プロレスリング・ソーシャリティ【社会・ニュース・歴史編】

社会、ニュース、歴史、その他について日々思うことを書いていきます。【プロレス・格闘技編】はリンクからどうぞ。

山梨市長、職員不正採用で逮捕-チンピラ市長夫妻と「そんなにしてまで市職員にさせたい」

 8月7日、山梨市長の望月清賢容疑者(もちづき せいき。70歳)が、市職員採用試験で不正を行ったとして逮捕された。
 山梨市(山梨県)にとっては大事件で、たぶんこの話題で持ちきりなのだろう。
 現職の首長が逮捕されるというのは、極めて珍しいことである。
 逮捕容疑は、「昨年(2016年)の採用試験で特定の候補者を合格させるため、1次試験の得点を水増しするよう市職員(人事担当者)に指示した」というものだが、望月市長は逮捕されたその日に容疑を認めている。
 なお彼は、先代の市長の時には止めていた「2次試験への市長の立ち会い」を復活させていたらしい。
 この場合、1次試験は筆記試験で、2次試験が小論文及び面接である。
 こういうことがあると「2次試験に市長が立ち会うと自分で言い出すなんて、採用への影響力を増すために決まってる」と必ず思われるものだが、採用面接に社長が立ち会うのはさほど悪いこととも言えない。
 もちろんソフトバンクの2次試験(最終選考)に孫正義 氏がわざわざ出張ってくることはないのだろうが、むしろそうすべきだという意見もあり得る。
 人間を採用するというのは、それほど大事なこと――組織にとって、これ以上重要なことは他にないからである。 
 ただ今回の場合は、そもそも筆記試験である1次試験の点数を水増しするよう指示したというのだから、どうしようもない。
 つまりこの不正採用された本人(男性である)は、本当は1次試験で落ちていたのだ。
 本当は、他の誰かが彼の代わりに2次試験へ進んでいたのだ。
(昨年度の山梨市役所の受験応募者は57人、そして男性12人・女性5人が今年4月に採用された。)

 今ごろ山梨市役所では、この男性12人が非常に嫌な思いをしているだろう。
 いや、もちろんうち1人は不正合格した人間だが、当然ながら人事担当課はそれが誰かを知り抜いている。
 おそらく彼は、自主的に辞めることになるはずである。(採用取り消しとどっちが早いかはわからないが……)

 しかし弁護するわけではないが、たぶん十中八九、この本人自身は不正採用に関わってはいないのだろう。
 親が勝手に市長へ頼みに行ったのであって、本人はそんなことまるで知らないというのも大いにあり得る。
(親というのは、しばしばそんなことをするものだ。)
 
 さて、私はてっきりこの事件、「市長に採点改竄を命じられた市職員が、義憤に駆られて警察にタレ込んだ」ことから発覚したのかと思ったのだが――
 そうではなく、望月市長の元妻の望月治美(61歳)が知人男性から3億7,000万円(!)あまりを詐欺で騙し取ったことに関連し、警視庁が望月市長の自宅を家宅捜索したことにより今回の疑惑が浮上したらしい。
 望月夫妻は今年2月に離婚し、元妻の方は先月7月に詐欺罪で起訴され、とうぜん市長はそれへの関与を否定していた。
 そして望月市長は市議・県議・市長へと30年も地元政界で根を張り、市職員を「鬼のような形相で怒鳴ったりもする」タイプのようである。

 なんかこう、悪い意味で典型的な「地方政治家」――
 夫婦そろってヤクザまがいのチンピラボスであるかのようだ。
 それはこんなのに「彼の得点を変えろ」と言われれば、人事担当も恐れて従わざるを得ないだろう。
 全く、宮仕えとはツラくも虚しいものである。
 そしてこんなのが30年間も地元政界で生き残り・幅をきかせてきたのだから――
 こう言っちゃ何だが、山梨市民の民主主義の程度、人を見る目の程度も知れたものだ。
 いや何も山梨市民だけがそうなのではなく、日本全国似たようなものなのかもしれない。
 山梨市は人口3万5千人、職員数は320人ほど。
 この程度の規模の市町村なら、「こんなことはよくあること」――
 こんな事件は氷山の一角というか九牛の一毛というか、「全国どこでもやってんじゃないの?」とみんな思うのも仕方がない。

