう考えている?

1月22日の衆議院代表質問で、国民民主党の玉木雄一郎代表が選択的夫婦別姓についての質問をした際、 自民党の女性議員から「じゃあ結婚しないでいい」とのヤジが飛んだという。 野党は、その女性議員が「例の」杉田水脈氏ではないかとして、自民党に確認を求…

ノロノロ運転10年以上「10キロおじさん」-日本を揺るがす「変な人リスク」問題

神奈川県には、もう10年以上もわざとノロノロ運転して近隣住民ら後続車を困らせる「10キロおじさん」という人がいるらしい。 (⇒ テレビ朝日 2019年1月15日記事:「10キロおじさん」を直撃 ノロノロ運転に住民困惑) なんでも人が歩くくらいの速度で走り、じ…

日産、「顧問」と「相談役」を廃止へ――実は「憧れの職業」だったこれら

元会長のカルロス・ゴーンの逃亡劇でまたも評判を落とした日産自動車が―― 企業統治改革の一環として、「顧問」と「相談役」の役職の廃止を検討しているという。 (⇒ ブルームバーグ 2020年1月15日記事:日産:顧問や相談役を廃止へ、企業統治改革の一環で―関…

イランの「なんちゃって報復攻撃」とアメリカとの宿命の対決

2020年は、アメリカとイランのものすごいクライシスで幕を開けた。 すわ、ついに戦争かと思ったら、どうも尻すぼみで終わりそうな感じが漂ってきた。 まず1月3日、イランの革命防衛隊の精鋭とされるコッズ部隊のソレイマニ司令官が、イラクの首都バグダッド…

カルロス・ゴーン日本脱出-やっぱり日本は外圧でしか変われない/いよいよ裁判所が世間から糾弾される日?

12月30日、あの日産の元トップ、カルロス・ゴーン被告が国外に脱出した。 行き先はレバノンで、既に現地に到着し(レバノン国家に)厳重に警護されているという。 しかもその脱出方法というのが、レバノンのテレビ局によれば―― ●実行したのは「民兵組織」で…

イオン「マスク着用禁止」と日本人のマスク好き・マスク依存症について

12月中旬、小売り大手のイオンは、グループ会社も含め「接客時のマスク着用を、原則として禁止する」方針を伝えた。 特に傘下の靴小売チェーン「ジーフット」では、接客担当社員だけでなく、取引先と打ち合わせする事務職にも禁止が及んだと伝えられている。…

日本のジェンダーギャップ過去最低を更新(153ヵ国中121位)-日本女性に政治は不人気?

12月17日、世界経済フォーラム(WEF)が「グローバル・ジェンダー・ギャップ指数」2019年版を発表した。 これは男女間の格差の大きさを国別に比較したものだが―― 日本は153ヵ国中121位(2018年は110位)2017年の114位からさらに後退し、主要7カ国(いわゆるG…

東尋坊残虐致死事件-少年法を廃止したいなら地方分権を進めよ

自殺の名所として知られる東尋坊(福井県坂井市)で、際立って残虐・酸鼻な事件が起こった。 39歳のとび職の男と17~19歳の少年6人が、20歳の男性を海へ飛び降りさせて殺害したのである。 しかもその前に、この男性は27時間にわたり ●ハンマーで歯を折られる…

「子殺し」元農水省事務次官に懲役6年判決-現代の大岡裁きと「子を持つリスク」の顕在化

日本の誰もが知る超有名事件となった、元農林水産省事務次官(76歳)による長男(44歳)殺し―― 12月16日、東京地裁はその判決を下した。結果は懲役6年の実刑であった。 (⇒ FNN PRIME 2019年12月16日記事:長男殺害の元農水次官に懲役6年の実刑…裁判員「家族…

経産省・性同一性障害職員の「女子トイレ使用制限は違法」判決-決戦?「女性の心情」vs「日本は遅れている」

12月12日、体は男だが心は女という性同一性障害職員が「女子トイレの使用や人事異動を制限されるなどしたから処遇改善と損害賠償」を国に求めた裁判で―― 東京地裁は、国への敗訴判決(賠償金132万円の支払い)を下した。 www.huffingtonpost.jp この件につい…

安倍政権「反社の定義は困難」閣議決定-甦るFBIフーバー長官「アメリカにマフィアなるものは存在しない」

12月10日、安倍政権は歴史的な閣議決定を行った。 ヤクザや暴力団を意味するはずの「反社会的勢力」の定義として、「その時々の社会情勢に応じて変化し得るものであり、限定的・統一的な定義は困難」とする答弁書を作成することを決めたのだ。 これは、もし…

新幹線殺傷犯「謝罪の気持ち一切ない」-日本で死刑廃止は無理である

昨年6月に新幹線内で3人を殺傷した小島一朗被告(23歳)の裁判での言動が、ネットニュースに広く流れている。 事件当初はこの人、「むしゃくしゃしてやった。誰でもよかった」などと決まり切ったテンプレート動機を言っていたので、 てっきり凡百の衝動殺人犯…

2019流行語大賞は「ONE TEAM」…って知ってる? 新語・流行語大賞は「遅れた旧世代向けイベント」?