 それにしても……
 「若者が目指す職業の第1位は地方公務員」という話はよく聞くし、それに対して「嘆かわしい」とネットに書き込みがされるのもよく見るところである。
 しかし、不正やコネまで使って入ろうとするのが(親が入れようとするのが)、またこう言っちゃ何だが「たかが人口3万5千人の街の職員」だというのは――
 義憤を覚えるというよりも、あまりのショボさに哀しくなってはこないだろうか?
 
 
【蛇足】
 「望月市長の自宅捜索により、不正採用の容疑が固まった」というが――
 自宅を捜索して不正採用の容疑が固まるって、いったいどんなものが見つかったのだろうか。
 私の乏しい想像力では、「市長様のおかげをもちまして息子を採用いただきました。本当にありがとうございます」などという親からの手紙でも残していたのだろうか。
(確かにこういう手紙は、たとえチンピラでも簡単に捨てられない気がする……)
 あまり期待はできないが、今後の報道ではこういう細かいことも伝えてほしいものである。 

森友学園・籠池前理事長夫妻の逮捕と「忖度」に加担せずに済む法

 森友学園の前の理事長・籠池泰典(64歳)と妻・諄子(じゅんこ。60歳)が7月31日、大阪地検特捜部に逮捕された。
 あの“瑞穂の國記念小學院”の建築に際し、本当の工事費より高く偽った工事請負契約書を提出し、国からの補助金約5,600万円を国から不正受給した容疑(補助金適正化法違反)である。
 今年上半期の話題の中心であった(もう一つの中心は故・小林麻央)この件に、一つの決着――というかクライマックスが訪れた形だ。
 この件については本ブログでも何本も記事を書くことになったので、一つだけリンクを。

 ところで逮捕となれば次は裁判に繋がっていくのだが――
 この裁判、殺人事件のそれを除けば、傍聴券を求める人が列をなす人気裁判になりそうである。
 もちろん今は加計学園の方がホットな話題で、もはや森友学園の方は過去の事件と化していることは確かだが、それでも籠池夫妻の特異なキャラクターが人々に“期待”を抱かせるのである。
 籠池前理事長の国会証人喚問での発言は、それほど衝撃的とは言えないものだったかもしれない。
 しかし裁判となれば、(たぶん有罪になると本人らも思っているだろうから)今度こそ「爆弾発言」が出てくるのではないかという期待がある。
 しかしまあ、水に落ちた犬というのは叩かれるものである。
 同じく地検に告発されている近畿財務局の職員や経済産業省の谷査恵子さん(セットで安倍昭恵・首相夫人も告発されているが)らは、全く災難というものだ。
 この人たちが森友学園に便宜を図ってやろうなどという「謀議」を首謀したわけではなく、たまたまそのときそのポジションにいたからこんな目に遭った――言ってみれば隕石に当たったようなものであることは、普通に社会で仕事している人から見れば明らかである。

 我々がこういう目に遭わない最も根本的な解決策は、やっぱり雇用の流動性を高めることである。
 一つの職場にしがみつかないでいい、他の世界に通用するスキルを身につけることである。
 一つの職場に収入源を依存すれば必然的に奴隷状態に陥るのであり、クビになったり冷遇されたりするのを恐れるあまり“忖度”に加担・協力・追従してしまうのが当たり前の結末になる。
 確かに日本には容易には転職者を受け入れない、中途採用を歓迎しない(経営者も従前の労働者も)風土があるのだろうが、それでも「別にクビになってもいいもんね~」と虚勢を張るだけの、目に見えるスキルは身につけておきたいものだ。
 だって、(何度も書くのだが、)人のために便宜を図ってやっても、いざ自分がピンチになればその人は絶対助けてくれはしないのだから……

女子大生20歳、包丁と金づちで“元カレ”を殺害未遂-近松門左衛門と現代ノンフィクション、ニュースの無常

 7月23日午後1時頃、兵庫県西宮市の自宅で、女子大生が元交際相手の男性を包丁と金槌で殺しかける事件が起こった。
 逮捕されたのは、関西学院大学2回生の畷優奈(なわて ゆうな)20歳。
 なお「自宅」と言っても実家ではなく、一人暮らしの下宿アパートの意味だろう。(関西学院大学は西宮市にある)
 
 しかしこれ、不思議と言えば不思議である。
 元交際相手(いわゆる“元カレ”)と言いながら、その男が「自分のアパートの部屋に寝ているところ」を見計らって殺そうとしたのだから……
 これは偏見かもしれないが、女子大生が自分の部屋に一人だけ男を入れるというのは、十中八九セックスOK(の仲)ということである。
 しかもその男はグーグー寝てもいるのだから、恋愛関係のもつれによる怨念というものはほとんど感じていなかったのだろう。
 だが女は、包丁ばかりかまず金槌を使って頭を殴っている。
 包丁はどこの家にも(たとえ一人暮らしでも)必ず置いてあるが、金槌というのはそうでもない。
 女子一人暮らしであれば、持っていない人は大勢いると思われる。
 それを使ったということは、初めから殴るつもりで用意しておいた――
 そこが地獄の一室と化すことも知らず、ノコノコ入ってきて寝入りまでした男を、あらかじめ殺すつもりでいた可能性が濃厚だ。 
 
 さて、こんなニュースを聞いたとき、プロレスファンなら必ずや新日本プロレス棚橋弘至のことを思い出す。
 棚橋は新人時代、当時の交際相手に(金槌こそ使われなかったが)全く同じようなシチュエーションで背中を刺されて負傷している。
 しかしさすがプロレスラーと言うべきか、その刺されたまま自力で原付を駆って病院へ行ったそうだ。
(それにしても、こんなニュースがあるたびに思い出されてしまうのだから、本人にとってやはり痛恨の出来事である。)

 そして私は、ややおかしな感想ではあるが――
 この2017年の現代にも江戸時代の浄瑠璃のような情念を持つ女性が(しかも若い女子大生)まだいることについて、何だか安心感のようなものを抱いてしまう。
 実際、もし近松門左衛門あたりがこんな話を聞いたなら、フツフツと創作意欲が湧いてきたに違いないと思う。
 
 ところがそれも、江戸時代ならの話である。
 このニュース化社会の現代、こんな事件は掃いて捨てるほどあるのである。
 いや、恋愛感情のもつれで女が男を、男が女を殺す事件はどんな時代でも絶えることなくあるのだが――
 昔なら浄瑠璃や世話物・心中物の題材になって何年も評判になり、中には何百年後まで語り継がれる事件であっても、この現代にはほんの数日の「評判」を保つに過ぎない。
 犠牲者10人前後の殺人事件でさえすぐさま後続ニュースに押し流され、あっという間に忘れられる世の中である。
 
 おそらく現代の犯罪ノンフィクション作家は、一つの事件に集中して取材・追跡することが、心理的にも商売的にもかなり難しくなっているだろう。
 次から次へ事件が無数に報道され、まず自分自身が目移りしたり“飽きて”しまう。
 その上「この事件こそ追う価値あり」と決めたとしても、人の興味は常に最新ニュースにあるものだから、商売として出版にこぎ着けるのもなかなか厳しいものがある。
(昔に比べれば、きっとそういう側面がある。)
 
 今回の事件もそれこそ秒速で忘れられ――
 明日以降の日々のニュースも事件も報道も何もかも、全て一瞬で「価値のない過去」になってしまう。
 これがたぶん、現代的な無常観と言えるものである。