12月2日、毎年恒例の「ユーキャン新語・流行語大賞」(『現代用語の基礎知識』選)2019年度の表彰式が行われた。 栄えある年間大賞は「ONE TEAM」。 これは今年のラグビーワールドカップ日本大会で、日本代表のヘッドコーチであるジェイミー・ジョセフ氏が掲…

「小籔病人ポスター」に4070万円-吉本興業の特権企業化と「お笑い芸人=理想的な人間像」の時代

吉本興業のお笑い芸人である小籔千豊(こやぶ かずとよ)が、死にそうな末期患者を演じた厚生労働省「人生会議」啓発ポスターは―― そのデザインに猛批判を受け、全国自治体への配布は取りやめとなった。 これについて11月28日、参院厚生労働委員会で野党が批…

2019年の出生率は30年ぶりの大幅減-人口減少の主因は「人間関係」という北東アジア土俗病?

既に危機的に低下しているとされる日本の出生率が、2019年はさらに低下するという。 厚生労働省の人口動態統計速報によると、今年1~9月の出生数は67万3800人で、前年同期比5.6%減である。 日本生まれの日本人に限ると、これよりさらに3万人程度少なくなる。…

「バチェラー・ジャパン」やらせスクープ-リアリティ・ショーは「リアルなショー」のことである

アマゾンプライムビデオでトップクラスの人気を持つという「バチェラー・ジャパン」を、しかし私は見たことがない。 主題に興味がないからである。 それはそれとして、「台本なし」を謳うその番組に実は「やらせ」があったことを、例によって文春砲こと週刊…

「他人の握ったおにぎりは食べたくない」-日本の真の伝統「ケガレ意識」が急拡大中?

他人の握ったおにぎりなんて、食べられない・食べたくない―― そういう人が多いというのは皆さんご存じだと思うが、ついにその「問題」が大学の医学部の入試試験に採り上げられたという。 gendai.ismedia.jp リンク切れを考慮して問題文だけ抜粋してみると、…

日韓GSOMIA破棄、ギリギリで回避-日本人がもはや北朝鮮を脅威と思っていない件

11月22日の夕方、韓国大統領府は、例の日韓「GSOMIA(軍事情報包括保護協定)破棄」を当面取りやめることを決定し、日本政府に通告した。 tairanaritoshi-2.hatenablog.com GSOMIAは11月23日の午前0時(つまり23日になった瞬間)に協定期限の満了を迎えてい…

トヨタ「学歴ロンダリング」パワハラ自殺事件-所詮トヨタも日本企業、国際競争にはいずれ勝てない?

なかなか印象に残る記事タイトルであり、内容である。 2017年、トヨタ自動車の男性社員(当時27歳)が適応障害を起こして自殺したが―― その原因は上司からのパワハラであるとして、労働基準監督署が労災認定していたことがわかったという。 なんでもその上司…

セブンイレブンと日本郵便が「日本最大のブラック企業」扱いされる時代-では海外はどうなのか?

セブンイレブンと郵便局(日本郵便)。 この「日本を代表する企業」とも言える2社が、まさか「日本を代表するようなブラック企業」と世間に認識されるようになるなんて、20世紀末の時点で想像した人は少ないだろう。 ここ数年この2社は、(少なくとも労務面…

「ら抜き言葉」こそ「美しい日本語」であり使うべきである、その理由

「ら抜き言葉」は、間違った日本語の使い方とされている。 少なくとも正式ではなく、改まった場で使うべき言葉でないとされている。 しかし私は逆に、ら抜き言葉こそ世に言う「美しい日本語」であり、ら抜きでない表記はむしろ絶滅した方が良いと思っている…

「別に」の女・沢尻エリカ薬物違反で逮捕-態度の悪い人間への「偏見」が会社と自分を守る?

沢尻エリカ(33歳)と言えば、「別に」の女である。 その沢尻エリカが11月16日、合成麻薬MDMAを自宅に所持していたとして、警視庁に麻薬取締法違反容疑で逮捕された。 私は芸能界や女優に全く興味を持っていないが、それでもこの「別に事件」は覚えている。 …

また新たなナスカの地上絵発見-「ナスカの地上絵、お地蔵さん」説

快挙である。 11月15日、日本IBMと山形大学は、AIの活用でかの有名なペルーのナスカ台地を調査し、新たな地上絵を1点発見したと発表した。 また、AIを使わわない手段で、新たに142点の地上絵を発見したことも発表した。 www.itmedia.co.jp このうちAI活用し…

大阪茨木SM暴力消防署-輝ける封建土人国・日本の社会風土

自分で書いてまるで「にっかつロマンポルノ」のような記事タイトルだと思ったが、しかしそんなタイトルがふさわしいような事件である。 後輩の20代男性消防士に暴行を加えたとして、大阪府の茨木市消防本部の男性職員3名(47歳・34歳・33歳)を懲戒免職とし…